T4TWO

2=to、U=youなどの置き換えと省略

toを2、YouをUと書いて、”2 U(to you)”と表記するケースは歌のタイトルや歌詞でもよく見かけます。

このように数字やアルファベットで単語を置き換える手法は携帯電話やスマホの登場とは無関係に古くから英語圏で存在しています。

その中のいくつかは、今日でも使われているものがあるので取り上げてみます。

IOU(I owe you)

70年代から使われており、今日でも見かけるもので「IOU」があります。

貸しがあるのことで、借用書を意味する言葉でした。

A: Can I borrow $500?
(500ドル借りれるかな?)

B: Sure, but I’ll need you to sign an IOU.
(いいよ、けどIOUにサインをしてもらうよ)

以下のようにも使えます。

I don’t have any cash to pay for this today, so I’ll make an IOU.
(今日、支払う現金がないんだよ。だからIOUを作るよ)

このような会話表現は今日でも普通に見かけるものです。

このような使われ方が古くからありました。70年代以前にあったのかは未確認ですが、それ以前にあってもぜんぜん不思議ではありません。

いわゆるパソコン通信やネットでaを@で置き換えたりするLeet/leetspeakと呼ばれるハッカー語や、2chなどのネ申(神)、ギャル文字に代表される「ォ八∋(オハヨ)」とは、またちょっと違う話になります。

Numeronym(数略語)という言葉もありますが、これともまた少し違うのかと思います。

Numeronym

ニュースなどで警察犬を表現する時に「K9」と書いたりしますが、これは「犬の」を意味するcanineをK9に変換したものです。この表記はCNNでも見かけたので、このあたりになると普通に使われています。

ネット時代の新語としては辞書にも登録されたTMIやICYMIなどもあわせてご覧ください。またこれもちょっと系統の違う話です。

ここ最近の事例

ヒップホップやR&Bのバンド名などでもこのような省略は見かけます。

2 Live Crew (Too Live Crew) やBoyz 2 Men (Boys to Men) などが該当します。

曲名では1980年代にプリンスがザ・ファミリーに楽曲提供して大ヒットした曲『Nothing Compares 2 U(Nothing Compares to you)』や、カナダの女性シンガー、アヴリル・ラヴィーンのヒット曲『Sk8er Boi(skater boy)』などがパッと思いつきますが、探せばいくらでも出てくると思います。

またアメリカの大手おもちゃチェーンのトイザらスもToys R Us (Toys are us)です。日本では恐竜みたいなイメージかもしれませんが、もともとは略語をベースにしたものです。

代表的な置き換え

主に発音の類似をとって以下の様な置き換えがされます。

1 = won
2 = to, too
4 = for
8 = -ate
C = see
R = are
U = you
Y = Why

8はHと一緒にh8 = hate、Lと一緒にl8r = laterで使われることが多いです。

日本がガラケーだった時代、海外ではメッセージがテキスト量で料金が変わる従量課金だったこともあり、テキストを少なくするため(あるいは打つのが手間)に、このような表現が特に発達した背景もあるようです。

ナンバープレート

また国によっては自動車のナンバープレートに追加料金を払うと文字を選べるのでユニークなメッセージを込める人もいます。

T4 TWO
= Tea for two

「二人でお茶を」の意味ですが、ジャズのスタンダードナンバーとしてフランク・シナトラなどのカバーで知られる古いヒット曲です。

YRU L8
= Why are you late?

「なんで遅れた?」の意味でしょう。

IH8MYX
= I hate my ex (wife or husband).

元嫁・元旦那が嫌いだ、といったジョークっぽいメッセージになっています。

IH8MYX(グーグル画像検索)

画像検索してみるとけっこう出てきて面白いです。何か過去にあったんでしょうね。

ナンバープレートの場合はおそらく数字とアルファベットを絶対に組み合わせる制約があるので「SM1LE」のように「I」と数字の「1」を置き換えるケースなどが見られます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  2. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  3. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  4. 「should you choose to accept it」とifの省略
  5. 英会話スクールの講師になる方法

関連記事

  1. local

    英単語の使い方と単語比較

    local / rural / regionalの違い

    どれも似た言葉なので違いを整理してみます。ローカルなどはカタカナでもよ…

  2. badly and poorly

    英単語の使い方と単語比較

    badlyとpoorlyの使い方

    何かの技術などがまずい様子や下手なことを表すには「bad」や「poor…

  3. レトリック

    イディオム・熟語・慣用句

    レトリック(rhetoric)の意味を英語で考える

    カタカナでは「レトリック(rhetoric)」と表記され、考え方として…

  4. owl

    スラング

    ふくろう(owl)にまつわる英語表現

    独特の風貌や夜行性の性質、鳴き声もあって特徴的な表現がいくつか存在して…

  5. 宝くじ・クジ引き

    英単語の使い方と単語比較

    lottery, raffle, drawなど「くじ引き」の英語

    ローソンで「X JAPANのバスローブが当たるくじ引きが発売」という記…

  6. 決心

    英単語の使い方と単語比較

    determineとdecideの違い

    ニュースにもよく登場するdetermineは、使われ方や文脈によってい…

おすすめ記事

  1. accident / incident
  2. ミッションインポッシブル
  3. lay-lie
  4. 保証する
  5. 眼鏡
  6. シューズ
  7. ifと仮定法
  8. 影響を与える
  9. カタカナ
  10. bread

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. questionnaire
  2. answer-to
  3. up-to
  4. room(ルーム)
  5. 担当責任
  6. accident / incident
  7. 倍数
  8. fortune(フォーチューン)
  9. unfortunate
  10. o'clock
  1. polite

    英単語の使い方と単語比較

    日本人のpoliteの使い方がたまに変
  2. both

    英文法とライティング

    neither / either / both / の使い方
  3. badly and poorly

    英単語の使い方と単語比較

    badlyとpoorlyの使い方
  4. ラインとシリーズ

    英単語の使い方と単語比較

    lineとseriesの違いについて
  5. 選挙

    英語の使い方

    選挙用語の英語まとめ
PAGE TOP