have been toとhave gone toに違いはあるの?

have gone to

カナダ人のスティーブと話し合いになったのは以下の2つの文章が同じだという論争です。

①I have been to France.

②I have gone to France.

スティーブは①と②は同じ意味だから一緒だといいます。現在完了で使う分にはまったく同じです。

学校で習ったのは①は「フランスに行ったことがある(経験)」で、②は「フランスに行ってしまった/もうここにいない(完了)」といった解釈です。

日本の学校で教えてることが間違っているってこと? といった感じで、また時間をかけて話し合っていました。

結論からいえば、ネットで調べてみても最近は北米の英語で「have gone to」 を「経験」の意味で使うことが多いようです。

学校で習ったことと違う…

学校で習ったことと違ったのが不思議で、詳しく質問して確認しました。

基本的には文脈がすべてであって、以下の文章の意味は上下で同じです。

I have been to France.

I have gone to France.

I’ve never been to McDonald’s before.

I’ve never gone to McDonald’s before.

特に主語が「I(私)」だと目の前に自分がいるわけだから「行ってしまった / ここにいない(完了)」の解釈は基本的には成立しません。

主語を変えてみる

では主語をheに変えてみます。ここからスティーブ(ネイティブスピーカー)が読み取れることは以下の通りです。

He has gone to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいる」または「今はフランスにいない」のどちらか。

今フランスにいると考える→ 当然、ここにはいない → 行ってしまった、と考えて学校で習った「完了」の解釈も成立します。学校で習ったことが間違っているわけでもありません。

しかし、今フランスにいない → ここにいる → 行ったことがある、と「経験」で考えることも可能です。

他の表現との比較

結局はその文章からどのような情報をネイティブスピーカーが受け取っているのか?といった話にもなるので表現の比較を書いておきます。

He went to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいる」または「今はフランスにいない」のどちらか。

上の文章からは「彼はフランスに行った」としか読み取れないので、今の彼がどこにいるかはわかりません。

He has been to France.
彼はフランスに行った。

「今はフランスにいない」

上の例文では「今はフランスにいない」とわかるので、ここから「行ったことがある(経験)」といった解釈ができます。

実際にこの「have gone to」で「行ったことがある(経験)」の使い方は北米の英語では普通にあり、ネットでも日本語で解説を書かれている方がいました。

完了の意味を表すhave goneを使ってI have gone to the cafeteria.ということはできるのでしょうか。(美誠社)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 保険

    カタカナビジネス英語

    保険(insurance)に関連する用語

    日本語でも同じですが保険業界は独特の英語表現が使われる傾向があるのでま…

  2. rallyの意味

    英単語の意味と使い方

    rally(ラリー)の意味と使い方

    カタカナで「ラリー」といえば卓球やテニスの打ち合いを指すか、自動車レー…

  3. コンセント

    和製英語とカタカナ英語

    電源の「コンセント」は英語でどういうか?

    和製英語の代表としてとりあげられるのが電気製品などの「consent(…

  4. chips

    アメリカの文化

    ポテトチップスのchipを使った英語表現

    ポテトチップスに使われている英単語のchip【tʃíp】はさまざまな熟…

  5. インストール

    英単語の意味と使い方

    install / installation / installment の使い方

    インストールはコンピューターにソフトウェアを導入する場合に用いられます…

  6. milestone

    カタカナビジネス英語

    milestone(マイルストーン)の使い方

    ビジネス用語としてのマイルストーンは何かの節目を意味する言葉です。…

おすすめ記事

  1. 花粉症
  2. タクシー
  3. 英語の先生
  4. asas
  5. ツイッター




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. appearの意味と使い方
  2. average(アベレージ・平均)の意味と使い方
  3. greet / greeting(グリーティング)の意味の使い方
  4. formula(フォーミュラ)の意味と使い方
  5. clear(クリアー)の意味と使い方
  6. boot(ブート)の意味と使い方
  7. physical(フィジカル)の意味と使い方
  8. plot(プロット)の意味と使い方




PAGE TOP