アプリケーション(application)の意味は?

申請・応募

最近はカタカナでもapplication(アプリケーション)といった言葉がよく聞かれるようになりましたが、英単語として使う場合はいくつか意味が存在しますので順番に取り上げてみます。

これは動詞のapplyにも「申請する、申し込みをする」や「適用する」といった意味があるので、それが名詞になった場合でも複数の意味にわかれます。

またスマホ用のアプリ(app)もapplicationの略です。英語ではアプリとはいわずapp(アップ)と呼ばれます。

あわせて動詞の『apply(for / to)の意味と使い方』もご覧ください。ここでは名詞のapplication(アプリケーション)を取り上げています。

申請・出願・申請書

一般的にapplicationといえば申請や出願など、何かに対して申し込みをすることを指しています。学校やファンクラブから、ビザの申請やコンテストの応募なども含めてです。

TOEICなどの試験にも頻出のビジネス用語でもあります。文脈によっては申請することそのものを指していたり、申請のための書類を指していたりします。

多くの場合は書類を意味していますが、最近はオンラインでの申請も増えているため、文脈で判断するしかありません。以下の例文のように使われます。

You must fill out an application to enter this school.
この学校に入るためには申請書を埋めないといけない。

If you’d like to take part, please fill out an application form.
もし参加したければ、応募フォームに記入してください。

I have to turn in my visa application.
私はビザの申込書を提出しなければならない。

I got my application into the school just under the wire.
なんとか時間にまにあって申込書を学校に受け取ってもらえた。

Sorry I made a mistake on my application, can I have a new one?
すみません、出願書で間違いをしました。新しいものをもらえますか?

I forgot to fill in the section about my employment on the application.
申し込み用紙の仕事についての欄に記入し忘れた。

My credit card application was rejected.
私のクレジットカードの申請は受け入れられなかった。

We will review your application and respond within 3 business days.
あなたの申請を審査して、3営業日以内に返事をします。

He denied my application.
彼は私の申し出を断った。

visa application(ビザの申請)などはニュース以外でも旅行のシーンなどでよく登場します。

申請は紙のものが多いですが何かのコンテストで動画を提出しないといけないケースではapplication video(応募動画・投稿動画)といった単語の組み合わせも考えられます。

applicationは公的な性質のある申し込みに使うのであって個人的な「1000円を貸してくれないか?」といったものには使いません。

活用・利用

他にも適用、応用、活用、利用、充当などの意味があり「使い道、用途」と考えても近いと思います。

This machine has many applications.
= This machine has many uses.
この機械は多くの活用方法がある。

アプリケーション・アプリ(app)

app

パソコン用のプログラム、ソフトなどを指してアプリケーションといいます。application softwareのことです。

I downloaded a new application to edit photos.
写真を編集するために新しいアプリケーションをダウンロードした。

StudyNowもスマホ用のアプリですが、英語では「アプリ」とはいわずに「app(アップ)」と表現されます。

I have many apps on my iPhone.
=I have many applications on my iPhone.
私のiPhoneには多くのアプリがある。

Sometimes Apple puts useless apps on my phone.
時々、アップルは無駄なアプリを私のスマホに置くんだ。

Everyone is trying to cash in on the popularity of Pokemon Go by making AR apps.
みんなAR(拡張現実)のアプリを作って、『ポケモンGO』の人気にあやかろうとしている。

このAppという表現は英語でもここ最近になって登場した新しい言葉で、スマホ以前のパソコン用のソフトなどは普通にプログラムやソフトウェアと呼ばれていました。

これを流行らせたのはおそらくAppleじゃないかという話で、AppとAppleで音が似ているため、このような表現を意図的に普及させたような感じがあります。

他にもappについてはapproved(許可済)やappendix(付記)などの省略の可能性もありますが最近はappといえばスマホ用のアプリを指して使われます。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. プリンシパル

    英単語の意味と使い方

    principleとprincipalの違い

    principle(教義・原理)とprincipal(校長)は非常にス…

  2. perspective

    英単語の意味と使い方

    perspective(視点・目線)の意味と使い方

    ニュースに「perspective(物事に対する見方、態度、視点、パー…

  3. badly and poorly

    英単語の意味と使い方

    badlyとpoorlyの使い方

    何かの技術などがまずい様子や下手なことを表すには「bad」や「poor…

  4. 厚化粧

    英単語の意味と使い方

    「厚化粧」を英語でなんというか?

    2016年の都知事選は、選挙前から小池百合子氏への非難が話題になりまし…

  5. 変装・仮装をする

    英単語の意味と使い方

    変装・仮装するを英語でいうには?

    英語で「変装する」「仮装する」「~の格好をする」をどう表現するかはいく…

  6. used-to

    英単語の意味と使い方

    「used to」と「be used to」の意味の違いと使い方

    used toはさまざまな場面で同じ形を見かけますが、前後の文脈や品詞…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. mimic
  2. ジブリ
  3. 保証する
  4. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  5. ファックについて




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. commit(コミット)の意味と使い方
  2. steer(操縦・操作する)の意味と使い方
  3. virtual(バーチャル)の意味と使い方
  4. hazard / hazardousの意味と使い方
  5. devil(デビル)の意味と使い方
  6. organic(オーガニック)の意味と使い方
  7. novelの意味と使い方
  8. stand by(スタンバイ / スタンドバイ)の意味と使い方
PAGE TOP