シューズ

靴(shoes)の単数形と複数形

英語は複数形と単数形にうるさい言語だと思いますが、その中でも日本人が「1つ」であると認識するものでも複数形で表記しないといけない単語があります。

「shoes(シューズ)」や「pants(パンツ)」などが代表的です。

この中でも履物のshoesやsocks(ソックス)のように、明らかに2つで1組になっているものについて整理してみます。

靴以外についてお探しの方は『メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形』『パンツ(pants)が複数形になる理由』をご覧ください。

靴(shoes)や靴下(socks)

シューズやソックスなどの履物は、通常は複数形で登場することが多いです。

socks(ソックス・靴下)shoes(シューズ・靴)は物体として左右で2つあるので、日本語では「一足」であっても英語では複数形として扱います。

また手や耳につけるearrings(イヤリング)やgloves(手袋)も同様の扱いを受けます。

これらを数える場合にはa pair of(1組の)を使います。

I want a pair of earrings.
左右で1組のイヤリングが欲しい。

I want a pair of shoes.
クツが1足ほしい。

I want two pairs of shoes.
クツが2足ほしい。

単数形のshoe

慣用句や古い単語、片方限定で指す場合などには単数形が見られることがあります。

シューズや手袋、イヤリングなどはまだ単数形で表現する可能性があり、例えば片方だけ靴が見当たらない場合には以下の表記になります。

Where is my shoe?
俺のクツ(片方)どこだよ?

I lost my earring.
イヤリングを片方なくした。

ジャスティン・ビーバーがコンサート中に靴を会場に放り投げたシーンを扱ったニュースでは「shoe」と単数で登場しました。

コンサートを見ていた女の子の彼氏がたまたま片方をキャッチしています。

Her tall boyfriend just happened to be in the path of Bieber’s Yeezy brand shoe after the singer flung his pair into the crowd.
彼女の背の高い彼氏が、ただビーバーが観衆に向かって投げ捨てたイージー(アディダス)の靴の進路に居合わせただけだった。

また靴屋は一般的には「shoe store」のように単数形になります。

There is a big shoe store here.
ここに大きな靴屋がある。

単数形と複数形の表現の比較

日常英会話レベルではあまり気にするほどではありませんが、以下の文章はネイティブスピーカーが読んでも多少の曖昧さが残ります。

①He always wears red shoes.

②He always wears a pair of red shoes.

「彼はいつも赤い靴を履いている」ですが、①はどの靴という指定がないので、今日はナイキの赤い靴、次はコンバースの赤い靴、その翌日はリーボックの赤い靴といったような、特に指定のない赤い靴を履いていると読まれる可能性が高いです。しかし、まったく同じ靴である可能性も否定できません。

②はまったく同じ赤い靴をいつも履いていると読まれる可能性は高いですが、それでも日に日に異なる別の赤い靴を履いていると読めないこともありません。

日常会話レベルでは①も②も使われますが、もし学校などの試験で正確に書く必要があるならば表現を選んでもいいと思います。

もし明確にまったく同じ靴を履いていると書きたいならば以下の文章だと誤解がありません。

③He always wears the same pair of red shoes.

ナイキの靴、ほしい?

ナイキの靴が欲しい場合の以下の表現を比較してみます。

④Do you want Nike shoes?

④も普通は1足だと判断されると思いますが、文章では何足とも書いていないので、10足でも100足でもありえます。

⑤Do you want a pair of Nike shoes?

⑤の書き方だと明確に「ナイキの靴、1足ほしい?」と聞いています。

会話表現では文脈で常識的に判断されるものです。

また特定のブランドのシューズを漠然と欲しい場合はブランド名を複数形にすることも可能です。

Do you want New Balances?
Do you want Nikes?
Do you want Reeboks?

代表的な靴の種類

さまざまな靴の種類があり、基本的にはどれも複数形で扱われる性質を持っています。あげていけばきりがありませんが代表的なものは以下の通りです。

waders
galoshes
high-tops
loafers
moccasins
flip-flops
slippers
socks
clogs
flippers

She wears high-heels.

She wears a pair of high-heels.

問題になるのは外国語の場合で、例えば「下駄(ゲタ)」をどう扱うか? 複数形にする必要があるかどうかは明確なルールがありません。

getasとするのかgetaとするのか、pair ofをつけるのか、はっきりとしません。

これはsushiを複数形にするのか、単数形で扱うのかなど、外国語にはよくある問題です。特にsushisと複数形になるのはあまり一般的ではありません。

以下、少し特徴的な靴をピックアップしてみます。

スリッパ(slippers)

あまり英単語として認識したことがありませんでしたがスリッパはslippersで英語です。shoesと同じで2つ1組のため複数形になります。

slipにはカタカナの「スリップに注意」と同じ滑るの意味もありますが、滑らせるようにすばやく着脱する、といった意味もあります。

I slipped on a pair of shoes.
(素早く)靴を履いた。

I slipped on a jacket and went outside.
素早くジャケットを着て、外に出かけた。

靴のスリッパ(slippers)とはここから「すべらせるように素早く履くことができる靴」みたいな言葉になっています。

slip-onという言葉もあって「滑るように簡単に着脱できる、着脱の容易な」という意味です。スリッポンという種類の靴もありますが、靴だけでなくさまざまなものに使えます。

I bought a pair of slip-on rain shoes.
私は着脱が容易な雨靴を買った。

flip-flops

履物関係でいえばsandals(サンダル)、flip-flops(フリップフロップス)、boots(ブーツ)なども同じく、通常は複数形で用いられます。

flip-flopsはヒールのない安っぽいサンダルのことです。日本語でいう「ビーチサンダル」が近いと思います。

flip-flops

サンダルとの厳密な区別はなく、一般的にはヒールがなく、ペラペラの「安っぽいもの」というイメージがあります。

He jumped into the pool but he was still wearing his flip-flops.
彼はプールに飛び込んだが、まだサンダルを履いたままだった。

I always wear flip-flops when I use a public shower.
公共のシャワーを使うときには、いつもサンダルを履く。

カタカナの「beach sandals」について、カナダ人のスティーブは「個人的には使ったことがない」といいつつも、英語的には普通で意味はよくわかるし変ではないと思うといっています。

ネットで検索すると海外サイトでも「beach sandals」が使われているケースもありますが、flip-flopsのほうが圧倒的に多かったです。

flip-flop(突然変更する)

flip-flopは動詞で「意見や方針を突然変更する」といった意味でも使われます。

The president is flip-flopping over the issue of abortion.
大統領は中絶の問題に対して急に態度を変更している。

If the CEO keeps flip-flopping this company can’t move forward.
もし社長がころころ態度を変更し続けたら、この会社は前に進めない。

動詞で使えるので、以下のような文章もありえます。

①The CEO flip-flops.
社長は急に態度を変更する。

②The CEO wears flip-flops.
社長はビーチサンダルを履いている。

①の例文のSは三単現のSです。②の例文は複数形のSなので、似ていますがまったく意味が異なります。

a pair ofの使い方

言葉の意味としては「1組の、1対の」ですが、文脈によっては単純に「2個」の意味しかありません。

I have a pair of cars.
=I have two cars.

この言い方をする必要はどこにもありませんが、上の場合「2台の車を持っている」としかいっておらず、別に同じ車種の色違いのように対・組になっている必要はありません。

Two mangoes were sold today. The pair went to a restaurant in Tokyo.
2個のマンゴーが今日、売れた。このペアは東京のレストランに行った。

このように使えて、pairは「風神・雷神」のように対になっている必要はないという話です。

ここからは余談ですが以下のような会話が成立します。

How many shoes do you have?
靴を何足持っている?

英語で上のような質問をされたときに以下のように答えることができます。

I have ten pairs.
=I have 20 shoes.

靴の片方を1つとカウントして20と答えることも、10組と答えることも可能です。

しかし、厳密には以下のようにうがった解釈が可能です。

I have a pair of socks.
(靴下を1足、持っている)

⑦I have two socks.

厳密には上の⑦の場合には対になっていない、右が青色、左がキティーちゃん柄の靴下を持っていると解釈することも可能です。

I have two pairs of socks.

⑧I have four socks.

上の⑧の場合だと4つの右足だけの、ぜんぶバラバラの靴下を持っていることも、うがった見方をすると可能になります。

もし正確に対・セット、まったく同じ形になっていることを伝えるならば以下のような言い方が可能です。

I have a pair of matching socks.
1対のマッチしたソックスを持っている。

代名詞を使う場合の注意

細かな文法上のルールになりますが、以下のような文章はやや正確性にかけます。

New Balance shoes are one of the few made in the USA.
(ニューバランスの靴は数少ないアメリカ生産の靴の1つだ)

みんな気にしていない、ごく普通に使われていますが、この場合のone of the(~の中の1つだ)は文法的にはoneは単数形を指し、ここではシューズを指しています。

シューズ(shoes)は常に複数形なので、シューズに対して単数形を表すoneを使うのは文法的な正確さにややかけるだろうという話です。

文法的な正確さを追い求めるならば以下のように書けます。

New Balance shoes are among the few made in the USA.

There isとThere are

shoesが複数形なのでThere isとThere areの書き方も注意が必要になります。どこの部分を単数形にとっているか、複数形にとっているかで判断してください。

There is a shoe.
(片方だけのクツ)

There are shoes.
(何足かは不明ですが複数)

There is a pair of shoes.
(靴が左右で1足)

There are two pairs of shoes.
(左右1足のクツが2組)

当然、thisではなく、一足であってもtheyになります。

関連項目のご紹介

この複数形と単数形の問題を扱った記事は他にもあるので、あわせてご紹介します。

パンツ、トランクスなどが複数形になる理由については以下の記事にまとめています。

日本人にはあまり感覚がないハサミと眼鏡の複数形については以下の記事をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?
  2. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  3. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  4. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  5. rich / wealthy / well off / abundant / a…

関連記事

  1. manager

    和製英語とカタカナ英語

    英語のマネージャー(manager)とは何を指すのか?

    カタカナの「マネージャー」も英語と少し違った意味で使われている言葉の1…

  2. 色を塗る

    英単語の意味と使い方

    pale, light, deep, vividなどの色の表現の違い

    現在の日本では色鉛筆、クレヨンなどに「肌色(はだいろ)」の名称が使われ…

  3. 下痢

    英単語の意味と使い方

    下痢(diarrhea)に関する英語表現

    diarrheaは「下痢」のことですが、英語圏では広く、医者を除いて公…

  4. 英単語の意味と使い方

    double / dual / twinの違い

    ダブル、デュアル、ツインはそれぞれカタカナでもよく聞かれるなじみのある…

  5. stop / halt / cease

    英単語の意味と使い方

    stop / halt / ceaseの違い

    stop / halt / ceaseはどれも何かの動作などに関連して…

  6. ロマンス

    和製英語とカタカナ英語

    英語のロマンティックとは何か?

    カタカナでもよく「ロマンティック(romantic)」が使われますが、…

おすすめ記事

  1. ジブリ
  2. adjective(形容詞)
  3. hatena
  4. カタカナ
  5. 英語の先生
  6. 倍
  7. lay-lie
  8. accident / incident
  9. 本当は好きじゃなかった

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. 日焼け
  2. made-of-made-from
  3. cool(クール)
  4. vary
  5. as if / as though
  6. コーナー
  7. grind
  8. wipe
  9. practical
  10. uphold
  1. 英単語の意味と使い方

    correspondの意味と使い方
  2. expect

    英単語の意味と使い方

    anticipate / expect / predictの違い
  3. football

    イギリス

    サッカーのイギリス代表はなぜ存在しないのか?
  4. work

    イディオム・熟語・慣用句

    work+at, for, in, onの違い
  5. アメリカ

    アメリカのコストコがアメックスとの提携を解消
PAGE TOP