channel(チャンネル)の意味と使い方

チャンネル

カタカナでテレビ番組の「チャンネル」としてよく使われる言葉ですが、動詞での使い方・名詞での使い方を確認していきます。

もともとの語源としては植物の葦(あし)やパイプのようなものにつながっており、筒のようなイメージからチャンネルにつながっています。

テレビとしてのチャンネルは電波の存在を考えても時代的に英語の使い方としては新しいものです。

channelの動詞での使い方

日本語・カタカナではあまりチャンネルを動詞で使うことはありませんが、英語にはいくつか動詞での使い方があります。

筒のようなもの、パイプに語源がつながっていますが、tunnel(トンネル)とは成り立ちが全然違い、たまたま似た音・言葉になっただけです。

発音は【tʃǽnl】で明らかにカタカナと違うのでご注意ください。

別の方向に動かす

何らかの流れを別の方向に動かすことです。

She channeled the popularity of her book into a singing career.
彼女は自分の本の人気を歌手のキャリアの方に動かした。

直訳しましたが、本の人気を利用して歌手として成功するような流れにもっていったという意味です。

He was arrested for channeling funds into his private bank account.
彼は私的な銀行預金口座に資金を動かしたことで逮捕された。

霊と交信する

死者の魂を体に入れるなど霊と交信するような行為、霊媒者を務めるといった意味です。カタカナではオカルト用語として「チャネリング」として知られています。

日本の伝統的な恐山のイタコなどもチャネリングの一種です。

There was a guy on TV channeling Steve Jobs.
スティーブ・ジョブズの霊と交信している男がテレビに出ていた。

I went to see a psychic who channeled my dog who died last month.
私は先月に死んでしまった私の犬と交信した超能力者に会いにいった。

なりきる

他の人物のようにほぼ正確に振る舞うことで「なりきる」を意味します。これはまるで他者の魂が体に入ってくるといったイメージともつながっています。

Meryl Streep channeled Margaret Thatcher in that movie.
メリル・ストリープはあの映画でマーガレット・サッチャーになりきった。

She painted as if she were channeling Da Vinci.
彼女はまるでダ・ヴィンチになりきっているように(絵を)描いた。


channelの名詞での使い方

もっともよく知られている意味では放送局にコントロールされている信号、つまりテレビ番組などの「チャンネル、周波数帯」です。

My favorite channel is CNN.
大好きなチャンネルはCNNだ。

He changed the channel when the show was over.
彼はその番組が終わったときにチャンネルを変えた。

海峡

2つの海が合流している水の狭い一帯を意味します。「海峡」のことです。

The English channel runs between the UK and France.
イギリス海峡はイギリスとフランスの間に流れる。

There is a shipwreck at the bottom of the channel.
その海峡の底に難破船がある。

canal(カナル)は運河であり主に人工的に作られたものを指します。

There is a canal running through the town.
街を通る運河がある。

The English channel(イギリス海峡)はイギリスとフランスの間にある広い領域を指し、その中で最も距離が近いのがThe Strait of Dover(ドーバー海峡)です。

英語ではchannelのほうがstraitより広いものを指しています。

The Strait of Dover is a part of the English Channel.
ドーバー海峡はイギリス海峡の一部分だ。

先に紹介したようにテレビのチャンネルの意味もあるので以下のような文章も成立します。

I like the English Channel.
イギリス海峡が好きだ。

I like English channels.
イギリスのチャンネルが好きだ。

English channelsが何かは曖昧ですが英語で放送される番組あるいはイギリスの番組が好きだといった意味になります。

手段、ルート

連絡するための仕組みで「手段、ルート」といった意味もあります。

If you want to speak to the president, you have to go through the proper channels.
もし君が大統領と話したいなら、適切なルートを通らなければならない。

She didn’t get the job by applying through the usual channels.
彼女は普通の手段で申し込んだら仕事にありつけなかった。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日本車

    商品のネーミング検証

    フォーブスの「日本車の変な名前」の記事への意見

    Forbes Japanに日本の自動車産業を30年間取材してきたライタ…

  2. method(メソッド)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    method(メソッド)の意味と使い方

    カタカナでもよく聞かれるmethod(メソッド)は英語でも似たような意…

  3. complex

    和製英語とカタカナ英語

    「複雑」のcomplexとcomplicatedの違い

    complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で…

  4. step up(ステップアップ)の意味と使い方

    カタカナビジネス英語

    step up(ステップアップ)の意味と使い方

    ステップアップ(step up)も少し英語とカタカナで使われ方が違う言…

  5. 許可

    英単語の意味と使い方

    許可する、許すのlet / allow / permitの違い

    let / allow / permitはどれも「許す、許可する」とい…

  6. dead, die, deathの意味と違い

    英単語の意味と使い方

    dead(デッド)/ die(ダイ)/ death(デス)の意味と使い方の違い

    死に関連する基本的な単語ですが違いがあり、いまいち日本語の感覚とズレて…

おすすめ記事

  1. 匂い
  2. hatena
  3. カタカナ都市名
  4. adjective(形容詞)
  5. 〇〇風




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. ramp(ランプ)とslope(スロープ)の意味の違い
  2. sort(ソート)の意味と使い方
  3. hinge(ヒンジ)の意味と使い方
  4. 「in time」と「on time」の意味と使い方
  5. shoot upとshoot downの意味と使い方
  6. recreation(レクリエーション)とre-creationの違い
  7. stake(ステイク)の意味と使い方
  8. sign(サイン) + up, in, up, off, over, awayの違い




PAGE TOP