gritty

gritty / grittierの意味

アプリ内の映画を扱ったニュースの中で「gritty(砂のような、砂利の入ったような、ザラザラする)」や、その比較級である「grittier」が2回ほど登場しました。

映画の内容の説明として「gritty」とはどういう意味だ? となったので、ネイティブスピーカーに確認したことをまとめておきます。

ニュースでの登場事例

1回目はネットフリックスで話題になった『赤毛のアン』がリリースされるときに見出しで登場しています。

New “grittier” Anne of Green Gables series debuts
新しい「より現実的な」な赤毛のアンのシリーズがデビュー

2回目はジャッキー・チェンが復讐に燃える父親を描いた映画『The Foreigner』を取り上げたときに見出しで登場しています。

Jackie Chan takes gritty turn in The Foreigner
ジャッキー・チェンが『ザ・フォリナー』でざらついた感じの役柄に転身

これの日本語訳が辞書にぴったりくるものがなく、見出しの意味としては、より現実的な、空想的でないといった感じになります。

grittyの意味

形容詞のgrittyは「砂のような、砂利の入ったような、ザラザラする」または「勇気のある、気骨のある、意志の強い」の意味があり、比較級がgrittierになります。

混じりっ気のないピュアなもの、空想的でロマンティックなものではなく、砂が入ったような良いも悪いも含めて現実に近いものになったことを意味します。

It’s a gritty crime drama.
それは現実的な犯罪ドラマだ。

例えば昔の007のシリーズの主人公、スパイであるジェームズ・ボンドはダメージを受けない超人的な人物に描かれています。

これはアニメのルパン三世なども同じで、ピストルで撃ち合ってもルパンはコミカルによけて弾に当たりません。

これが最近のシリーズではジェームズ・ボンドが怪我をしてダメージをおうようになったり、より現実的な描写になっています。こういうのがgrittier(比較級)になったといえます。

007 movies have become grittier recently.
007の映画は最近は現実的になっている。

ネットフリックス版の赤毛のアンでいえば、監督の意向として、過去の多く作成された赤毛のアンのように古き良き時代を美化したような作品ではなく、私たちはドキュメンタリーレベルのリアリズムを求めていると語っています。

「私たちはドキュメンタリーレベルのリアリズムを求めています。まるであなたがその時代に満ちてそこに住み、1890年代のプリンスエドワード島の生活の息吹を感じるかのようにするためにです」

こういった悪い部分、現実的な部分も含めて、砂がまじったようなざらついた感じのリアルさを「gritty」で表現しています。

またジャッキー・チェンでいえば、コミカルで人を殺さないジャッキーではなく、復讐に燃える父親という意味でよりざらついた感じのリアルなキャラクターを演じています。

そのほかのgritの使い方

名詞のgritで「砂粒、固い粒」または話し言葉で「根性、気概、堅い意志」などを意味します。

Some grit got into the machine and it’s not working properly.
砂がマシンの中に入って、ちゃんと動かない。

I cleaned some grit out of her hair.
私は彼女の髪の毛から砂を払った。

また勇気、根性みたいな使われ方もします。

It takes grit to enter the boxing ring.
ボクシングのリングにあがるのは勇気がいる。

古い西部劇でジョン・ウェイン主演の映画『True Grit』が有名で、2010年にはスピルバーグによりリメイクされています。

訳すと「真の勇気」といった意味になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語のマネージャー(manager)とは何を指すのか?
  2. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  3. 仕事を意味するjob / work / occupation / career …
  4. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  5. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き

関連記事

  1. big-deals

    英単語の意味と使い方

    big deal / great dealの意味と使い方

    dealそのものは名詞で「取引・契約」といった意味ですが、big de…

  2. 西暦

    英文法とライティング

    英語で西暦(年代)の読み方

    西暦の読み方・発音については習慣的なルールがありますが、人によって読み…

  3. decimal point

    英語の使い方

    英語で小数点を含む数字の読み方・書き方

    小数点以下を含む数字の言い方は少し種類があるのでご紹介します。大きく「…

  4. used-to

    イディオム・熟語・慣用句

    「used to」と「be used to」の意味の違いと使い方

    used toはさまざまな場面で同じ形を見かけますが、前後の文脈や品詞…

  5. ショート

    英単語の意味と使い方

    shortage, lack, shortfallの違い

    似たような単語が並びますが、どれも「short」の派生した形の名詞で意…

  6. 色を塗る

    英単語の意味と使い方

    pale, light, deep, vividなどの色の表現の違い

    現在の日本では色鉛筆、クレヨンなどに「肌色(はだいろ)」の名称が使われ…

おすすめ記事

  1. センテンススプリング
  2. フリーティー
  3. 英語の先生
  4. accident / incident
  5. deal with
  6. カタカナ
  7. ジブリ
  8. ツイッター
  9. manager
  10. ハンバーグ

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. out-of
  2. 日焼け
  3. made-of-made-from
  4. cool(クール)
  5. vary
  6. as if / as though
  7. コーナー
  8. grind
  9. wipe
  10. practical
  1. account

    イディオム・熟語・慣用句

    account forの使い方
  2. offとaway

    英単語の意味と使い方

    awayとoffの違いについて
  3. プリンシパル

    英単語の意味と使い方

    principleとprincipalの違い
  4. 炎上

    スラング

    ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  5. ウエスタン

    英単語の意味と使い方

    east/westとeastern/westernの違いについて
PAGE TOP