カタカナビジネス英語

カタカナビジネス英語

ビジネスシーンではカタカナ英語が多用される昨今ですが、いまいちピンとこないケースもあります。ここではよく聞くカタカナビジネス用語を英語側から解説した記事を集めました。そのまま使えるものもあれば、和製英語になっているものも見られます。

代表的なカタカナ英語のまとめの記事として『カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?(リンク)』もあるのでご覧ください。

  1. alt

    オルタナティブ(alternative)の英語での意味と使い方

    ニュースなどでもたまに「alternative(オルタナティブ)」という単語が登場します。辞書をひくと「二者択一の」「代替案」といった意味で掲載がありま…

  2. claimの意味と使い方

    claim(クレーム・主張)の英語での意味と使い方

    英単語にclaim(クレーム)がありますが、基本的には「主張する」「要求する」といった意味なので、カタカナで使われている「苦情」であるとは限りません。も…

  3. チャレンジ

    「challenge(チャレンジ・挑戦する)」の意味と使い方

    和製英語とまではいいませんがチャレンジ(Challenge)もカタカナ独特の使い方がされており、英語の本来の意味と少しズレが生じている言葉です。カタカナ…

  4. アピール

    appeal(アピール)の意味と使い方

    カナダ人のスティーブと「appeal(アピール)」について話していましたが、彼は日本人の使うカタカナの「アピール」が少し英語とは違っていると話していました。…

  5. 仕事を辞める(quit / resign / retire)の英語表現

    仕事を辞める(quit / resign / retire)の英語表現

    仕事を辞める表現は日本語の「辞める、退職する、辞職する、バックレる」がニュアンスが違うように、英語でもそれぞれ言葉を使い分けてもいいかもしれません。一般…

  6. チラシ

    キャッチコピー(Catchcopy)は和製英語か?

    日本語のキャッチコピーはちょっと和製英語ぎみの使い方になるそうです。業界用語的な「コピー」も同じだそうです。辞書のcopyの項目には「原稿、広告文、広告…

  7. hack(ハック)の意味と使い方

    hack(ハック)の意味と使い方

    hack(ハック)は最近ではコンピューター用語としてセキュリティーを突破して他人のコンピューターに侵入する行為を指して使われます。近年は「lifehac…




スペシャルカテゴリー







おすすめ記事

  1. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
  2. cute(キュート)とpretty(プリティ)の違い
  3. Japanese
  4. select
  5. 匂い

最近の記事

  1. equip(装備させる)とequipped withの意味と使い方
  2. scene(シーン・場面・光景)の意味と使い方
  3. come with / come complete withの意味と使い方の違い
  4. episode(エピソード)の意味と使い方
  5. 「I’m fine, thank you. And you?」と教科書で本当に習うのか? ネイティブは言わないのか?
PAGE TOP