Vol.03『所持金は31円』

31円

Vol.02 『英会話スクールNOVAの時代』からの続きです。この記事は2007年のNOVA崩壊のときに身の回りで実際に起こった出来事をまとめたノンフィクションです。


「所持金はいくらぐらいあるの?」と質問した時、ジャスティンは1,2ヶ月しのげるお金を所持していると言ったが、ジョーははっきりと「サーティーワン」と言った。しかもドルではなくて円だ。

「つまり、アメリカに帰国することもできないってこと?」

と私は呆れながら尋ねた。この時点で所持金31円はさすがに無計画すぎる。

「クレジットカードのキャッシングがあるので、帰ろうと思えば帰ることはできるみたいです」と、ヒロコちゃんは補足してくれた。

今夜、私が何もできないと伝えた場合、また次の職を探して面接に行くつもりだという。状況としては絶望的としかいえない。彼らのような新卒でキャリアもない英会話講師が、この時期に職を探すのはタイミングが悪すぎる。

すでにNOVA崩壊の情報を察知した講師達が、他のスクールに殺到していた。残り少ない席を争うのに、即戦力にならない彼らが、他のキャリアある講師と張り合っていくのは不可能だと思った。現に彼らの前に出会ったオーストラリア人は経験豊富で優秀な講師だったが、それでもかろうじてパートタイムの職を紹介できたという程度だ。もう私にも手持ちのカードがない。

「他に誰か頼れるような人はいないの?」

それもいないと言う。講師としてのキャリアもない、来日1ヶ月目で給料ももらっていなければ、頼るべき人脈は大学時代の友人であるヒロコちゃんしかいない。住む場所はNOVAが賃貸契約しているマンションを寮として使っているので、しばらくはしのげるらしいが、家賃を支払うべきNOVA側の滞納が発覚した時点で大家によっては直ちに追い出される可能性もあった。これはマンションの管理者の裁量によるところが大きいので祈るしかない。

数ヶ月待てば状況が変わるかもしれないが、そこまで待てるお金も所持していない。私が何もできないと言えば、その場でぷっつりと希望の糸は切れてしまう。彼らの状況を総合的に判断して私は言った。

「いったん、帰国するのがベストな選択だと思う。君達のような新人の講師が来るには今はタイミングが悪すぎるとしかいいようがないよ。帰国してまた出直してくればいい」

ヒロコちゃんは言葉を選ぶように通訳してくれたが、彼らの返事は「帰りたくはない」だった。まだ日本に来たばかりで、もっと日本のことを知りたいと。気持ちはわかる。状況は悪いと予想していたが、ここまで何もないとは思ってもみなかった。

彼ら2人のアメリカ人は来日1ヶ月目でNOVAが崩壊した時に、助けを求めて大学時代の友人であるヒロコちゃんに連絡をした。友人に助けを求められたヒロコちゃんが父親に相談する。ヒロコちゃんのお父さんは、友人である松澤のおばさんに連絡した。最後に私にこの話がまわってきたという経緯だ。

電話でこの話を持ちかけられた時点で、やはり断るべきだったのかもしれない。私もまだ仕事を始めたばかりで、スティーブと自分のことを考えるだけで精一杯だ。小遣い程度のバイトを作って働いてもらうことは無理をすれば可能かもしれないが、フルタイムで雇う、しかも2人となると現実的に不可能だ。

今は縁がなくても、良好な関係を築いていれば、次回にもつながるだろう。そんな甘い考えで私はこの「面接」を引き受けた部分もあった。だが状況は私が想定していたものよりも圧倒的に悪く、緊急を要するものだった。

松澤のおばさんは強引にこの話をねじ込んできた。ヒロコちゃんのお父さんとの付き合いもあるのだろうし、彼らをなんとかしてあげたい気持ちもあったのだろう。私だってできるものならなんとかしてあげたい。だが、さすがに引き受けるのは、今の私には苦が重すぎる。

私は天井を見上げて、良い方法を考えていた。
時刻は夜の10時になろうとしていた。

どうにかならないのだろうか…。

続く(お待ち下さい)

   


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. bread

    英単語の意味と使い方

    pan(パン)/ bread(ブレッド)/ bun(バン)の違い

    みなさんが毎日食べているパン(食パンやカレーパン)は、もともとはポルト…

  2. 福島第一原発

    Japan / 日本の文化

    福島第一原発を見に行ってきました。

    2014年の冬の話になりますが、StudyNowの休暇中に福島第一原発…

  3. 駅前留学

    Japan / 日本の文化

    Vol.02 『英会話スクールNOVAの時代』

    第1話『日本に来ていきなりNOVAなくなっちゃた』からの続きです。この…

  4. センテンススプリング

    Japan / 日本の文化

    sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?

    どうか? といわれても、たぶんどうもないと思いますが、掘り下げて英語と…

  5. ドバイ

    Info / 運営記録・お知らせ・その他

    ドバイに初めて行く人のためのホテル選び

    2017年11月に特に目的もなくUAEのドバイに行きました。事前に下調…

  6. やまもといちろう

    Japan / 日本の文化

    やまもといちろう-戦いの軌跡-のレポート

    2016年6月に追手門学院大学主催のやまもといちろう氏を招いた無料セミ…

記事カテゴリー

おすすめ記事

  1. 匂い
  2. 仕事
  3. ジブリ
  4. 仮予約
  5. adjective(形容詞)




こんなアプリつくってます!

最近の記事

  1. 「部分的」のpartially / in part / partlyの使い方の違い
  2. surround(サラウンド)の意味と使い方
  3. 使役動詞のgetとhaveの使い方の違い
  4. get it doneの意味と使い方
  5. carryとcarry outの意味と使い方
  6. flourishの意味と使い方
  7. 「刑事・探偵」のdetectiveとsleuthの意味と使い方
  8. erupt / eruptionの意味と使い方
PAGE TOP