have been toとhave gone toに違いはあるの?

have gone to

カナダ人のスティーブと話し合いになったのは以下の2つの文章が同じだという論争です。

①I have been to France.

②I have gone to France.

スティーブは①と②は同じ意味だから一緒だといいます。現在完了で使う分にはまったく同じです。

学校で習ったのは①は「フランスに行ったことがある(経験)」で、②は「フランスに行ってしまった/もうここにいない(完了)」といった解釈です。

日本の学校で教えてることが間違っているってこと? といった感じで、また時間をかけて話し合っていました。

結論からいえば、ネットで調べてみても最近は北米の英語で「have gone to」 を「経験」の意味で使うことが多いようです。

学校で習ったことと違う…

学校で習ったことと違ったのが不思議で、詳しく質問して確認しました。

基本的には文脈がすべてであって、以下の文章の意味は上下で同じです。

I have been to France.

I have gone to France.

I’ve never been to McDonald’s before.

I’ve never gone to McDonald’s before.

特に主語が「I(私)」だと目の前に自分がいるわけだから「行ってしまった / ここにいない(完了)」の解釈は基本的には成立しません。

主語を変えてみる

では主語をheに変えてみます。ここからスティーブ(ネイティブスピーカー)が読み取れることは以下の通りです。

He has gone to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいる」または「今はフランスにいない」のどちらか。

今フランスにいると考える→ 当然、ここにはいない → 行ってしまった、と考えて学校で習った「完了」の解釈も成立します。学校で習ったことが間違っているわけでもありません。

しかし、今フランスにいない → ここにいる → 行ったことがある、と「経験」で考えることも可能です。

他の表現との比較

結局はその文章からどのような情報をネイティブスピーカーが受け取っているのか?といった話にもなるので表現の比較を書いておきます。

He went to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいる」または「今はフランスにいない」のどちらか。

上の文章からは「彼はフランスに行った」としか読み取れないので、今の彼がどこにいるかはわかりません。

He has been to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいない」

上の例文では「今はフランスにいない」とわかるので、ここから「行ったことがある(経験)」といった解釈ができます。

実際にこの「have gone to」で「行ったことがある(経験)」の使い方は北米の英語では普通にあり、ネットでも日本語で解説を書かれている方がいました。

完了の意味を表すhave goneを使ってI have gone to the cafeteria.ということはできるのでしょうか。(美誠社)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. presented-by

    英単語の意味と使い方

    Presented by, Powered byの意味と使い方

    よく番組提供などで見かける「Presented by(プレゼンティッド…

  2. mansplaining(マンスプレイニング)

    スラング

    mansplaining(マンスプレイニング)の意味と使い方

    mansplaining(マンスプレイニング)は近年になって登場した新…

  3. credit

    カタカナビジネス英語

    credit with / toの使い方、クレジットの意味を考える

    credit(クレジット)と聞いて日本人の頭に真っ先に思い浮かぶのはク…

  4. given

    英文法とライティング

    文頭のGiven / Given thatの使い方

    文頭にGivenが登場すると「~を考慮に入れると、~を考えると」の意味…

  5. pollution

    英単語の意味と使い方

    contaminationとpollutionの違い

    contaminationとpollutionはどちらもニュースでは「…

  6. managed-to

    カタカナビジネス英語

    manage toの意味と使い方

    manage toの形は「なんとか~する、どうにか~する」という意味で…

おすすめ記事

  1. bread
  2. select
  3. 飲み放題
  4. 眼鏡
  5. 〇〇風




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. precedent(前例)とunprecedented(前例のない)の意味と使い方
  2. league(リーグ)の意味と使い方
  3. circle(サークル)の意味と使い方
  4. material(マテリアル)の意味と使い方
  5. house(ハウス)の意味と使い方
  6. fine(ファイン)の意味と使い方
  7. お世辞のflatterとflatteryの意味と使い方




PAGE TOP