梅田のやしきたかじん展に行ってきました

やしきたかじん

『やしきたかじんメモリアル展』は大阪の堂島リバーフォーラムで2016年4月1日から5月3日まで開催されていました。

アプリ『ざっくり英語ニュース!StudyNow』内では英語でこのイベントがあったことを伝えています。

あいにく開催していることに気がついたときには終わりかけで、ニュースで事前にお知らせすることはできませんでしたが、5月1日、ゴールデンウィークの真っ只中に行ったのでレポートします。

写真家の梅田福夫とたかじん

この写真展は晩年、たかじんさんと多くの時間を過ごした写真家の梅田福夫さんの写真を中心に構成され、他にも私物やステージ衣装など100点以上が展示されていました。

エントランス

中ではビールも販売されていたので、ハートランドビールを飲みながら眺めていました。入場料は1200円です。

パンフレットをスキャンしました。pdfもあるので細かく読みたい人は後ほどご覧ください。

パンフレット

4月26日には辛坊治郎さんによるトークショーも開催されていたようです。

辛坊治郎のイベント

エントランスには大きなパネルがありこの展覧会のタイトルでもあり、たかじんさんの代名詞でもあった『かかってこんかい』が大きく描かれています。

入り口のパネル

中はいくつかの区画にわかれており、歌や酒、プライベートなどテーマごとに分けられています。

近距離からの撮影がOKなものと、NGなものがあったのでロングショットになっているのはご了承ください。雰囲気だけでも感じとっていただければ幸いです。

展示物

音楽関連

酒関連

途中にはフォトブースもあり記念撮影することができます。

フォトブースの写真

フォトブースの横

活き活きした写真は思いのほかよくて見入ってしまいます。

私物のマッサージチェアやステージ衣装、普通のパンツや靴下なども展示されています。

衣装とマッサージチェア

たかじんさんが好きだったワイン、OPUS ONE(オーパス・ワン)の空き瓶もつまれています。年代にもよりますが3万円以上する高級ワインですね。

オーパスワン

学生時代には新聞記者になりたかったようで昔の作文が展示されていました。他にも、ハイヒールももこの結婚式の写真など、懐かしいものもいくつかありました。

たかじんさんといえば、数々の豪快なエピソードでも知られていましたが、そんなエピソードも紹介されていました。

タクシーの運ちゃんの身の上話を聞いて不憫に思って100万円を渡した話や、一晩で800万円飲んだ話などです。

100万円のエピソード

800万円を一晩

それから当時の大阪市長だった平松さんと、府知事だった橋下さんを呼び出して、飲ませて仲良くするように話し合った夜のエピソードもありました。

橋下府知事と平松市長

この展示会は「たかじんメモリアル基金」の設立記念でもあるそうです。

たかじんさんが2億円をOSAKAあかるクラブの運営に遺贈し、そのお金で大阪をよくするためにがんばった人を表彰する目的のために使われます。

こちらのパンフレットも配布されていました。

たかじんさんが亡くなってから様々なゴタゴタがあって、おそらくそれは本人が一番望んでいなかったようにも感じます。

たかじんメモリアル基金

配布されたパンフレットをスキャンしているので、拡大して見たい方はPDFにアクセスしてください。ブラウザで開きなおすと文字が読めるぐらいに拡大できます。

パンフレット3枚(PDF)

おそらくまたどこかで、このような展示会も開かれると思うので、その際にはまたレポートしてみたいと思います。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. icon

    Culture / 文化と体験

    アイコン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカの雑誌「Time」が選ぶ最も影響力がある100人の「アイコン(…

  2. アーティスト

    Culture / 文化と体験

    アーティスト編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュース雑誌TIMEが毎年選ぶ「最も影響力がある100人」を…

  3. タイタン(巨人)

    Culture / 文化と体験

    タイタン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカの雑誌Timeが選ぶ「最も影響力のある100人(The 100…

  4. やまもといちろう

    Japan / 日本の文化

    やまもといちろう-戦いの軌跡-のレポート

    2016年6月に追手門学院大学主催のやまもといちろう氏を招いた無料セミ…

  5. プリンス

    Culture / 文化と体験

    天才、プリンス死去のニュース

    プリンスが亡くなった記事をアプリ内で長文のニュースとして配信しました。…

  6. 最も影響力がある指導者2015

    Culture / 文化と体験

    リーダー編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    毎年、アメリカのニュース雑誌TIMEが『最も影響力がある100人』とし…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 本当は好きじゃなかった
  2. select
  3. ファックについて
  4. 保証する
  5. accident / incident




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. structure / restructureの意味と使い方
  2. again / once again / once more / one more timeの意味と使い方の違い
  3. squeeze(スクイーズ・しぼる)の意味と使い方
  4. spare(スペア)の意味と使い方
  5. subscription(サブスクリプション)とsubscribe(サブスクライブ)の意味を英語で考える
  6. annoyとbotherの意味と使い方の違い
  7. ride(ライド・乗る)の意味と使い方
PAGE TOP