カナダを代表する料理「プティン(Poutine)」とは?

Poutine

BUZZFEEDが世界の「ポテトフライ」の食べ方を紹介する動画を作成しています。

この中で序盤にカナダの「プティン(Poutine)」が登場しています。

プティンは「これぞカナダ料理」と胸を張って言えるものが少ないカナダの貴重な「カナダ料理」です。

今回の「あの動画の映像だけでは短すぎて、まだまだプティンのことが分からない!」という方にもより詳しくプティンのことを知っていただくべく、私が住んでいるカナダ・トロントのプティン屋さんへ実際に行ってまいりました!

プティンとは??

プティン(Poutine)」とは?

プティンは、チーズカード(cheese curd)とグレービーソース(gravy sauce)がかかったフライドポテトのことで、フライにチーズにグレービーと、けっこう重めの食べ物ですが、それがまたくせになる一皿です。

国の歴史も浅いカナダ、プティンの歴史も浅く、40年くらい前にケベック州で、あるおじさんがフライドポテトとチーズを持ち帰り用の袋の中でうっかり混ぜてしまったのが発祥だとか。

発祥には諸説あるそうですが、現在ではケベックだけでなく、カナダ全土でも「カナダ料理」として市民権を得てきました。

Smoke’s Poutinerie!

今回、行ってきたのは、Smoke’s Poutinerie!

Smoke's Poutinerieの外観

トロントには17店の店舗を構えているチェーン店で、キャッチコピーの”How do you like your poutine?”(あなたのプティンをどのように召し上がりますか?)は今回の動画の”How do you like your fries?”と似ていますね。

どのようにと聞くぐらいですから、スタンダードなプティンの他にも色々な味が用意されています。

店内の様子

私は、pulled porkとchili cheese baconをオーダーしました。

プルドポークとチーズベーコンのプティン

左がpulled porkで右がchili cheese baconです。

チーズカード、グレービーのほかに、pulled porkには細く割かれた豚肉が、chili cheese baconにはチリとベーコンがそれぞれポテトの上に乗っています。

ベジタリアン向けのベジメニューも用意されていて、あまりに豊富なメニューを前に、どれを頼んだらいいか迷っている私に「これも試したらいいよ!」とフレンドリーな店員のお兄さんは自分用に作ったpulled porkを譲ってくれたのでした…さすがカナダ!

プルドポークの拡大

さっそくいただきます!

ポテトの熱で溶けたチーズカードがとろりと溶け、どこまでも伸びてきます。くるくるっとまとめて、口へ放り込みます。

グレービーはけっこう味が濃いので、最初は少ししょっぱいかなと感じましたが、それがチーズと混ざることでマイルドになり、グレービーがよく染みた細い豚肉と合わさって、気がつけば私の右手は皿(?)と口の間をかなりのハイペースで何往復も…。

そして、ベーコンとチリが乗ったプティンもいただきました。

こちらはチリとチーズソースが味つけのメインなので、また違うお味。もう一つのプティンを食べた後にはなんだか味が薄く感じ、「これはチリとポテトと別に食べてもいいかな?」と感じたのでした。

友人と2人でしたが、結局お店では食べきれずに持ち帰り、その後、家でミッドナイトスナック(夜食)として完食しました。ごちそうさまです。

なんというか、最近できた食べものであり、ちょっとジャンクな感じが、日本で言うB級グルメ的ポジションなのかもしれません。

謎のおじさんの顔

謎のおじさん

ところで私がなぜこのプティン屋さんを選んだかというと、理由はこのおじさんの顔にあります。

なぜかトロントにはこのおじさんの顔だけステッカー(お店の名前もURLの記載も何もない)が至る所に貼ってあり、このステッカーがSmoke’s Poutinerieのものと知る前は、誰の顔なのか、どうしてこんなにもたくさんあるのか、不思議でなりませんでした。

お店の前を通りかかり、看板におじさんの顔を見つけた時のすっきり感は忘れられません。

おじさんステッカー

暗いですが、私の友達のアパートの階段に実際に貼ってあるおじさんの顔ステッカーです。

リサーチしてみると、あるサイトでSmoke’sのCEOが採った宣伝戦略が紹介されていました。

街中の看板やテレビCMにはお金を使わず、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアとこのステッカー貼りを宣伝の柱とし、格段に少ないコストで人気のプティン屋になったそうです。

宣伝用に配布

なんとレジ横にはあの顔ステッカーが!Smoke’sのリピーター客たちがこれを持ち帰り、好き好きに色んなところに貼ることで、さらなる宣伝効果をもたらしているそうです。

長くなりましたが、今回のプティン食レポは以上です。おじさんの顔ステッカーの謎も解け、私にとってもとてもいい機会になりました!日本のみなさんも食べる機会があれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ハンバーグ

    USA / アメリカの文化

    英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

    ハンバーグとハンバーガーは明確に違いますが、日本語と英語、国単位で考え…

  2. i’m lovin’ it

    USA / アメリカの文化

    マクドナルドの「i’m lovin’ it」の文法は正しいか?

    2003年頃に世界中のマクドナルドで「i'm lovin' it」がス…

  3. edible / inedible

    英単語の意味と使い方

    edible / eatable / palatableの違いと使い方

    edibleは食べられること、反対の意味のinedibleは食べられな…

  4. ハニー

    英単語の意味と使い方

    honey(ハニー)の意味を考える

    honey(ハニー)はカタカナでもよく知られる「蜂蜜」の意味ですが、そ…

  5. Tenderの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    tenderの意味と使い方、softとの違い

    3つの異なる語源が1つの同じ言葉「tender(テンダー)」になってし…

  6. rotten(腐った)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    rotten(腐った)の意味と使い方

    rottenは「腐った」の意味で食べ物などによく使われますが、日本語と…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. all-you-can-eat
  2. カタカナ都市名
  3. センテンススプリング
  4. タクシー
  5. hatena




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 英語としての「airdrop(エアドロップ)」の意味と使い方
  2. sterile(無菌・不妊)とsterilizeの意味と使い方
  3. emeritus(上皇)とemerita(上皇后)の意味と使い方
  4. wrap(ラップ)の意味と使い方
  5. fiddle(フィドル)の意味と使い方
  6. notice / notify / notificationの意味と使い方
PAGE TOP