tend to

tend to + 動詞・名詞の使い方(例文付き)

tend toは後ろにくるものが動詞か名詞かで意味合いが異なります。

動詞が来た場合には「~しがちである、~する傾向がある」の意味になります。名詞が来ると「~に気を配る、~に付き合う、~の世話をする」の意味として使われます。

特に意味として難しい要素はありませんが、使い方は例文を参考にしてください。類似のattendも一緒に取り上げています。

tend to do(動詞)

tend toは動詞を後ろにおいて「~しがちである、~する傾向がある」としてよく登場します。使い方は例文を参考にしてください。言い換えると「usually do」です。

He tends to watch TV in his free time.
彼は自由な時間にテレビを見る傾向がある。

I tend to have a beer at the end of the day.
1日の終わりにはビールを飲む傾向がある。

She tends to read books about vampires.
彼女はヴァンパイアに関する本を読みがちだ。

名詞はtendency(傾向)になります。habitなどと比べると、その度合いが弱く、人間以外の自然現象などにも使うことができます。

類似の言葉との比較も含めてまとめた記事があります。

tend to 名詞

世話をする

後ろに名詞が来る場合は「~に気を配る、~に付き合う、~の世話をする」で、言い換えると「take care of」です。

特に怪我に対してこの表現が用いられることが多いです。

The doctor tended to his broken ankle.
医者は彼の骨折した足首に気を配った。

I tend to my sick mother.
私は病気の母親の世話をしている。

He tends to his sick aunt on the weekends.
週末に彼は病気の叔母の世話をしている。

After she fell off her motorcycle, paramedics tended to her injuries.
彼女がバイクから落ちた後で、救急隊員は彼女の怪我の世話をした。

Mr. Smith is tending to a customer now. Can I help you with something?
今、スミス氏はお客さんの世話をしています。何か私にできますか?

先に紹介した「~しがちだ、~する傾向がある」の例文を以下のように変えてみます。

He tends to his TV in his free time.
彼は自由な時間にテレビに気を配っている。

変ではありますが、すごく高級なテレビを買って自由な時間に磨いたりメンテをしているならば、表現としては可能です。

bartender

バーテンダー

世話をするなどは「bartender」などの言葉に見られます。バーで世話をする係です。

この「世話をする、気を配る」の意味では、後ろのtoがしばしば省略されます。特にバーテンダーについて話している時などに顕著です。

〇 She tends bar at the hottest club in Manhattan.
彼女はマンハッタンで最も人気のクラブで働いている。

△ She tends to customers at the bar in the hottest club at Manhattan.
(同じ意味ですがまわりくどい)

関係あるのかは不明ですが、tenderには「やわらかい」などの意味もあります。

These cookies are very tender.
このクッキーはとてもやわらかい。

attend to

同じ「世話をする、気を配る」の意味ではattend toも使われます。

He attends to his sick aunt on the weekends.
(上の例文と同じ意味)

After she fell off her motorcycle, paramedics attended to her injuries.
(同じ意味)

しかし、attend toはtoを省略しません。attendだけでは「出席する」の意味になります。

I will attend class today.
今日はクラスに出席するだろう。

Are you going to attend the seminar today?
今日、セミナーに出席する予定なの?

attendについては単独でまとめた記事があるのでご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  2. 英会話スクールの講師になる方法
  3. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?
  4. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  5. present(現在・出席・贈り物)の意味を考える

関連記事

  1. 信じる

    イディオム・熟語・慣用句

    believeとbelieve inの違いについて

    believe(信じる)といった意味の単語ですが、日本語でも「信じる」…

  2. マジシャン

    英単語の意味と使い方

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当…

  3. プロポーズ

    英単語の意味と使い方

    propose / proposalの使い方

    カタカナでは結婚の申し込みとして知られる「プロポーズ(propose)…

  4. マニア

    和製英語とカタカナ英語

    和製英語の「マニア(mania)」の意味を考える

    カタカナと英語でかなり使い方が違う単語に「マニア(mania)」や「マ…

  5. refuse / reject

    英単語の意味と使い方

    reject / refuse / decline / denyの違い

    すべて「断る、拒絶する」に関する似た言葉ですが、それぞれ基本的な使い方…

  6. close

    英単語の意味と使い方

    close(閉じる、親しい)とclosed(閉店)の違いについて

    closeという単語が少しややこしい点は大きく「閉める」という動作と、…

おすすめ記事

  1. タクシー
  2. lay-lie
  3. ツイッター
  4. asas
  5. hatena
  6. カタカナ都市名
  7. 支持する
  8. capital-letter
  9. ファックについて
  10. yera-old

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. retouch
  2. video-game
  3. best-seller
  4. medicine
  5. fly
  6. shit
  7. expire
  8. designate
  9. via
  10. ポピュラー
  1. famous

    英単語の意味と使い方

    「有名」のfamous / infamous / notoriousの違い
  2. icon

    文化と体験

    アイコン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人
  3. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある
  4. both

    英文法とライティング

    neither / either / both / の使い方
  5. カタカナ都市名

    英語の使い方

    カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
PAGE TOP