トランプ

和製英語の検証「トランプ(trump)」

和製英語を検証していくシリーズの第二弾は「トランプ(trump)」です。

これもよく和製英語の代表として取り上げられ、英語ではcardsやplaying cardsが一般的です。

起源についてははっきりしていないそうですが日本には16世紀にポルトガル式が、明治以降は英米式が普及していったようです。

trump

trumpという言葉そのものは英単語として確かに存在しています。

いくつかのカードゲームには「trump cards」が存在しており、絶対に負けることのない勝利を保証するようなカードを指します。

大富豪/大貧民におけるジョーカーや「2」などが該当するでしょうか(状況やルールにもよりますが)。

日本語では「切り札、奥の手」といった感じで解釈しても遠くはないと思います。

そこから意味が広がって動詞でも「(奥の手を使って、切り札を使って)勝つ」といった意味もあるにはあります。

①He trumped me.
= He (strongly) defeated me.

あるにはあると書いたのは、スティーブによると、こういう表現をほぼ誰もしないからです。①のような表現は日常会話レベルではあまり使われないたぐいの言葉です。

人が人に対してよりも、カードやツールなどが相手のカードやツールなどを打ち負かすことに使うのがまだ自然だそうです。

まだ次の②のような表現は可能性があります。

②I played my trump card.
= I did a strategy that guaranteed my victory.
(勝利を確定させるような手を使った、切り札を使った)

②はスポーツ、ビジネス、戦争などさまざまな場面で使うことは可能ですが、やはり使うのはまれな表現ではあるそうです。

全体的にいえるのは「trump」という単語そのものが、そんなに使わない言葉になっています。

今ではtrumpといえばドナルド・トランプが思い浮かぶように人名にもなっています。

実際にドナルド・トランプが大統領選で話題になった頃から、ひっかけたジョークでこのtrumpが使われるようになったり、選挙のスローガンにも用いられました。

この動詞の使い方をテレビ映像で「Love trumps hate.」で「トランプが嫌い」と超訳して話題になっていました。

上の記事にまとめていますのであわせてご覧ください。

tramp

似たスペルで「tramp」があり、こちらは「浮浪者、ホームレス、誰とでも寝る女」を指したりします。

tramp
trump

She is a tramp.
= She sleeps with many men.
(彼女は誰とでもセックスをする)

A lot of tramps live in that old building.
= Many homeless people live there.
(あのビルには多くの浮浪者がいる)

こちらは良い意味の言葉ではありませんが、まだ使われる単語ではあります。

Shape Of My Heart

直接は関係ありませんがSting(スティング)の『Shape Of My Heart 』はギャンブラーの心境を説明メロディで歌っています。

ジャン・レノと若き日のナタリー・ポートマンが共演した『Leon(レオン)』のエンディングテーマにもなっています。

この中でいわゆるトランプ用語やcardsといった言葉が多用されているのでぜひ聞いてみてください。

歌詞は『Shape Of My Heart』(Google Play Music)こちらにあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  3. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  4. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  5. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方

関連記事

  1. ピエロ

    世界とアジア

    ピエロ(pierrot)が英語圏で通じない

    2016年の夏頃から英語圏で「creepy clown(気味の悪いピエ…

  2. nude

    英単語の使い方と単語比較

    nude(ヌード)とnaked(ネイキッド)の違い

    2つとも裸であることを表してはいますが、共通して同じ意味で使うことも可…

  3. far

    英文法とライティング

    farの比較級(farther / further)について

    farの比較級、最上級は2種類あり、ややこしいので整理しておきます。…

  4. suffer

    英単語の使い方と単語比較

    sufferとsuffer fromの使い方

    sufferは「苦しむ、嫌なことに耐える、我慢する」などの意味がありま…

  5. パイオニア

    英語の使い方

    パイオニア編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュースマガジンTIMEが『最も影響力がある100人』として…

  6. news

    英文法とライティング

    英語ニュースの見出しの文法とルール

    英語のニュースの見出し・ヘッドライン(Headlines)は独特の表記…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. タッチ

    英単語の使い方と単語比較

    touch(タッチ)は性的な意味で受け止められる
  2. feather in the cap

    イディオム・熟語・慣用句

    feather in the cap(羽の付いた帽子)
  3. stimulate

    英単語の使い方と単語比較

    「刺激する」のstimulate, provoke, spark
  4. put on / wear

    イディオム・熟語・慣用句

    put on / wear / take offと服装の関係
  5. 本当は好きじゃなかった

    微妙な日本語の翻訳

    本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
PAGE TOP