speak

speak up / out / oneselfなどspeakを使った表現

speak+前置詞など(up,out,of,oneself)で細かなニュアンスが表現できます。アプリの中で別々に登場したものですが、それぞれ表現を整理して例文を加えています。

基本的にはspeakの持つ「何かを声に出す、話す」ことですが、ここから意味が派生していきます。

あらためてみるとけっこうややこしい感じもあります。

speak

シンプルに何かを言うことで、「話す」と考えてもいいと思います。活用は中学校で習ったように「speak-spoke-spoken」です。

She spoke about the situation in the Middle East.
(彼女は中東の事情について話した)

He often speaks about politics.
(彼はしばしば政治について話す)

speak out

この「speak out」の形では「意見を言う」といった感じで主張が入ってきます。

She spoke out about the situation in the Middle East.
(彼女は中東の事情について意見をいった)

He often speaks out about politics.
(彼はしばしば政治について意見を言う)

speak up

speak upについては2種類の意味があるので項目をわけてみます。upがついているので、共にあげることを意味しています。

声のボリュームをあげる

1つは「声の音量をあげる、声を大きくする」といった意味になります。

Can you speak up? My ears are bad.
(もっと声を大きくしてくれますか? 耳が悪いので)

You’ll have to speak up, because my phone signal is weak.
(私の電波が弱いので、あなたは声をあげないといけないだろう)

(難しい状況で)意見を言う

もう1つが「意見をいう、率直に主張する、はっきり言う」ことで、難しい状況などに使われます。

He finds it hard to speak up when his father is ranting about politics.
(彼の父親が政治についてどなっているとき、彼は意見を言うのが難しいとわかっている)

If you don’t like what the government is doing you should speak up.
(政府のやることが気に入らないならば、あなたは声をあげるべきだ)

これも考え方として音をあげることは、相手により伝えていく感じと同じイメージです。

物理的な音をあげるのか、心の中にある意見のようなものを強く主張する(あげる)かの違いと考えれば、イメージとして近いです。

to speak of

これだけだと「~について語る」ですが、通常はその前にNOなどを伴って「語るに足りる◯◯がない」「語るには十分ではない」といった否定の意味を構成するのが一般的です。

I have no experience playing baseball to speak of.
(私は野球を語るに足りるぐらいのプレー経験がない)

上の例文の場合「野球のプレー経験がない」とはいっていません。おそらく数回はプレーしたことがあるけど、野球について語るには足りてないよ、といった意味になります。

Until now, the app has had no updates to speak of.
(今までに、このアプリは語るに十分なアップデートをしていない)

バグの修正など細かなアップデートはしているけど、全体を論じるほど大掛かりなアップデートはまだやっていないことを指しています。

speak of

speak of(~を口にする、~のことを話す)としても普通に使われます。

People often speak of political scandals.
(人々はよく政治スキャンダルのことを話す)

speak for oneself

「説明する必要もない、明らかなことだ」という意味で使われます。

The President’s record speaks for itself.
(大統領の記録を見れば明らかだ)

Apple’s fourth quarter results speak for themselves.
(アップルの第4四半期の結果は明らかだ)

説明するほどでもない明らかなことではありますが、良い意味と悪い意味で使えるので、文脈で判断するしかありません。

日本でも「言うまでもない」と書いているケースで、筆者のひとりよがりみたいなケースもまれにあります。

speak for yourself

直訳すると意味は「あなた自身に言え」ですが、意味としては相手のいったことに同意しない場合に使われることです。

「あなたはそう言うんでしょうけど(私はそう思わない)」「一緒にしないでくれる」「私は違う」「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」といった意訳になります。

A: The new Star Wars movie is really great.
(新しいスターウォーズの映画は本当に面白いよ)

B: Speak for yourself. I hated it.
(一緒にしないで。私は嫌いだし)

speak up for oneself

speak up for oneself になると「はっきりと言う、はっきり意見を述べる」などの意味になります。これはニュアンスとしてdefiantly(挑戦的に、反抗的に)といった感覚に近いものです。

Don’t let your coworkers bully you. Speak up for yourself!
(同僚にいじめられっぱなしじゃだめ。はっきりいいなさいよ!)

The President’s conference gave many environmentalists a chance to speak up for themselves.
(協議会では多くの環境保護主義者に自分の意見をはっきりと言う機会が与えられた)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  3. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?
  4. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

関連記事

  1. ウエスタン

    英単語の使い方と単語比較

    east/westとeastern/westernの違いについて

    基本的には品詞の違いがあります。east/westは名詞であり「東、西…

  2. owl

    スラング

    ふくろう(owl)にまつわる英語表現

    独特の風貌や夜行性の性質、鳴き声もあって特徴的な表現がいくつか存在して…

  3. カットイン

    英単語の使い方と単語比較

    cut inとcut offの違い

    似たような「cut in」と「cut off」の表現が登場したので違い…

  4. contain

    英単語の使い方と単語比較

    例文で見るcontainとincludeの違い

    なかなか違いがわかりにくい言葉ですが共に「~を含んでいる」といった意味…

  5. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる

    raise eyebrowsを直訳すると「眉毛をあげさせる」ですが、誰…

  6. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる

    かかる時間を表すtakeに関してネイティブの意見を交えながら掘り下げて…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. if

    英文法とライティング

    ツンデレのifについての謎
  2. VOTE

    アメリカ

    アメリカの予備選挙(primary election)について
  3. suffer

    英単語の使い方と単語比較

    sufferとsuffer fromの使い方
  4. コールド

    英単語の使い方と単語比較

    cold(冷たい)とa cold(風邪)の違い
  5. stimulate

    英単語の使い方と単語比較

    「刺激する」のstimulate, provoke, spark
PAGE TOP