最近・この頃

recently, lately, these days, nowadaysの違い

どれも「最近は、近頃は、この頃は」などの意味ですが少しニュアンスが異なります。また使える状況なども少しずつ違ったりするのでややこしいです。

今回もネイティブスピーカーにヒアリングを行いながら違いをまとめてみました。

取り上げる言葉は「recently」「lately」「these days」「nowadays」の4つです。

Lately

Latelyは「最近、この頃」の意味ですが、頻繁に何度も起こったことなどに使います。このことから完了形の文章と一緒に用いられることが多いです。

I’ve been reading a lot lately.
最近、たくさん本を読んでいる。

I’ve been working out lately.
近頃は練習をしているよ。

work outはジムなどのトレーニングですが、このように複数回にわたって行う行為に対して使われます。

したがって1回だけの動作を表す文章には合わないことになります。

I went camping lately.

「キャンプに行った(went camping)」は1回の動作なのでこのような使い方をしません。

I’ve been living in Osaka lately.

「大阪に住んでいる」も継続した1回の動作・行動であるためLatelyを使いません。

Recently

Recentlyも同じ意味ですが、Latelyの意味に加えて1回だけの動作に対しても使えるので、使い道が広くなっています。

I went camping recently.
最近、キャンプへ行った。

I’ve been working out recently.
最近、トレーニングをしている。

Recently, I walk to work.
最近は歩いて職場に行く。

recentlyは「最近は」といった直近の状況に対して使います。

Recently, virtual reality is very popular.
最近はバーチャルリアリティがとても人気だ。

後で紹介する「Nowadays」「These days」がもう少し長い感覚で使われるのに対して、Recentlyはつい最近あったこととして用いられる傾向があります。

しかし歴史的に見れば年単位にもなるし、現代のニュースでは週単位にもなるし、広い意味での「最近」なので規定はありません。

nowadays / these days

この2つは比較的、長い範囲の時間に使われ日本語では「この頃、近頃、近年」など、感覚的には年単位ぐらいを指しています。

また文脈として、「(以前と違い)近頃は」のように比較の意味で用いられることが多いです。

結果、劇的な変化ではなく、社会での年単位で起こるような緩やかな変化に用いられる傾向があります。

また比較的、ゆるやかな変化なので1回きりの動作などには使いません。

社会の変化などを表現する場合「最近はソーシャルネットワークに写真を投稿する人が多い」などは、普通は何度も起こるから社会が変化していっているように感じるのであって、特定の1回の動作を指しているわけではないのと同じです。

These days, virtual reality is very popular.
近頃は、バーチャルリアリティがとても人気だ。

Nowadays, I walk to work.
この頃は歩いて職場に行く。

I’ve been living in Osaka these days.
最近は大阪に住んでいる。

1回きりの動作でも継続して「住んでいる」といった日々の流れがあるような場合にはthese days / nowadaysが使えます。

以下のような表現が変です。

I went camping these days.
(1回きりの動作なので変)

以下はフェイスブックが不適切な画像をばんばん削除していっていることをニュースで取り上げたときの文章です。

Recently, major social network Facebook has removed images with the caption “men are trash.”
最近、大手ソーシャルメディアのフェイスブックは「男はゴミ」とキャプションのついた画像を削除している。

ニュースの時点でフェイスブックがこの手の画像を削除し始めたのは、本当にここ数週間の話だったので、そこで「these days」「nowadays」を使うには時間的に近すぎる感じがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英会話スクールの講師になる方法
  2. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  3. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  4. 「should you choose to accept it」とifの省略
  5. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

関連記事

  1. パイオニア

    英語の使い方

    パイオニア編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュースマガジンTIMEが『最も影響力がある100人』として…

  2. demand

    英文法とライティング

    demandの使い方と仮定法現在

    demand(デマンド)は大きく2種類の使い方をされているのを見かけま…

  3. フィーチャリング

    英単語の使い方と単語比較

    フィーチャリングとフィーチャーの意味

    feature(フィーチャー)はニュースに頻出の単語ではありますが、文…

  4. whereas

    英文法とライティング

    whereasとbutの違い

    接続詞の「whereas」は「~の一方で、~に対して、しかし」といった…

  5. 同情

    英単語の使い方と単語比較

    sympathyとempathyの違い

    sympathyとempathyも区別がつきにくい単語の代表で、非常に…

  6. ハンバーグ

    アメリカ

    英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

    ハンバーグとハンバーガーは明確に違いますが、日本語と英語、国単位で考え…

おすすめ記事

  1. 支持する
  2. 仕事
  3. present
  4. yera-old
  5. deal with
  6. accident / incident
  7. 倍
  8. ミッションインポッシブル
  9. lay-lie
  10. 保証する

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. fill-in-out
  2. submit
  3. スクランブル
  4. summon
  5. dress(ドレス)
  6. memory
  7. chips
  8. on / along the way
  9. refrain
  10. オートマティック
  1. ガラスの天井

    イディオム・熟語・慣用句

    glass ceiling(ガラスの天井)とglass cliff(ガラスの崖)…
  2. spy

    スラング

    スパイ・諜報機関の英語表現
  3. 呪い・カーズ

    スラング

    curse(カーズ)の使い方
  4. 映画

    イディオム・熟語・慣用句

    映画や小説のストーリーを説明する英会話
  5. チャージとリチャージ

    英単語の使い方と単語比較

    chargeとrechargeの違い
PAGE TOP