ノーパンツ「

ノーパンツデーに見る英語と米語の違い

「ノーパンツ・サブウェイ・ライド(No Pants Subway Ride)」または「ノーパンツデイ(No Pants Day)」は、ズボンやスカートを履かずに真冬の地下鉄に乗る世界的に行われているイベントです。

特にメッセージ性のあるイベントではなく、周囲の人を笑わせたり戸惑わせたり、ただ参加者が楽しむためのイベントです。

元々はニューヨークの即興コメディ(improv comedy)集団「インプロブエブリウェア(Improv Everywhere)」が始めた企画です。

参加する人は真顔で何事もないかのように振る舞わないといけないそうで、発案者のチャーリー・トッドさんは質問されたら「履くのを忘れた」と言うようにアドバイスしています。

現在は25ヶ国60都市で開催しているようで、2015年のニューヨークでは3000人が参加し、ロンドンでも多くの人々が参加しています。

pants / trousers

パンツとズボンの話は少しややこしいですね。日本でも名前がついているようなブランドのショップに行けば男女ともにズボンとは呼ばずに「パンツ」と呼びます。これがいわゆる下着のパンツと混同する要素になっています。

日本のアパレル業界にお勤めの方はズボンとは呼ばずに「パンツ」と普段から呼ぶとしたら、下着のことはなんと呼んでるのか不思議ですね。イントネーションで変化つけたりするのでしょうか。「パンティ」という言い方も微妙ですね。

それはさておき「pants」の単語がイギリス英語とアメリカ英語では指すものが違います。

(USA) pants = (UK) trousers

(UK) pants = (USA) underwear

ズボンはアメリカでは「pants」イギリスでは「trousers」になります。

下着がアメリカでは「underwear」イギリスでは「pants」になります。

このイベントはアメリカ発祥なのでアメリカ英語の意味で使われています。イギリス英語の意味だったら多分、逮捕されると思います。

ロンドンでの参加の呼びかけメッセージを見ると「No Trousers Tube Ride in London」となっており、やはりTrousersを使っていますね。

またロンドンの地下鉄の愛称である「Tube」が「Subway」の代わりに使われています。

No Trousers Tube Ride in London

No Pants Subway Ride in New York City

アメリカでの呼びかけは「No Pants Subway Ride」なので、この呼びかけのメッセージを見るだけでも国の違いが見て取れます。

登場する主な単語と熟語
improv comedy 即興コメディ
trouser ズボン
underwear 下着

top image : DeShaun Craddock

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 「影響する」のeffect, affect, influence, impact…
  2. 靴(shoes)の単数形と複数形
  3. Fuck(fucking)についての考え
  4. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い
  5. as tall asとas short asは同じ意味なのか?

関連記事

  1. under

    英単語の使い方と単語比較

    underとunderneathの違い

    underとunderneathの違いについてはあまりにも微妙なので、…

  2. 色を塗る

    英単語の使い方と単語比較

    pale, light, deep, vividなどの色の表現の違い

    現在の日本では色鉛筆、クレヨンなどに「肌色(はだいろ)」の名称が使われ…

  3. at-first

    イディオム・熟語・慣用句

    at firstとfirstの使い方を混同している人が多い

    カナダ人のスティーブが「日本人はat firstの使い方を間違って覚え…

  4. アメリカの州を代表する食べ物

    アメリカ

    アメリカ各州の代表的な料理

    お色気雑誌のPLAYBOYが発表した、無料掲示板のRedditのユーザ…

  5. パイオニア

    英語の使い方

    パイオニア編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュースマガジンTIMEが『最も影響力がある100人』として…

  6. 列に並ぶ

    英単語の使い方と単語比較

    列(line)に並ぶの英語

    前回の記事『lineとseriesの違いについて』でlineがカタカナ…

おすすめ記事

  1. ミッションインポッシブル
  2. lay-lie
  3. 保証する
  4. 眼鏡
  5. シューズ
  6. ifと仮定法
  7. 影響を与える
  8. カタカナ
  9. bread
  10. フリーティー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. 寄付
  2. prove
  3. ミッションインポッシブル
  4. スタントマン
  5. have gone to
  6. pedestal
  7. マイルストーン
  8. 歴史的な
  9. correspond
  1. 猫の画像

    文化と体験

    アニマルシェルターと動物愛護
  2. fee

    英単語の使い方と単語比較

    fare / fee / charge / admissionなど料金の違い
  3. book

    英単語の使い方と単語比較

    bookとreserveの違い
  4. both

    英文法とライティング

    neither / either / both / の使い方
  5. タッチ

    英単語の使い方と単語比較

    touch(タッチ)は性的な意味で受け止められる
PAGE TOP