introduce(紹介する・導入する)の意味と使い方

introduce

introduceは「紹介する」の意味でよく知られていますが、ニュースでは新しい仕組みやルール、法律などを「導入する」としてよく登場します。

日本語の感覚では「紹介する」と「導入する」はぜんぜん違いますが、ネイティブスピーカーに確認すると、どちらも同じ意味だという意見になります。

このあたりの感覚の違いを整理しながら例文にまとめてみました。発音は【intrədjúːs】なのでカタカナでは「イントロデュース」でしょうか。下の音声ファイルを参考にしてください。

introduce【intrədjúːs】

紹介する

カタカナでは「紹介する」の意味が有名ですが、ネイティブスピーカーにいわせると「何か新しいものなどを見せること、どこからか何かをとりあえず持ってきた」みたいな感じだそうです。

持ってきた何かがその後も長期間続くのか、短期間で終わるのか、あるいは、そこから良いことが起こるか、悪いことが起こるか、そこは焦点ではなく「とりあえず新しいものを見せた」という感覚です。

introduceの後ろに人物・人が来ますが、どちらが紹介されて、誰に紹介するのか少し混同しやすいので例文を参考にしてください。

例文

I introduced her to my parents.

私は彼女を両親に紹介した。

例文

My friend introduced me to jazz.

友達がジャズを紹介してくれた。

例文

I introduced my husband to my boss.

私はボスに夫を紹介した。

「紹介する」という行為も、(男女の関係なども含め)紹介してそこから発展するか何もないかわからないけど、とりあえず連れて行くよみたいなニュアンスだと納得しやすいかもしれません。

実際のニュースで日本語の「紹介する」の意味で使われた事例を探してきました。

人気バンドのSEKAI NO OWARIが英語の教科書に登場したニュースからです。

例文

It has been introduced along with “drones” and the Nippon-Ham Fighters’ two-way player Shohei Otani.

教科書には「ドローン」や日本ハムファイターズの「二刀流」で知られる大谷翔平と共に紹介されている。

またX JAPANのYOSHIKIがニューヨークのカーネギーホールで公演したことを報じたニュースでも見られます。

例文

He introduced each song by connecting it to his personal history, including video tributes to Hide and Taiji, members of X Japan who have died.

彼はそれぞれの曲を彼自身の歴史とつなげて紹介した。そこには映像として亡くなったX JAPANのメンバー、HideやTaijiへの賛辞が含まれていた。

introduce oneself(自己紹介をする)

英会話などでまず最初に聞かれる表現ですが、introduce oneselfの形で「自己紹介をする」になります。

例文

Allow me to introduce myself.

自己紹介させてください。

例文

Can you introduce yourself to the class?

クラスに向かって自己紹介してくれますか?

例文

In Asia, one should bow when introducing oneself.

アジアでは、自己紹介をするときにはお辞儀をすべきです。

例文

He introduced himself as the “king of rock.”

彼は「ロックの王様」として自己紹介をした。

例文

Please allow me to introduce myself, I’m Steve.

自己紹介させてください、私はスティーブです。

導入する・持ち込む

ニュースではどちらかといえば、新しい法律、ルール、仕組み、制度などを「導入する」の意味で使われます。開始する、スタートする、の意味とも近いです。

例文

We introduced a new dress code.

私たちは新しいドレスコードを取り入れた。

例文

A new species was introduced into the habitat.

新しい種がその生育地に持ち込まれた。

受動態、受け身の形にもなります。以下はどちらもOKです。

例文

The government introduced new laws about kindergartens.

政府は幼稚園に関連する新しい法律を導入した。

例文

The new laws about kindergartens were introduced last year.

昨年、幼稚園に関連する新しい法律が導入された。

実際にアプリ内で配信されたニュースからintroduceの実例をご紹介します。

例文

The Japanese Foreign Ministry has announced that it will introduce passports with a hard plastic page containing identity information from fiscal 2023.

日本の外務省は個人識別情報を含んだ硬質プラスチックのページを持つパスポートの2023年度からの導入を発表した。

例文

Green cards will be introduced in Italy’s Serie B soccer league this season in an effort to increase sportsmanship.

イタリア・セリエBで今シーズンからグリーンカードが、スポーツマンシップを向上させる目的のために導入されるだろう。

例文

On June 25th, the Imperial Household Agency introduced a new same-day registration system for tours of the Imperial Palace.

6月25日、宮内庁は皇居参観の即日申し込みの新しい登録システムを導入した。

例文

VCRs revolutionized the entertainment industry when they were first introduced to the market.

市場にはじめてビデオデッキが導入されたとき、娯楽産業に革命を起こした。

introduction(名詞)の意味と使い方

名詞の「introduction(イントロダクション)」にも、動詞でいえることがそのままあてはまり「導入」「紹介」それぞれの意味で使われます。ネイティブにいわせると、これも考え方としては同じになるみたいですが…。

例文

Major convenience store chain Lawson has announced the introduction of a new pricing system that will vary in each region.

コンビニ大手のローソンは地域ごとに価格を変更する新しい料金体系の導入を発表した。

以下は小泉進次郎氏が提案したこども保険が提案されてから議論が起こっているニュースです。

例文

However, the debate has been ongoing since the proposal’s introduction.

しかし提案されて以降、議論が続いている。

例文

Cookpad starts Japanese food introduction site

クックパッドが和食の紹介サイトをオープン(ニュースの見出しより)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 人身売買

    英単語の意味と使い方

    traffic(トラフィック) / traffickingの意味と使い方

    トラフィックといえば「交通や交通量」を意味する言葉で、ラジオの交通渋滞…

  2. bastard

    英単語の意味と使い方

    bastard(バスタード)の意味と使い方

    bastard(バスタード)の本来の意味は結婚していない関係で生まれた…

  3. run-ran

    英単語の意味と使い方

    runの経営する・運営するの意味での使い方(例文付き)

    run(ラン)はもちろん「走る」の意味ですが、他にも「経営する、運営す…

  4. release(リリース)の意味と使い方、launch / roll outとの違い

    英単語の意味と使い方

    release(リリース)の意味と使い方、launch / roll outとの違い

    release(リリース)は新曲の発売時などにカタカナでもよく使われま…

  5. through

    英単語の意味と使い方

    through(スルー)の使い方、throughoutとの違い

    カタカナでもなじみのある「through(スルー)」は品詞としては動詞…

  6. after(アフター)の意味・用法と使い方

    英単語の意味と使い方

    after(アフター)の意味・用法と使い方

    afterは「~の後で、~の後ろに、~の後に」といった基本単語でその考…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 外国人
  2. mimic
  3. ミッションインポッシブル
  4. 仕事
  5. 日本人と無神論




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. otherwiseの意味と使い方
  2. faith / faithfulの意味と使い方
  3. singular(単数形)とplural(複数形)の使い方
  4. blackout(ブラックアウト・停電)の意味と使い方
  5. union(ユニオン)とunity(ユニティー)の意味の違い
  6. exclusive / exclude / exclusivelyの意味と使い方
  7. lesson(レッスン・教訓)の意味と使い方、lectureとの違い
  8. recipientの意味と使い方、receiverとの違い




PAGE TOP