wording

ワーディング(wording)の意味を考える

wordは「言葉」の意味で名詞として多く使われますが、wordやwordingといった形で動詞で使われるケースがいくつかあります。

その場合は表現や言い回しの、言葉遣いといった意味になります。見慣れない感じの使い方なので、使い方をネイティブスピーカーに確認しました。

そのほか名詞のwordの意味についてもまとめています。けっこういろんな意味があります。

word(動詞)

言葉を選んで表現する、~を言葉で表す、といった意味で使われます。

He words things in a very old-fashioned way.
彼はとても古臭い言葉遣いをする。

I worded my apology wrong and she’s still mad at me.
私は間違った言葉で謝罪をしたので、彼女はまだ怒っている。

The way she worded her speech was very similar to Bill Clinton.
彼女の演説の言葉遣いはビル・クリントンにとても似ていた。

wording(動名詞)

「wording」は語法、言い回し、言葉の選択です。こちらはニュースでもたまに登場することがあります。

The wording in the contract is too difficult for me to read.
契約書の言葉はあまりに難しく私には読めない。

ニュースではIKEAがアップルのパロディをやったときに登場しています。IKEAがジョークでアップル風の商品紹介をやった記事です。

The obviously paper catalog was described using wording as if it were an Apple product.
紙のカタログなら当たり前のことを、まるでappleの製品であるかのような言い回しで説明していた。

日本語の言葉遣いとの違い

最近、ツイッターでの発言が問題になって炎上するケースが増えています。しかし、ツイッターでの発言をwordingに気をつけろとはあまりいいません。

Be careful of your wording on Twitter.
(*この言い方は普通はしない)

ツイッターの発言は語法や言い回しの問題ではなく、言っていることそのものが間違っていたり、もっと「態度」の問題です。

Be careful what you say on Twitter.
ツイッターでの発言には気をつけろ。

普通はこのような言い方になります。

word(名詞)

名詞では「言葉」が最も有名な使い方ですが、それ以外にも複数の意味があるのでご紹介します。

約束・通知・指示・命令

わりと見かけるのが「約束」の意味でwordが使われているケースです。

I gave her my word I would buy dinner tonight.
彼女に今夜、夕食をごちそうすると約束した。

他にも「お知らせ、便り、通知」などの意味でも使われます。

I got word that she arrived in Japan safely.
彼女が日本に無事についたという通知を受け取った。

文脈によっては「指示・命令」のような意味にもなります。

The general didn’t attack until he got word from the White House.
将官はホワイトハウスからの指示があるまで攻撃しなかった。

If you want me to drive you home, just say the word.
もし家までおくってほしかったら、教えてね。

Just say the wordは「遠慮なくいってね、指示してね」みたいな言い回しです。

スラングとして

相手の申し出などに対して「いいとも、いいぞ」といった意味で返事として使われるケースもあります。

しかし、このスラングの使い方はちょっと古臭い感じの表現になりつつあります。

A: Are you going to see that movie?
あの映画にいくつもりか?

B: Word.
そうさ。

他にもスラングではありませんが「神、神の言葉」などもあるようですが、あまり見かけません。

have words with 人

この形で「(人)と口論する、口喧嘩をする」の意味になる熟語です。

I had words with the manager of a McDonald’s.
マクドナルドのマネージャーと口論した。

word of mouth

これは「くちこみ」の意味で使われています。

The producers didn’t think the movie was good so they didn’t advertise, but it gained a cult following by word of mouth.
プロデューサーはその映画が良いとは思えなかったので宣伝をしなかった。しかし、くちこみでカルト的な人気を得た。

I don’t have money to promote my restaurant so I hope people hear about it by word of mouth.
自分のレストランを宣伝するお金がないので、人々にくちこみで耳にしてほしいと望んでいる。

他に関連項目としてphrase(フレーズ)やsentence(センテンス)といった言葉の違いについてまとめた記事があるのであわせてご覧ください。

ピックアップ記事

  1. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  2. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  3. 英語のマネージャー(manager)とは何を指すのか?
  4. fuck(fucking)についての考え
  5. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ

関連記事

  1. involve

    英単語の意味と使い方

    involveの意味と使い方

    involveは「巻き込む」の意味で覚えている方も多いと思いますが、実…

  2. メイキャップ

    和製英語とカタカナ英語

    化粧を英語で「メイク」と「メイキャップ」という時は注意が必要

    化粧のメイクを「make」としてしまうと作るの意味しかないので英語とし…

  3. stimulate

    英単語の意味と使い方

    「刺激する」のstimulate, provoke, spark

    「~を刺激する、興奮させる、元気づける、かき立てる」などの表現があり、…

  4. カスタマイズ

    英単語の意味と使い方

    customer / custom / customizeの違い

    カスタマイズするなどカタカナになっている単語ですが、英語で似たような言…

  5. sum

    イディオム・熟語・慣用句

    sum upの意味と使い方

    エクセルなどの関数にも登場しますがsumは「合計する」といった動詞や「…

  6. イニシアチブ

    英単語の意味と使い方

    initiative(イニシアチブ)の意味と使い方

    イニシアチブは「主導権」などの意味で、ビジネス界隈のカタカナ英語でも聞…

おすすめ記事

  1. bread
  2. カタカナ都市名
  3. 保証する
  4. 仕事
  5. lay-lie
  6. ジブリ
  7. yera-old
  8. シューズ
  9. middle finger

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. プリンシパル
  2. So am I
  3. profile
  4. attack
  5. ハラスメント
  6. お客さん
  7. and-up / or more
  8. チェック柄
  9. company
  10. 基準を満たす
  1. カーブ

    和製英語とカタカナ英語

    「カーブ」のcurb / curve / carve / carbの違い
  2. buyとpurchase

    英単語の意味と使い方

    buyとpurchaseの違い
  3. spy

    スラング

    スパイ・諜報機関の英語表現
  4. record

    英単語の意味と使い方

    recordの意味と使い方のまとめ
  5. スペクタクル

    英単語の意味と使い方

    脅威のスペクタクル!のspectacleとはどういう意味か?
PAGE TOP