過去の記事一覧

  1. 子どもっぽい

    日本語から英語へ

    「子どもっぽい」のchildish, childlike, immature, juvenileの違…

    英語で「あいつは子供っぽいね」「あの人は子供みたいだね」を意味する英単語はいくつかあり、それぞれニュアンスが違います。ポジティブにもネガティブにもなります。…

  2. loss(ロス)

    和製英語とカタカナ英語

    〇〇ロスを英語でどういうか?

    SMAPが解散したことで「SMAPロスを感じる」や、福山雅治が結婚したことを「福山ロス」と呼んだりします。また、おやつのカールが販売中止になって「カールロス」を…

  3. breakthrough

    和製英語とカタカナ英語

    「ブレイクする」はbreak throughで表現できる

    目をつけていたアイドルやバンドなどが「もうすぐブレイクすると思う」のブレイクは、break through(ブレイクスルー)で表現可能です。ダジャレみた…

  4. 英単語の意味と使い方

    solveとresolveの違い

    「解決する」と日本語訳があてられるsolveとresolveですが、この2つの言葉は意味やニュアンスに明確な違いが出ます。少しややこしい部分もありますが…

  5. flat

    英単語の意味と使い方

    flat(フラット)の使い方

    flat(フラット)は基本的には平らなこと、曲がっていないこと、の理解で十分だと思いますが、いくつか特殊な使い方も見られます。今回はflatに関連した表…

  6. prank-call

    イギリス

    イタズラ電話(prank call)をする

    イギリスのユーチューバーが人気歌手アデルの『Hello』を使って、ドミノピザにいたずら電話をする動画をニュースで配信しました。ニュースにするほどの内容で…

  7. involve

    英単語の意味と使い方

    involveの意味と使い方

    involveは「巻き込む」の意味で覚えている方も多いと思いますが、実際にネイティブスピーカーに意味を確認すると「関わっている、関与している」の意味だと教えてく…

  8. deliver

    英単語の意味と使い方

    deliverの意味と使い方

    deliver(デリバー)も意味が多くある動詞で、一般的には「配達する」として知られますが、同じぐらい「出産する」の意味でも登場します。この意味を知らな…

  9. introduce

    英単語の意味と使い方

    introduce(紹介・導入)の使い方

    introduceは「紹介する」の意味でよく知られていますが、ニュースでは新しい仕組みやルール、法律などを「導入する」としてよく登場します。日本語の感覚…

  10. parlor(パーラー)

    英単語の意味と使い方

    英語でパーラー(parlor)の意味は?

    アメリカ英語ではparlor、イギリスではparlourと書かれ、カタカナでも「フルーツパーラー」や「マッサージパーラー」のような言葉は聞かないわけではありませ…

おすすめ記事

  1. カタカナ都市名
  2. タクシー
  3. adjective(形容詞)
  4. middle finger
  5. ファックについて
  6. 支持する
  7. rich / wealthy
  8. capital-letter
  9. 仕事
  10. 日本人と無神論

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. edible / inedible
  2. in-the-name-of
  3. emblazon
  4. stable
  5. long-for
  6. cheer
  7. cheek
  8. fix / repair / mend
  9. maternity
  10. in the course of
  1. 比較級

    英文法とライティング

    比較級は会話ではわりと適当
  2. 代表する

    日本語から英語へ

    ~を代表するを英語でどう表現するか?
  3. writing is on the wall

    イディオム・熟語・慣用句

    writing on the wallの意味
  4. approximately

    英単語の意味と使い方

    approximatelyとaboutの違いについて
  5. capital-letter

    英文法とライティング

    英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
PAGE TOP