until

untilの使い方に納得できなかった話

東京オリンピックの佐野研二郎氏のロゴ問題を取り上げたニュースで「until」の使い方にどうしても納得できなくて時間をかけて確認したことがあります。

例えば以下のような文章があります。

It was raining until the game started.
(ゲームが始まるまで雨が降っていた)

このゲームがはじまった後に雨はどうなったのか? が明確にわかる人ならば、この記事を読む必要はないと思います。結果的にはこの考え方の応用です。

前後の文脈を含めるとニュースでは以下のように使われていました。

「9月1日、東京オリンピック組織委員会は、佐野研二郎氏によってデザインされたオリンピックのエンブレムをもはや使用しないことを発表した。」

「当初より、エンブレムへの世間の反応は生ぬるいものだった。その後、フランス人デザイナーのオリビエ・ドビ氏は、東京オリンピックのエンブレムは、彼がデザインしたベルギーにある劇場のロゴマークの模倣である、と非難した。」

このあたりはみなさんの記憶にある部分だと思います。次の文章でのuntilの使い方です。

Although the committee staunchly stood by Sano’s emblem, other related accusations of plagiarism continued to pile up until they could no longer continue.
(オリンピック組織委員会は断固として佐野氏のエンブレムを擁護していたが、佐野氏の他の作品が盗用ではないかという非難が相次ぎ、やがて委員会はもはや支持を続けることが出来なくなった。)

untilに感じる疑問

上級者の人には問題ないかもしれませんが、この「until(~まで)」の使い方にどうしても納得できなくてもがいていました。

センテンスの後半部分は以下の要素から構成されています。

①他の作品にも盗作の告発がぞくぞくと相次いだ
②委員会はもはや支持できなくなった

この2つの事実を「until(~まで)」で繋ぐのが、うまく納得できなかったんですよ。

何も考えずに訳すと「委員会がもはや支持できなくなるまで、盗作の告発が相次いでいた」となります。

なんとなく以下の疑問を感じました。

【疑問1】:原因と結果の因果関係が変に感じる。委員会が支持しようがしまいが、告発はあったと思う。

【疑問2】:委員会がロゴの廃止を決めたあとの現在も、佐野氏の盗作告発はやんでいない。

この2つの文章を「告発が相次いだ、だから(so)、委員会は支持をやめた」や「委員会は支持をやめた、なぜならば(because)、告発が相次いだから」といったso、becauseでつないでくれれば納得できる気がします。

なんでuntilなんだろう?と不思議だったんですよね。

調べて聞いてみる

文法書は『総合英語FOREST第7版』『一億人の英文法』『徹底例解ロイヤル英文法』を使っています。

受験生には「FOREST」、社会人には「一億人の英文法」、職業にするような人は「ロイヤル英文法」ぐらいのおすすめ度です。

いろいろ調べたんですが納得いく回答がなく、ネイティブに確認をとりました。

ネイティブの回答

再び、冒頭で触れた文章に戻ります。

It was raining until the game started.
(ゲームが始まるまで雨が降っていた)

ここで疑問なのは、ゲームがスタートした後は雨はやんだのか? という問題です。

答えとしては「書いてないのでわからない」です。引き続き降っていたか、あるいはスタート時でやんだのかは不明です。

①のように書かれると「じゃあ、スタート後は雨がやんだな。雨だと試合もできないだろう、ゲームがはじまったということは雨はやんだんだろう」と勝手に想像してしまうかもしれません。

叙述トリックのように思えてしまいますが、文章は何もいってないです。そもそも室内でやる卓球の試合かもしれないですよね。

ここからわかるのは「ゲームスタート時までは雨が降っていた」という、この事実のみです。

untilが表せるのは時間の継続のみです。そこには因果関係や原因の説明などはありません。また、untilが示した時点以降のことについても記載されていない限りは何もわかりません。

ニュース文に当てはめる

すでにニュースやネットで他の情報を知っていたり、勝手に想像力を働かせると「until」が表現できること以上のものを頭の中に描いてしまい、自滅していく感じでしょうか。私がはまってしまったパターンです。

①他の作品にも盗作の告発がぞくぞくと相次いだ
②委員会はもはや支持できなくなった

ここでわかるのは「委員会が支持をやめるまで、告発が相次いでいた」という時間的な事実のみですね。その後に告発が続いたか止まったかの状況には触れていないし考慮もされていません。またどっちが先に起こったといった因果関係もありません。

ただ純粋に「委員会が廃止を決定したその日まで(until)、世の中では佐野氏への盗作の告発が相次いでいた」というその事実のみが、このセンテンスには書かれています。

「until(~まで)」でいいと思いますが、その後については何も意味しないので、勝手に想像するなという話でしょうか…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  2. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  3. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  4. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  5. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

関連記事

  1. cover

    英単語の使い方と単語比較

    cover(カバー)のさまざまな意味

    調べたり聴いたりしてわかりましたが、英単語のcoverは本当に幅広い意…

  2. 自動車

    スラング

    英語の自動車用語いろいろ

    自動車に関連するニュースは定期的に取り扱うことになりますが、そのたびに…

  3. 犯罪用語一覧

    英単語の使い方と単語比較

    ニュースに頻出の犯罪用語まとめ

    犯罪にまつわる用語でaccus、charge、arrestなどが時系列…

  4. writing is on the wall

    イディオム・熟語・慣用句

    writing on the wallの意味

    ニュースでもたまに用いられる「writing on the wall」…

  5. 厚化粧

    微妙な日本語の翻訳

    「厚化粧」を英語でなんというか?

    2016年の都知事選は、選挙前から小池百合子氏への非難が話題になりまし…

  6. 警察官

    文化と体験

    警察組織の英語まとめ

    アメリカの映画などを見ているとFBIやCIAなどさまざまな警察関連の組…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

最近の記事

  1. upset
  2. 勝敗の英語
  3. 選挙用語
  4. underneath
  5. トラフィッキング
  6. ターンオン・ターンオフ
  7. shaming
  8. デブ・太っている
  9. featuring
  10. pay / cost
  1. terribly

    英単語の使い方と単語比較

    強調の意味のterribly
  2. トラフィッキング

    英単語の使い方と単語比較

    traffickingの意味(人身売買・交通関係)
  3. whereas

    英文法とライティング

    whereasとbutの違い
  4. upset

    英単語の使い方と単語比較

    英語で番狂わせを意味するupset
  5. badly and poorly

    英単語の使い方と単語比較

    badlyとpoorlyの使い方
PAGE TOP