dedicateとdevoteの違い

devote

以前に取り上げた単語でdedicatedには「~専用、~に特化した、熱心な」などの意味があります。

dedicateの意味と使い方について

dedicateと似た意味の単語でdevoteがあります。dedicateのほうが意味が広いので、dedicateの一部の使い方がdevoteでも可能です。

順番に使い方やネイティブスピーカーが感じるニュアンスの違いをご紹介していきます。

熱心な

「熱心な、打ち込んでいる」という意味では両者は同じで置き替え可能です。

以下は共に「彼女は熱心な学生だ。だからいつも良い成績をおさめている。」となります。

She is a dedicated student. That’s why she always gets good grades.

She is a devoted student. That’s why she always gets good grades.

同じく以下は両方とも「私たちはこのプロジェクトを終えるために熱心なデザイナーのチームを必要としている。」です

We need a team of dedicated designers to finish this project.

We need a team of devoted designers to finish this project.

基本的にはどちらも同じ意味ですが、細かなニュアンスの差としてdedicatedが責任や義務から来る熱心さ、devotedが愛などに基づく熱心さに使われる傾向があります。

dedicated husbandとdevoted husbandはどちらも「熱心な夫」になりますが、それは妻への愛から来るものなので、この場合はdevoted husbandが好まれます。

充当する・割り当てる

どちらの単語も特別な目的のために「充当する、割り当てる」といった意味もあります。これもどちらでも表現できます。

以下は両方とも「政府は予算の一部を医学研究に充てた。」です。

The government dedicated part of the budget to medical research.

The government devoted part of the budget to medical research.

同じく以下は「私は英語を学ぶことに週末をさいている。」です。

I’m dedicating my weekends to learning English.

I’m devoting my weekends to learning English.

置き換えられないケース

devotedに置き換えることができない場合は形容詞の「専用の」と、動詞で「捧げる」の意味を持つ以下の例文です。

専用の(置き換え不可)

Our company uses a dedicated server to handle customer orders.
私たちの企業は顧客の注文を取り扱う専用サーバーを使っている。

× Our company uses a devoted server to handle customer orders.
(この表現ができません)

捧げる(置き換え不可)

Miley Cyrus dedicated her performance to Ariana Grande.
マイリー・サイラスは、彼女のパフォーマンスをアリアナ・グランデに捧げた。

× Miley Cyrus devoted her performance to Ariana Grande.
(この表現ができません)

そもそも辞書にはdevoteで「(神聖なものに)~をささげる、奉納する」の意味で掲載がありますが、確認してみるとこの意味で使われているのを見たことがないそうです。

上に紹介したように「充当する、割り当てる」の意味は存在しています。

We are devoting this harvest to the community damaged in the typhoon.
私たちは収穫を台風でダメージを受けたコミュニティに割り当てている。

I am devoting 15 bottles of cola to the party.
私は15本のコーラをパーティーに充当している。

この意味をそのままゴッド(神)などにすることはできます。

I am devoting 15 bottles of cola to God.

We are devoting this harvest to God.

意味としては「神のために割り当てた、神に充当した、神のためにとっておいた」とは読めるので、それを捧げる、奉納すると解釈することはかろうじて可能ですが、あまり一般的な表現ではありません。

「捧げる」という意味ならば、dedicateを使ったほうが自然です。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. gratefulとthankful

    英単語の意味と使い方

    gratefulとthankfulの違い

    gratefulとthankfulはどちらも「感謝する、感謝している、…

  2. アピール

    カタカナビジネス英語

    appeal(アピール)の意味と使い方

    カナダ人のスティーブと「appeal(アピール)」について話していまし…

  3. previous

    英単語の意味と使い方

    previousの意味と使い方

    previousは「前の、先の」といった意味ですが、formerなどと…

  4. meetとmeet withの違い

    英単語の意味と使い方

    meet withとmeetの意味の違い

    meet withは単に会うだけでなく、明確に何か目的を持って話し合う…

  5. 声援を送る

    英単語の意味と使い方

    スポーツの勝ち負けに関する英語表現

    アプリ内ではスポーツや選挙などさまざまな勝敗を扱ったニュースもとりあげ…

  6. airの意味と使い方

    英単語の意味と使い方

    air(エアー)の意味と使い方

    airは「空気、空、空中」などの意味ですが「オンエアーされる」のように…

おすすめ記事

  1. 英語の先生
  2. カタカナ
  3. yera-old
  4. シューズ
  5. お客さん




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. routeの意味と使い方
  2. choke(チョーク)の意味と使い方
  3. novelty(ノベルティ)とnovelの意味と使い方
  4. tour(ツアー)の意味と使い方
  5. give awayの意味と使い方
  6. decoration(デコレーション)/ decorate(デコレート)の意味と使い方
  7. exercise(エクササイズ)の意味と使い方




PAGE TOP