as tall asとas short asは同じ意味なのか?

asas

「同じぐらいである」を表す際にas – as ~ の形を使うことができます。

①Tom is as tall as Jayne.
(トムはジェインと同じぐらいの身長だ)

②Korea is as far as Kyushu.
(韓国は九州と同じぐらいの距離だ)

ここで疑問になるのは、①のトムは世間一般の人と比べて背が高い人なのか? といった問題があります。

②の話し手は「韓国をそもそも遠いと感じているのか? 近いと感じているのか?」という疑問も浮かびます。

答えとしてはNOであり、その意味を含んでいません。これは有名な参考書『Forest』の258ページにも書いています。

比較程度の意味と確認
He is tall.は「彼は背が高い」という意味だし、She is old.は「彼女は年をとっている」という意味だ。ではHe is as tall as his father.といったら、やはり「彼は背が高い」という意味が含まれるのだろうか。実はそうではない。He is tall.では「彼」と他の人を比べることなく、単に「彼」の性質を述べているだけだ。しかし、He is as tall as his father.のように比較の枠組みを作っている場合は、比べている相手(この場合はhis father)を基準として「同じ背の高さ」だと述べているだけになる。「父」の背の高さ次第で、「彼」の背の高さも変わってくる。「父」の背が低ければ、He is as tall as his father.という文は「tall」という単語を使っていても「彼は背が高い」という意味にはならないのだ。(FOREST 第7版より)

以下の例文などは、より明確で想像しやすいかもしれません。

I have as much money as you.
(私はあなたと同じぐらいお金を持っている)

この場合は二人の所持金が同じぐらいであって、別に2人が世間的にお金持ちであるとは言っていません。

あくまで比較する2つの範囲内で同じぐらいだとしか言っていない表現になります。世間がどうかなどは基本的には関係がなく、あなたと私の所持金が同じといっているにすぎません。

ならばas short asも同じなのか?

上の理屈が成立するならば、以下の意味は同じになるはずです。

①Tom is as tall as Jayne.
②Tom is as short as Jayne.

トムとジェインは同じ身長としかいっておらず、tallに背が高いという意味が含まれない上のFORESTの説明に従うならば、同じshortにも背が低いという意味が含まれないはずです。

同様のことは以下の例文にも当てはまります。

③Korea is as far as Kyushu.
④Korea is as near as Kyushu.

九州と韓国は同じぐらいの距離だ。というだけで、遠いとも近いともいっていません。

⑤I have as much money as you.
⑥I have as little money as you.

これも同様に所持金の話をしているだけなので、お金持ちか貧乏かは関係がありません。

本当にそうなるのか? は疑問が残ります。

ネイティブに確認してみました

カナダ人のスティーブの意見としては、理屈的には確かにそうだけど②は明らかに「ふたりとも背が低い」というのを匂わせているし、④は韓国も九州も「近い」と思っている感じがするそうです。

また所持金の話では上の⑥のような表現になると「ふたりとも同じぐらい金がないなぁ」という部分が出ているような気がするそうです。

ナチュラルに言葉を話した場合で、①③⑤が表現としても一般的でありふれたものです。

①Tom is as tall as Jayne.
③Korea is as far as Kyushu.
⑤I have as much money as you.

しかし、あえて普通でない表現をすると以下の形です。

②Tom is as short as Jayne.
④Korea is as near as Kyushu.
⑥I have as little money as you.

②④⑥のような見慣れない表現を使うならば、確かに理屈的にはわかるけど、明らかに感情や主観が入ってきている感じがするそうです。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. both

    Grammar / 英文法

    neither / either / both / の使い方

    似たような使われ方をする言葉ですがネイティブの意見と例文を交えながら確…

  2. 最近・この頃

    英単語の意味と使い方

    recently, lately, these days, nowadaysの違い

    どれも「最近は、近頃は、この頃は」などの意味ですが少しニュアンスが異な…

  3. only to find

    英単語の意味と使い方

    only to findの意味と例文

    ニュース文にもたびたび「only to 動詞」の形で、よく「(only…

  4. 以下以上

    英単語の意味と使い方

    以上、以下、未満、超えるの英語表現

    以下、未満、以上、超える(超過)などの英語表現をあらためて確認していき…

  5. shoes(靴・シューズ)の単数形と複数形の使い方

    Clothing / 服・化粧・ファッション

    shoes(靴・シューズ)の単数形と複数形の使い方

    靴は日本人には「1足」と感じるものであっても、物体としては左に1個、右…

  6. 叩く

    Attack / 攻撃・殴る・蹴る・破壊

    身体への攻撃は前置詞「in」を使う

    身体の部位(顔、頭、足、手など)に対しての攻撃の表現には前置詞の「in…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. ファックについて
  2. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  3. 赤ちゃん
  4. middle finger
  5. 影響を与える




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. set offの意味と使い方
  2. stream(ストリーム)とstreaming(ストリーミング)の意味と使い方
  3. delay / late / slowの意味と使い方の違い
  4. tap(タップ)の意味と使い方
  5. departure(出発・出国)の意味と使い方
  6. closure / closenessの意味と使い方
  7. hollow(くぼませる・くりぬく・くぼみ)の意味と使い方
  8. assist / assistance / helpの意味と使い方の違い
PAGE TOP