試験・テスト

「テスト(試験)の結果」に関連する英語

人生の中ではさまざまな試験やテストを受けますが、その結果について話すことも多いと思います。

「テストの結果が悪かった/良かった」や「試験はどうだった?」みたいな会話はよくあります。

これらの英会話表現に加えて、テスト関係の用語、配点の話などを整理してみます。

テストの点数についての会話表現

テストの点数についての会話をいくつかご紹介します。良かった悪かったさまざまな聞き方、答え方があると思いますが以下の会話を参考にしてください。

A: How did you do on the test?
A: テストどうだった?

B: Great. I got 90%.
B: よかったよ。90%は取れたね。

A: What did you get on the exam?
A: テストはどれくらいだった?

B: I only got 20 out of 50.
B: 50点中たった20点だったんだ。

A: Did you get the results back from the test?
A: テストの結果はかえってきた?

B: Yes. I passed with an 85%.
B: うん。85%で合格したよ。

I failed the examination.
試験に不合格だったよ。

合格の場合はpass、不合格の場合はfail(過去形:failed)を用いるのが一般的です。何点足りなかったみたいな表現は以下のような形です。

I failed Eiken level two by five marks.
英検2級に5点足りずに不合格だった。

I passed Eiken level two by five marks.
英検2級に5点プラスで合格した。

また点数の表現で「100点中の80点だった」のようなout ofを使うことについては別の記事にまとめています。

testとexamination(exam)の違い

「試験」という意味で同じですがexamの方が主要、大きな試験に対して使われます。

またexamよりexaminationのほうがよりフォーマルに聞こえる程度の差があります。

単語が長いので少し発音しにくい部分もあります。以下の音声ファイルを参考にしてください。

examination【igzæ̀mənéiʃən】

We had a year-end examination / exam in geography class.
私たちは地学の年度末試験があった。

I passed all my examination / exam.
すべての試験を合格した。

上の例文でも特に違いはありません。すこしexaminationのほうが堅い感じがする程度です。基本的にはすべての試験で置き換えが可能だと思って間違いありません。

学校などで行われる筆記試験以外でも、たとえば血液検査(blood test = blood examination)や走行テスト(driving test = driving examination)といっても問題ありません。

一方のtestはより重要ではない、細かい試験などに使われます。学校で毎日やるようなミニテストなどが「quiz」と表現されたりもします。

We have a spelling test every week.
毎週、スペルのテストがある。

I took a blood test yesterday.
血液テストを昨日、受けた。

また試験を受けることはtake onやtakeが使えます。take onのほうが少し挑戦している感じが出ます。

He took on the TOEIC test.
彼はTOEICのテストに挑んだ。

He took the TOEIC test.
彼はTOEICのテストを受けた。

これはチャレンジの問題にもつながるので以下の記事も参考にしてください。

test(動詞)

動詞で使うと「試験・検査を受ける」「検査する、試験する」の意味にももちろんなります。これはカタカナのテストすると同じような意味です。

The latest breakthrough in cancer treatment is being tested.
最新のがん治療における大発見がテストされている。

A team at Kyoto University is testing a charging system for a motor-assist bike that works via microwaves.
京都大学のチームが、電動自転車のマイクロ波による充電システムの実験を行っている。

テストの点・配点について

カナダ人のスティーブが「日本人はよくテストの話題になると”ポイント”という単語を使うけど、その使い方がちょっと変だと思う」と言っていました。

おそらく彼がいうのは「この問題はポイントが高い」などの使い方だと思います。日本語でいう「点」にあたる部分です。

個々の配点などについてはmarkを使うのが一般的です。

He lost marks for spelling mistakes.
彼はスペルをミスして点を失った。

▲ He lost points for spelling mistakes.
(こういう言い方をあまりしない)

He always gets high marks in math.
彼は数学で高い点をいつも手に入れる。

▲ He always gets high points in math.
(同じくこの言い方をしない)

A: How many marks is this question worth?
A: この問題は何点分の配点?

B: This question is worth five marks.
B: この質問は5点です。

このBのセリフのような場合には日本人は「five points」といってしまうけど、この使い方をしないといった意味です。

score(スコア)について

最終結果の「score」ともまた別の話になり、スコア(score)について話すときは、特に何もつけません。

A: What was your score on the test?
A: 試験の結果は何点だった?

B: I got 20 out of 25.
B: 25点中の20点だよ。

A: What did you get on the TOEIC test?
A: TOEICのスコアは何点だった?

B: I got a 620.
B: 620だったよ。

日本人だと620「点」に引きずられて「620ポイントだったよ」と英語でいってしまいますが、この使い方をあまりしないそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  2. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  3. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  4. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  5. 英会話スクールの講師になる方法

関連記事

  1. コンペ

    英単語の使い方と単語比較

    compete / competitiveなど競争関連のまとめ

    ニュースにcompetitive(競争の、競合する)といった単語が登場…

  2. 下痢

    英単語の使い方と単語比較

    下痢(diarrhea)に関する英語表現

    diarrheaは「下痢」のことですが、英語圏では広く、医者を除いて公…

  3. 透明

    英単語の使い方と単語比較

    透明、半透明、スケルトンを英語で言う

    結論から書くと「スケルトン」は英単語としては存在しますが、カタカナでい…

  4. prove

    英単語の使い方と単語比較

    proveの意味と使い方

    一般的にprove は「~を証明する、~であることを示す」「~であると…

  5. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある

    hotは熱い、暑いを意味するみなさんもよく知る基本単語だとは思いますが…

  6. ブラックジョーク

    和製英語

    和製英語の検証「ブラックジョークとソウルフード」

    ニュースでタイタニック号の沈没をテーマにした子ども向けのすべり台があり…

おすすめ記事

  1. ミッションインポッシブル
  2. lay-lie
  3. 保証する
  4. 眼鏡
  5. シューズ
  6. ifと仮定法
  7. 影響を与える
  8. カタカナ
  9. bread
  10. フリーティー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. coast
  2. 寄付
  3. prove
  4. ミッションインポッシブル
  5. スタントマン
  6. have gone to
  7. pedestal
  8. マイルストーン
  9. 歴史的な
  1. feather in the cap

    イディオム・熟語・慣用句

    feather in the capの意味
  2. intake

    英文法とライティング

    take in → intakeのような名詞
  3. ヒップスター

    スラング

    hipster(ヒップスター)とは?
  4. ピリオド

    英文法とライティング

    省略の記号としてのピリオド(period)
  5. ハーフ

    文化と体験

    外国人のhalf(ハーフ)について
PAGE TOP