センテンス

phrase / sentence / words / termの違い

文章などの関連する用語でそれぞれ似たような言葉ですが、ちょっと意味も違うので例文を交えて掘り下げてみます。

中にはほぼおなじ意味のものがありますが、文脈によっては適切なものがあります。

タイトルには入れませんでしたが「text」もあわせてこのページでご紹介しておきます。

Sentence(センテンス)

大文字で始まる先頭からピリオドで終わるまでが1つのセンテンスです。センテンスは主に教育などに関連する状況や、何かの文章、スピーチなどに言及する場合によく用いられます。

Could you repeat that last sentence?
(最後のセンテンスをもう一度繰り返してくれませんか?)

There was a mistake in the second sentence.
(第二センテンスに間違いがあった。)

他にも裁判における「判決」「判決をくだす」などの意味も存在しています。以前にベッキーさんの「センテンススプリング」問題を無駄に掘り下げた記事があります。

Phrase(フレーズ)

カタカナでも広く知られた言葉ですが、フレーズはより日常的な状況、場面で使われる傾向があります。

また必ずしも大文字で始まりピリオドで終わる文章である必要はありませんが、1単語以上のものに対して使われます。

He likes phrases such as “just do it” and “think different.”
(彼は「just do it」や「think different.」のようなフレーズが好きだ。)

上はそれぞれNikeとAppleのキャッチコピーです。これに関しても復習用サイトで掘り下げたものがあります。

The English phrases “so as to” and “in order to” have the same meaning.
(英語のフレーズの「so as to」と「in order to」は同じ意味だ。)

This book has many useful phrases like, “Where can I find the bathroom?”
(この本は多くの使えるフレーズがある。「どこでトイレみつけられますか?」のように。)

Term(ターム)

タームはたいてい単一の言葉か、いくつかの言葉の組み合わせになります。日本語では「用語」といった感じで訳されるケースが多いです。

“Handicapped” is considered an outdated term by some people.
(「ハンディキャップド」は何人かの人々には時代遅れな用語だとみなされている。)

The doctor used a lot of medical terms that I couldn’t understand.
(その医者は私が理解できない多くの医療用語を使った。)

“Down Under” is a term sometimes used for Australia.
(「Down Under」はときどき、オーストラリアに対して使われる用語だ。)

実際にオーストラリアのことをDown Underと呼ぶそうです。もともと地図でオーストラリアは下側にあるからです。

1980年代にオーストラリアのバンド「メン・アット・ワーク」が『Down Under』という曲を出しアメリカで大ヒットしたことで広まりました。

この曲もあって1980年代ぐらいにアメリカでちょっとしたオーストラリアブームのようなものが起こっています。飄々とした声と自分達の国を「ずっと下の方」と表現するユーモアがウケたようです。

Words(ワーズ)

Wordsと表記されると、それは何か知性的で重要な発言であることが多いです。たまに書き言葉、文章に対しても使われます。

「言葉」でもいいと思います。日本では「格言、名言、贈る言葉、伝えたいこと」あたりも雰囲気が近いですね。

I will never forget my father’s words when I graduated college.
(大学を卒業したときの、父親の言葉を私は忘れないないだろう。)

The president’s words didn’t match his actions.
(大統領の言葉は彼の行動と合っていなかった。)

I have a few words to say about the bride, if you don’t mind.
(もしよろしれば、花嫁にいくつかの言葉があります。)

最後の例文などはスピーチの冒頭をイメージしてもらえればわかりやすいかもしれません。

wordには多くの意味があるので、ワーディング(wording)などの使い方もふくめてまとめた記事があります。

text(テキスト)

textと単独でいった場合には、おおよそ3つぐらいの意味にわかれます。

textbooks(教科書)

1つは日本人の感覚、カタカナに近い意味での「テキストブック」を意味します。

Teacher: Okay class, please open your texts to page 30.
(先生:さあみんな。教科書の30ページを開いて。)

The bookstore has texts on a variety of subjects.
(その本屋はさまざまな科目の教科書を置いている。)

text(携帯電話のメッセージ)

日本はiModeなどの普及で携帯電話にe-mailアドレスを持っていましたが、海外ではテキストメッセージが主流でした。

ここから「text」で「携帯端末で受け取るメッセージ」または「携帯端末でメッセージを送ること」として使われています。メッセージと考えてもいいと思います。

I got a text from my mom, and I have to go home now.
(お母さんから携帯メッセージがきた。家に帰らなきゃ。)

Send me a text when you make a decision.
(決断したら携帯で連絡ちょうだい。)

I texted my mother that I would be late.
(母親に遅れるとメッセージを送った。)

このように動詞としてtextで「携帯電話でテキストメッセージを送る」という意味で使われることも多いです。

他にも「フェイスブックで連絡すること」をfacebookと動詞で表したり、時代と共に変化しています。

古代の文章

古代の文章を指してtextとも表現されるときがあります。古文書や古代の文字、文献などを指しています。

The pyramid was full of texts describing the life of the area’s ruler.
(ピラミッドは地域の王の生活を描写した古代文字で溢れていた。)

None of the religious texts describe what Jesus did when he was a teenager.
(イエス・キリストの10代だった頃を描写した古文書はない。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  2. accident / incident / happening / troubl…
  3. 靴(shoes)の単数形と複数形
  4. メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形
  5. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

関連記事

  1. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる

    かかる時間を表すtakeに関してネイティブの意見を交えながら掘り下げて…

  2. シューズ

    英文法とライティング

    靴(shoes)の単数形と複数形

    英語は複数形と単数形にうるさい言語だと思いますが、その中でも日本人が「…

  3. 比較級

    英文法とライティング

    比較級は会話ではわりと適当

    ニュースに登場した英単語securerはsecure(頑丈な、しっかり…

  4. コンペ

    英単語の意味と使い方

    compete / competitiveなど競争関連のまとめ

    ニュースにcompetitive(競争の、競合する)といった単語が登場…

  5. decimal point

    英語の使い方

    英語で小数点を含む数字の読み方・書き方

    小数点以下を含む数字の言い方は少し種類があるのでご紹介します。大きく「…

  6. summon

    英単語の意味と使い方

    summonの意味と使い方

    summonは「呼び寄せる、来るように命じる」で、相手が自分の方に来る…

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. 支持する
  3. 仕事
  4. present
  5. yera-old
  6. deal with
  7. accident / incident
  8. 倍
  9. ミッションインポッシブル
  10. lay-lie

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. regard
  2. manager
  3. spot(スポット)
  4. インストール
  5. rich / wealthy
  6. plant / factory
  7. New Year's resolution
  8. fill-in-out
  9. submit
  10. スクランブル
  1. 死の表現

    英単語の意味と使い方

    dead, die, deathの違いと意味
  2. オバマ大統領

    日本(Japan)

    オバマ広島演説と翻訳について
  3. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる
  4. prank-call

    イギリス

    イタズラ電話(prank call)をする
  5. face-to-face

    イディオム・熟語・慣用句

    「面と向かって / 直接会って / 対面で」を表すface-to-face
PAGE TOP