これやから東京モンは!大阪人が嫌いな関東の特徴

osaka-tokyo

R25が「関西人選!関東の嫌いなことTOP10」という記事を発表していました。

記事ではランキング形式でトップ10が発表されています。

関西人選! 関東の嫌なことTOP10(R25)

1位 家賃が高い
2位 話にオチがない
3位 人との距離が遠い
4位 地下鉄が複雑
5位 関西出身だというと、「面白い」ことを期待される
6位 人が多い
7位 居酒屋が高い
8位 土曜日にテレビで吉本新喜劇がみられない
9位 ノリ突っ込みができない
10位 関西弁が目立つ

居住に関する「家賃が高い」「地下鉄が複雑」などは納得のできる話ですが、笑いに関する部分は現役関西人から見るとちょっと疑問に思う部分もあったのでまとめておきます。

話がわかりやすいので東京と大阪にしましたが、関東全域に当てはまるかもしれません。

2位:話にオチがない

オチのない話をしたらダメなのか?という問題を考えてみます。

関西では「オチのない話したらあかんで~」と冗談のように言われますが、みんな冗談とも思ってなくて、もはや常識・共通認識・暗黙の了解として共有している感は確かにあります。

普通の会話の中では別にオチは入りませんが「ちょっと聞いてよ~」「この前さぁ~」と切り出したら、だいたいオチがない話はしない雰囲気があります。

『人志松本のすべらない話』ほどではありませんが、あれのミニ版がそこら中で開催されていると思っても決して言い過ぎではないと思います。

話す側も「どうやってオチまで持って行こうか?」という腕の見せどころでもあり、聞く側も「どんなオチがあるんだろう」と期待しているのでオチがないのはなんのために話した?と思われてもしかたない部分もあります。

オチがない話をする時はみんな「この話に別にオチはないんだけど」と話の途中で承諾をとってきます。身の上話とか真面目な話とかですね。

最後の手段として「オチがないというオチ」を繰り出すこともできるんですが、これは聞く側のツッコミ力が必要で「オチないんかよ!」とツッコんでくれないと成立しません。

関西人のツッコミ率も高くて、クラスの真面目な女の子とかでも漫才師のようなツッコミまではやりませんが、弱パンチぐらいの「どないやねん、なんやねん、それどうなん、なんなんそれ」ぐらいは普通にいってきます。

9位:ノリ突っ込みができない

関西人でもノリツッコミする人は少数派だと思うし、話術としては難しいので他人に求めるのは難題だと思います。

ノリツッコミは自分でボケて自分でツッコむことで、だいたい相手のボケにしばらく乗って急に冷静になってツッコミに転じます。

「そうそう、×××が●●●してな…ってなんでやねん」みたいなパターンです。

確かにやる人もいますが、難易度が高い印象があります。

一種の様式美の世界でノリツッコミすると型にはまってしまって自由度が低くなるため、その人の本来の力が発揮されない感じがしますね。

自分がやる分には自分の責任ですが、相手に求めるのは酷な話じゃないでしょうか。

5位:「面白い」ことを期待される

これも以前に関東の飲み会で、私だけ大阪人だったので言われた経験があります。

なんか面白いこといってよ? なんかこのメガネでやってみてよ? とかですね。

これも微妙ですが面白いこと言ってよの、ネタの振り方に問題がありそうな気がします。

「なんか面白いこといってよ?」ってボケようがないし「このメガネでやってみてよ?」も、かなりボケが限定される(しかもベタベタなやつ)気がします。

漫才をやってるわけではないんですが、話す側だけでなく、聞く側、振る側にもやり方や入り方があって、それによって面白さが何倍にも変わってくる、相手の持ち味を引き出せるのは、確かに事実だと思います。

まとめ

8位の「土曜日にテレビで吉本新喜劇がみられない」は、そこまで見たいと思うの? と感じたのが率直な感想です。笑点やサザエさん的に日常と化してる感じはしますが。

ちょっと誇張して関西人の意見を書いた部分もありますが、ぜんぜん誇張してない部分が大半で、これを読んだ関西人はわりと納得してくれそうな感じだと思いますが、どうでしょうか。

それと関西人が全員、話術が得意ではなくて、私はけっこう大阪人の中では会話が下手なほうです。

性格的にうまい返しが遠慮してできないタイプで、ずっと「返し」には課題を感じています。

先日、鉄板焼きを食べにいってネギが美味しかったので店のおばちゃんに「このネギ美味しかった」と言ったら、おばちゃんが「じゃあ農家のおっちゃんに言うとくわ~」といったんですよ。

その返しがうまいこと言えない。パッと思いつかない。話術ある人はここから拾っていく感じができて、いつも羨ましく思いますね。

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ドバイ

    文化と体験

    ドバイに初めて行く人のためのホテル選び

    2017年11月に特に目的もなくUAEのドバイに行きました。事前に下調…

  2. タイタン(巨人)

    文化と体験

    タイタン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカの雑誌Timeが選ぶ「最も影響力のある100人(The 100…

  3. デコピン

    スラング

    海外のデコピン事情とパンチバギー

    ニュースでネット上でかわいい女の子にデコピンができる謎のサイトを紹介し…

  4. POKEMON

    スラング

    Pokémonのéの上の点について

    大ヒットしたPokémon GOやcaféなどの表記でも見られるeの上…

  5. 雨傘の革命

    世界とアジア

    香港の雨傘運動(雨傘の革命)の現場を見てきた

    2014年の11月に香港に行く機会があったので2014年香港反政府デモ…

  6. oral hygiene

    文化と体験

    日本人の口臭と歯並びの問題

    外国人向けに行った日本人の口臭問題で72%の人々が日本人の息について苦…

おすすめ記事

  1. ジブリ
  2. 赤ちゃん
  3. ifと仮定法
  4. asas
  5. select




こんなアプリつくってます!

スペシャルカテゴリー







最近の記事

  1. episode(エピソード)の意味と使い方
  2. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  3. equipment / tool / facility / machineの意味の違い
  4. scoop(スクープ)の意味と使い方
  5. wave(波・手を振る)の意味と使い方
  6. upcoming / coming up / up-and-comingの意味の違い
  7. bar(禁止する・除いて・バー)の意味と使い方
  8. 「ふわふわ」を英語でどういうか?




PAGE TOP