オッズ

オッズ(odds)の英語表現

海外ではスポーツの試合から選挙結果まで、さまざまな結果に対して賭けることができるブックメーカー(bookmaker)が存在しています。略して「bookie(s)」とも呼ばれ、あらゆるものを賭けの対象にする賭け屋です。

その際は掛け金の倍率にあたるodds(オッズ)が表示されます。このオッズに対して、日常から慣用的に用いられる英語表現も多いので取り上げてみます。

前回に書いた記事『bet(賭ける)の英語表現』とあわせてご覧ください。

一般的なオッズの表現

ブックメーカーを日本でやると違法になり、しばしば相撲や高校野球を対象にした賭博事件がニュースで取り沙汰されますが、あれもブックメーカーの一種といえます。

法的なグレーさが残るものの、ネットの時代になって海外のブックメーカーに日本からも賭けている人もいます。海外でもJリーグの試合なども賭けの対象になっています。

一般的なオッズの読み方は以下の様に発音されます。この場合は掛けた金額が5000倍になります。

【1:5000】
“one in five thousand”
“five thousand to one”

“one to five thousand”も数学として正しい言い方なのでOKですが、ギャンブルの場合は大きな数字が前に来ることが一般的なようです。

以下、どれも同じ意味ですが「5000倍だよ」といっています。

a 1:5000 chance
a 1:5000 shot
1:5000 odds

以下の形で「レスターの優勝は5000倍のオッズだ」を様々な形で表現可能です。レスターは2016年のプレミアリーグのチャンピオンで記録的な快進撃が話題になりました。

Leicester has a 1:5000 chance of going all the way.

Leicester has a 1:5000 shot at going all the way.

The odds of Leicester going all the way are 1:5000.

Leicester was given 1:5000 odds to go all the way. (by bookmakers)

スポーツ以外での表現

この言い回しが日常会話でも用いられることがあります。何かの物事にどれぐらい自分が確信しているかという度合いを表します。

He has a 1:1,000,000 shot at getting a date with her.
彼が彼女と付き合えるのは100万倍のオッズだよ。

The odds of me getting this job are 1:100.
僕が仕事を手に入れられるオッズは100倍だね。

確信がある場合に使うケースは少なく、ほとんどが可能性が薄い時に使います。

100万倍はほぼ「不可能」といってるような感じで、100倍は「不可能ではないがしかし…」といった感じでしょう。

defy the odds

この表現もよく見かけます。「オッズに打ち勝つ、オッズを克服する、不利な条件をはねのける」といった意味で、可能性として低いこと、おこりそうにないことを成し遂げたときに使います。

He defied the odds when he won the lottery.
彼は不利な条件をはねのけて、彼が宝くじに当選した。

She defied the odds and became president of her country.
彼女は不利な条件を克服し、彼女の国の大統領になった。

defy death

defyそのものは「反抗する、挑む、食ってかかる、~を拒否する、挑戦する」といったニュアンスの言葉です。

The army defied their commander and ran away.
部隊は司令官に反抗して、逃げ出した。

defy deathといった表現や「death-defying(命知らずの、死に挑むような)」といった形もあります。

直訳すると「死に抵抗する、死に挑む」で怖いもの知らずなことを指します。

The circus performer defied death by putting his head in a lion’s mouth.
サーカスのパフォーマーは頭をライオンの口の中に入れる命知らずのことをやった。

He does death-defying stunts.
彼は命知らずのスタントをやった。

at odds

at odds with [人] over [物事]の形で、「(人と物事について)意見が一致しない、不和で、対立して、衝突して」といった意味になります。

I’m at odds with my wife over her spending.
妻とは彼女の支出について意見が対立している。

Many countries are at odds over disputed territories.
多くの国々は係争となっている領土について対立している。

oddsは賭け事の倍率の意味もありますが、even(偶数)とodd(奇数)の意味もあります。

at oddsの語源は不明ですが、スティーブがいうにはおそらく「奇数」だと絶対に割り切れないので、どっちかに片寄るために、このような表現になったのではないかな、という予測です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. アメリカと日本の育児方針の違い
  2. 英会話スクールの講師になる方法
  3. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  4. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  5. Fuck(fucking)についての考え

関連記事

  1. ブラックジョーク

    和製英語

    和製英語の検証「ブラックジョークとソウルフード」

    ニュースでタイタニック号の沈没をテーマにした子ども向けのすべり台があり…

  2. 性別不明

    英文法とライティング

    性別不明の場合の三人称は何を選ぶ?

    ニュースに限りませんが、相手の性別がわからない状態で、三人称で表現する…

  3. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる

    raise eyebrowsを直訳すると「眉毛をあげさせる」ですが、誰…

  4. コンセント

    和製英語

    和製英語の検証「コンセント(consent)」

    和製英語だとわかったとしても、代わりは何か? 和製英語だったとしても例…

  5. complex

    和製英語

    complexとcomplicatedの違い

    complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で…

  6. アメリカ

    アメリカ

    America(アメリカ)とUSAの違い

    カタカナで「アメリカ(America)」といえばアメリカ合衆国を指すケ…

おすすめ記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. カタカナ
  4. bread
  5. フリーティー
  6. hatena
  7. センテンススプリング
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. ツイッター
  10. asas

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. dedicated
  2. チャージとリチャージ
  3. charge(チャージ)
  4. ifと仮定法
  5. 影響を与える
  6. gritty
  7. wonder
  8. オープン
  9. ニューオープン
  10. サクセス
  1. 死の表現

    英単語の使い方と単語比較

    dead, die, deathの違いと意味
  2. ピエロ

    世界とアジア

    ピエロ(pierrot)が英語圏で通じない
  3. イニシアチブ

    英単語の使い方と単語比較

    initiative(イニシアチブ)の意味と使い方
  4. トライ

    イディオム・熟語・慣用句

    tryとtry outの違いについて
  5. put on / wear

    イディオム・熟語・慣用句

    put on / wear / take offと服装の関係
PAGE TOP