パンツ

パンツ(pants)が複数形になる理由

パンツが複数形になる理由は製法から来る歴史的なものの名残だそうです。

ここでいうパンツ(pants)は私達が想像する「ズボン」のことですが、私達の想像する下着のパンツも複数形です。

この事柄はズボンだけではなく、shorts(シャツ)trunks(トランクス)panties(パンティ)などにも当てはまります。

ズボンについてはこれがイギリス英語とアメリカ英語で表現が異なるので、このあたりも含めてまとめてみます。

pants / trousers

その前に今回ご紹介するパンツはズボンのことで、同じく複数形になるjeans(ジーンズ)を想像してもらえればわかりやすいです。

(USA) pants = (UK) trousers
(UK) pants = (USA) underwear

このあたりの解説はノーパンツデーにおける米・英の違いでも取り上げたのであわせてご覧ください。

underwearは下着、パンツ、肌着などの意味があります。

数年前までずっとunderwearのunderは下半身のことだと勘違いしていましたが、服の下に着るという意味です。したがってパンツだけでなく上半身に着る肌着類や、ブラジャーもunderwearです。

パンツ(pants)が複数形になる理由

中学校で習いますがapple→applesのように複数形になると単語の後ろに「s」がつくのはご存知だと思います。

しかし英単語の中には基本的には複数形の形で使うものがいくつか存在し「pants(パンツ)」や「shoes(シューズ)」などが代表的なものです。

シューズなどはわかりやすく左右で一足(物体としては2つ1組)なので「shoes(シューズ)」と複数形になります。

パンツなどは昔の製法の名残だそうです。2枚の布を前後で紐でしばったり、ボタンでとめたり、縫い合わせたりするので別の布2枚で1つのパンツ、ズボン、ジーンズを構成しているため複数形になります。

Trousers with top flap open

image by janeaustensworld

この場合、1つであっても「pant(パン)」とは言いません。1つ2つと数えたい時には以下のように言います。

I have one pair of pants.

I have two pairs of pants.

このあたりは2枚の布を使う製法に由来するものなので、shorts(シャツ)trunks(トランクス)panties(パンティ)なども該当します。

サイトを見ていると「右足と左足に足を入れて左右で合計2個あるから」という説明がなされているのを見かけました。

だったらpantiesやtrunksは足を入れているという感覚とはかけ離れて左右あるとはいい難い感じがします。製法から考えたほうが納得できる感じがしました。

今、現在のユニクロなどで売っているシャツの製法は詳しくはわかりませんが、2枚の布をつなぎ合わせて作ってはいると思います。特にジーンズなど縫い目も一種のデザイン要素なので明らかです。

fly by the seat of one’s pants

パンツを使った変わった表現がアプリ内のニュースに登場していたのであわせてご紹介します。

非常に変な表現で「自分の経験と勘を頼りにする」「自分の経験と勘で判断・決断・処理する」の意味です。

もともとは「自分のパンツ(ズボン)の接している座席」みたいな意味で、戦争中に計器類が発達していなかった時代に、おしりに伝わってくる振動だけを頼りに飛行機の状態を把握して運転したことに由来するそうです。

There was no time to study for the exam, so I flew by the seat of my pants.
(試験の勉強をする時間がなかったので、自分の勘だけで対処した)

He’s always flying by the seat of his pants, so it’s no surprise that he made a mistake.
(彼はいつも自分の勘だけを頼りにするので、彼がミスをしても驚きはないよ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  2. Fuck(fucking)についての考え
  3. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  4. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  5. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件

関連記事

  1. qualify

    英単語の使い方と単語比較

    qualifyとcertifyの違いと使い方について

    qualifyという単語についてスティーブとけっこう長い間、根本的にど…

  2. マジシャン

    英単語の使い方と単語比較

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当…

  3. ホーディング

    英単語の使い方と単語比較

    hoarding(ホーディング)とholding(ホールディング)

    ニュースに「hoarder」と「holder」の単語が登場して混乱しま…

  4. ターンオン・ターンオフ

    イディオム・熟語・慣用句

    turn onとturn off の意味(例文付き)

    turn off / turn onとはスイッチ・電源などの「入れる、…

  5. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる

    かかる時間を表すtakeに関してネイティブの意見を交えながら掘り下げて…

  6. ターン

    イディオム・熟語・慣用句

    turn to / turn inの意味(例文付き)

    英語には「基本的な動詞+前置詞」の形、例えばtake offやcarr…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. compensation
  2. qualify
  3. スパイ
  4. 寛容
  5. ホームとハウス
  6. 決心する
  7. ダイエット
  8. 刺激する
  9. 祝う
  10. mouse and rat
  1. 電話

    英単語の使い方と単語比較

    call toとcall forとcallの違い
  2. compensation

    英単語の使い方と単語比較

    compensate / compensationの使い方
  3. ポンド

    イギリス

    宝くじで高額当選した場合の対処方法
  4. T4TWO

    スラング

    2=to、U=youなどの置き換えと省略
  5. 羽

    イディオム・熟語・慣用句

    knock me over with a featherの意味
PAGE TOP