putとplace

putとplaceの違い

動詞で使った場合にはどちらも「置く」で一緒ですが、placeのほうが注意深い、丁寧な扱いを意味します。

基本的な違いは丁寧さの度合いと考えても良いと思いますが、いくつか物理的にモノを置くケースと、法律などの「制定する、設定する」でわけて考えてもいいかもしれません。

placeとputは両方ともかなり幅広い使われ方をするので例文と共にニュアンスの違いをまとめました。

putとplaceの違い

モノなどを「置く」場合にはどちらでも表現可能ですが、placeを使ったほうが丁寧な取り扱い、置き方になります。

I put the cup on the table.

I placed the cup on the table.

上の例文「カップをテーブルの上に置いた」はどちらも同じ意味ですが、placeのほうが優しく丁寧に置いた印象を与えます。

I gently put the coat on the sofa.

I gently placed the coat on the sofa.

「私はソファにコートを優しく置いた」ですが下のほうが丁寧で、gently(優しく、穏やかに、そっと)と組み合わせるならば相性の問題で下の方がいいだろうという意見です。

placeを使う時の注意

placeは丁寧で慎重に扱いながら置く動作になりますが、人に頼む時に「place」を使うのは注意が必要です。

Can you put my coat on the bed?
コートをベッドの上に置いてもらえるかな?

この場合はputを使うのが一般的ですが、placeを使うと相手に「丁寧に扱え」と要求していることになります。

Can you place my coat on the bed?

きれいにきっちりと扱い置いてほしいといった要望になってしまうので、日常の場面で相手に求めるには少し厳しい表現になってしまう点には気をつけてください。

しかし、実際に丁寧に扱うことを求める状況、慎重に取り扱ってほしい品物もあると思うので場面によって使い分ける必要があります。

設定する・設置する

法律やルールなどが設定される場合にもputやplaceを使うことができます。しかし、この物理的でない動作の場合は、丁寧な意味合いがほぼなく、どちらでも似たような意味になります。

「丁寧に法律を設定する」などは実際には無理だからです。また以下のように負担をかける動作などにも使えます。

The government placed another burden on single mothers.

The government put another burden on single mothers.

「政府はシングルマザーにさらなる負担を設定した、強いた」などの意味ですが、このような場合はどちらが丁寧といった感じもありません。

place an order

この使い方で「order(注文をする)」と同じ意味になるので、特にplaceはあってもなくても一緒です。本当にニュアンスの差もないそうです。

I placed an order for a cup of coffee.
コーヒーを1杯、注文した。

I ordered a cup of coffee.
コーヒーを1杯、注文した。

このような「注文」のケースに関してはputに置き換えることは可能ですが、「put in」とするのが一般的です。inがなくても文法的にはOKそうですが、ネイティブスピーカーの感覚として一般的ではないそうです。

I put in an order for a cup of coffee.

この表現はwithを使えばメーカーや注文先を入れることができます。

I placed an order with Sony for a new TV
ソニーに新しいTVを注文した。

I placed an order with Starbucks for a cup of coffee.
スタバにコーヒーを1杯、注文した。

place the blame

類似表現として「place the blame (on)」も同じような関係で、placeがあってもなくても一緒です。

When the computer system crashed, they placed the blame on me.

When the computer system crashed, they blamed me.

「コンピューターシステムが故障したとき、彼らは私を非難した」ですが、これをさらにputでも表現できます。

しかし、この場合はinを置きません。put inにするのは注文のorderの時ぐらいだと考えても問題はないと思います。

When the computer system crashed, they put the blame on me.

put in place

最後にご紹介するのはあまり関係ありませんが、今回のputとplaceを同時に使い「put in place(導入する)」の意味になります。

It’s been two years since the law was put in place.
その法律が制定されてから2年だ。

The government put a new law in place that bans marijuana.
政府はマリファナ禁止の新しい法律を設定した。

当たり前ですが、このような熟語の場合は置き換えません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  2. アメリカと日本の育児方針の違い
  3. ドリフで考えるifと仮定法(もしも威勢のいい銭湯があったら)
  4. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  5. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ

関連記事

  1. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム

    アプリの中で配信したニュースに、washをつかった別々の表現がたまたま…

  2. moist

    文化と体験

    Moistが最悪な英単語の調査でトップ

    辞書製作で有名なオックスフォードプレッシングが実施した国際的な調査では…

  3. rival

    英単語の使い方と単語比較

    rival(ライバル)の意味を英語で考える

    rival(ライバル)は、すでにカタカナでもおなじみの言葉です。何かを…

  4. wonder

    英単語の使い方と単語比較

    wonder if / whetherの使い方

    wonderは疑問に使いますが、疑問文の文法、形にならないのが特徴です…

  5. nail

    スラング

    nail(爪・釘)の意味と使い方

    nailという単語はカタカナでは女性が飾り付ける手や足の爪、ネイルの意…

  6. 電話

    英単語の使い方と単語比較

    call to / for / onの違い

    基本単語すぎて取り上げたことがなかったので、あらためてネイティブの意見…

おすすめ記事

  1. accident / incident
  2. ミッションインポッシブル
  3. lay-lie
  4. 保証する
  5. 眼鏡
  6. シューズ
  7. ifと仮定法
  8. 影響を与える
  9. カタカナ
  10. bread

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. face-to-face
  2. stab / sting
  3. deal
  4. questionnaire
  5. answer-to
  6. up-to
  7. room(ルーム)
  8. 担当責任
  9. accident / incident
  10. 倍数
  1. センテンススプリング

    和製英語

    sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  2. グラマー

    英文法とライティング

    英語の文法用語まとめ(音声付き)
  3. スペクタクル

    英単語の使い方と単語比較

    脅威のスペクタクル!のspectacleとはどういう意味か?
  4. drag

    イディオム・熟語・慣用句

    dragの意味と使い方のまとめ
  5. 空飛ぶスパゲッティモンスター

    文化と体験

    空飛ぶスパゲッティモンスター教とID説
PAGE TOP