intimateの意味と使い方

intimateの意味
 

公開日: 最終更新日:2019.12.7

intimateは「親しい、親密な、仲がいい」といった意味のほかに、知識などが「詳しい」といった意味で使われる言葉です。しかし、頻度が高いのが肉体関係、性的な関係があることへの婉曲表現としてです。

したがって人間に対して「彼女は仲がいい友達なんだ」というケースで、intimateを使うと場合によっては性的な関係にある相手だと受け止められる可能性が高くなります。

使い方の注意点などをネイティブスピーカーに聞いて例文にまとめてみました。

intimateの意味

intimateは「親しい、親密な」が基本的な意味です。仲が良いことなのでcloseとも意味が近いです。発音は【ínṭəmət】なのでインティメットぐらいでしょうか。

例文

She and I are intimate friends.

= She and I are close friends.

彼女と私は仲の良い友達だ。

例文

He is intimate friends with several politicians.

彼は何人かの政治家と仲が良い友達だ。

以下の例文は後で解説していますが多少、誤解を招く表現です。

例文

She is the only co-worker I can be intimate with.

彼女は私が親しくできる唯一の同僚だ。

肉体関係・性的関係の意味で使う

婉曲のintimate

しかしこの「親密な」の意味で使われることのほうがまれで、intimateは「性的な関係がある」の婉曲として使われます。肉体関係にあるぐらい親密だという言い回しです。

例文

She is the only co-worker I can be intimate with.

彼女は私が肉体関係がもてる唯一の同僚だ。

例文

He is intimate with several politicians.

彼は何人かの政治家と性的な関係がある。

文脈をはっきりさせる

まず人間以外のものに「詳しい」の意味で使う分には、性的な関係はありえないので問題なく使えます。

例文

He has intimate knowledge of her work.

彼は彼女の仕事の詳しい知識を持っている。

例文

They had an intimate conversation about their future.

彼らは将来についての親密な会話をした。

「親しい」だけでは訳しきれないですが、親密な詳しいプライベートな会話をしたといった意味になります。

人間に対して直接つかうと性的な関係を意味しますが、使い方の違いがあります。

intimate 〇〇と名詞の前に置く形(限定用法)ならば「親しい、詳しい、親密な」の意味で受け取められます。

先に書いた例文でもfriends(友達)にかかっているので「仲が良い、親密である」という本来の意味で受け止められます。

例文

She and I are intimate friends.

= She and I are close friends.

(仲の良いの意味になる)

しかし be intimateの形(叙述用法)で人間に対して使うと「肉体関係」の婉曲として受け止められる可能性が高いです。

例文

She and I are intimate.

She and I are close.

(イコールの意味にならない)

くつろげる

また小さくて、満足できる、くつろげるようなものを指して使うことができます。英辞郎には「隠れ家的な」みたいな訳がありお店に対してはそんな感じのイメージです。

例文

I know an intimate restaurant downtown.

繁華街にこじんまりしたいいレストランを知ってるよ。

例文

It was amazing to see X-Japan do an intimate show. They were so close I could touch them!

Xジャパンがこじんまりしたショーをするのは驚きだった。彼らはとても近くて触ることができた!

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. made-from

    英単語の意味と使い方

    made of / made fromの違い

    素材や原料に対して「~からつくられている」を表現する時にmade of…

  2. clearance(クリアランス)の意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    clearance(クリアランス)の意味と使い方

    カタカナでclearance(クリアランス)といえば、お店などの「在庫…

  3. designate

    英単語の意味と使い方

    designate(指名する、指定する)の使い方

    designateは「指名する、指定する」なので、誰かや何かをある地位…

  4. raw

    英単語の意味と使い方

    rawの意味と使い方

    rawは「生の」という意味で刺身や生肉を指して使われる以外にも、未加工…

  5. shadowの動詞・名詞での意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    shadowの動詞・名詞での意味と使い方

    shadow(シャドウ)は「影」の意味ですが「人生に暗い影を落とす」「…

  6. chill

    英単語の意味と使い方

    chill / chill out / chillyの意味と使い方

    chillはカタカナの「チルド食品」などがあるように温度が「冷たい、冷…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. cultural appropriation
  2. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  3. 英語での「髭(ひげ)」の種類と言い方
  4. 「客・顧客・お客様」を英語でどう言うか?(例文付き)
  5. 日本人と無神論




最近の記事

  1. mob(モブ)の意味と使い方
  2. striking / strikinglyの意味と使い方
  3. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  4. take offense / no offenseの意味と使い方
  5. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  6. second only to / second to noneの意味と使い方
  7. index(インデックス)の意味と使い方
  8. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
PAGE TOP