have been toとhave gone toに違いはあるの?

have gone to
 

公開日: 最終更新日:2017.10.20

カナダ人のスティーブと話し合いになったのは以下の2つの文章が同じだという論争です。

①I have been to France.

②I have gone to France.

スティーブは①と②は同じ意味だから一緒だといいます。現在完了で使う分にはまったく同じです。

学校で習ったのは①は「フランスに行ったことがある(経験)」で、②は「フランスに行ってしまった/もうここにいない(完了)」といった解釈です。

日本の学校で教えてることが間違っているってこと? といった感じで、また時間をかけて話し合っていました。

結論からいえば、ネットで調べてみても最近は北米の英語で「have gone to」 を「経験」の意味で使うことが多いようです。

学校で習ったことと違う…

学校で習ったことと違ったのが不思議で、詳しく質問して確認しました。

基本的には文脈がすべてであって、以下の文章の意味は上下で同じです。

I have been to France.

I have gone to France.

I’ve never been to McDonald’s before.

I’ve never gone to McDonald’s before.

特に主語が「I(私)」だと目の前に自分がいるわけだから「行ってしまった / ここにいない(完了)」の解釈は基本的には成立しません。

主語を変えてみる

では主語をheに変えてみます。ここからスティーブ(ネイティブスピーカー)が読み取れることは以下の通りです。

He has gone to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいる」または「今はフランスにいない」のどちらか。

今フランスにいると考える→ 当然、ここにはいない → 行ってしまった、と考えて学校で習った「完了」の解釈も成立します。学校で習ったことが間違っているわけでもありません。

しかし、今フランスにいない → ここにいる → 行ったことがある、と「経験」で考えることも可能です。

他の表現との比較

結局はその文章からどのような情報をネイティブスピーカーが受け取っているのか?といった話にもなるので表現の比較を書いておきます。

He went to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいる」または「今はフランスにいない」のどちらか。

上の文章からは「彼はフランスに行った」としか読み取れないので、今の彼がどこにいるかはわかりません。

He has been to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいない」

上の例文では「今はフランスにいない」とわかるので、ここから「行ったことがある(経験)」といった解釈ができます。

実際にこの「have gone to」で「行ったことがある(経験)」の使い方は北米の英語では普通にあり、ネットでも日本語で解説を書かれている方がいました。

完了の意味を表すhave goneを使ってI have gone to the cafeteria.ということはできるのでしょうか。(美誠社)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. demand

    Grammar / 英文法

    demandの使い方と仮定法現在

    demand(デマンド)は大きく2種類の使い方をされているのを見かけま…

  2. upon(アポン)

    英単語の意味と使い方

    uponの意味と使い方

    「upon」はonと同じ意味で、会話表現ではあまり聞かれませんがニュー…

  3. old peopleとolder peopleの意味の違い

    英単語の意味と使い方

    old peopleとolder peopleの意味の違い

    ニュース英語やフォーマルな会話では「older man」「older …

  4. putとplace

    Area / 場所・地域・国・方角

    placeの意味と使い方、putとの違い

    動詞で使った場合にはどちらも「置く」で一緒ですが、placeのほうが注…

  5. die of / die fromの違い

    英単語の意味と使い方

    die of / die from / die inの違い

    何が原因で死んでしまったのかの理由を言う場合にはdie ofやdie …

  6. forceとmake

    英単語の意味と使い方

    「〜させる・強制する」のmakeとforceの違い

    make「(人に)〜させる」とforce to「(人に)〜を強制する、…

アプリもよろしくお願いします。

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 「stay at home」と「stay home」の違い
  2. 「CAN YOU CELEBRATE?」の英語の問題点を考える
  3. all-you-can-eat
  4. capital-letter
  5. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い




最近の記事

  1. striking / strikinglyの意味と使い方
  2. single(シングル・独身・ひとつ)の意味と使い方
  3. take offense / no offenseの意味と使い方
  4. review(レビュー・批評・復習)の意味と使い方
  5. second only to / second to noneの意味と使い方
  6. index(インデックス)の意味と使い方
  7. bake(ベイク)/ bakery(ベーカリー)の意味と使い方
  8. at the last minute(ギリギリで、土壇場で、直前で)の意味と使い方
PAGE TOP