news

「ニュースになる」を英語で表現

さまざまなニュースを取り扱っているアプリですが、英語表現としての「〇〇がニュースになる」をどうするべきかを取り上げてみます。

一般的には「make headlines」「make the news」といった形で、何かが話題になっていることを表現します。

アプリ内で取り上げた表現を集めてみましたので例文としてご活用ください。

make headlines

直訳すると「ヘッドライン(見出し)を作る」となります。後で紹介する「make the news」も同じ意味です。

単純に「ニュースになる、話題になっている」という意味で、「見出しになった、ヘッドラインを作った」など日本語にない表現で、無理に訳す必要もないのかなとは感じますね。

Mr. Omura made headlines when he won the Nobel Prize.
大村氏がノーベル賞を獲得したことがニュースになった。

The newest iPhone has been making headlines across the world.
新しいiPhoneが世界中でニュース(の見出し)になった。

She made headlines when she announced her divorce.
彼女が離婚を発表したときにニュースになった。

make news

これも似たような意味で「ニュースを作る」と直訳しても意味はなんとなくわかります。

「make headlines」「make news」で特に規模の大小はあまり関係ありません。

バリエーションとして強調したい場合には「make headline news(トップニュースになる)」や「make national news(全国的なニュースになる)」などがあります。

Mr. Omura getting the Nobel Prize made news.
大村氏がノーベル賞を受賞したことがニュースになった。

The newest iPhone has been making news across the world.
新しいiPhoneが世界中でニュースになった。

She made news when she announced her divorce.
彼女が離婚を発表したときにニュース(の見出し)になった。

make news / make the news

先に紹介した「make news」は世の中の出来事・人として、大きな話題になるニュースに使います。

Kanye West made news again with his tweets.
=Kanye West made headlines again with his tweets.
カニエ・ウェストのツイートが再びニュースになった。

Our company needs a campaign that will make news all over the world.
=Our company needs a campaign that will make headlines all over the world.
私達の会社は世界中でニュースになるようなキャンペーンが必要だ。

make the newsの形になると、あまり大きなニュースでないもの、身内の話題に対して使われることがあります。

My son’s huge snowman made the news.
私の息子の大きな雪だるまが話題になった。

△ My son’s huge snowman made news.
(*この使い方もOKですがあまり見かけません)

▲ My son’s huge snowman made headlines.
(*おそらくこの言い方は誰もしない)

本当に雪だるまが、芸術性の高さや何かしらの話題で世界的なニュースになるケースは別ですが、身内の話題には「make the news」の形がとられることがあります。

breaking news

また「breaking news」の形でもよく聞きます。これは急に現れたニュース、今おこっているニュース、つまり「速報」と訳しても問題ないでしょう。

This is breaking news.
速報のニュースです。

break the newsでニュースを最初に報じることを意味します。

CNN broke the news.
=CNN was the first to report.
CNNが最初に報じた。

break a scandal

「break the news」と似たような使い方で、報道内容がスキャンダルの場合にはこれと同じ形で使えます。

CNN broke the scandal.
CNNがスキャンダルを最初に報じた。

The scandal broke yesterday.
スキャンダルが昨日、報じられた。

breakは自動詞・他動詞(壊れる、壊す)の両方がとれるのでスキャンダル自身を主語にしても使えます。

直接は関係ありませんが、ニュースの見出しは端的に内容を伝える必要があるため独特の文法ルールがあります。以下の記事でご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  3. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  4. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  5. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き

関連記事

  1. プラクティス

    英単語の使い方と単語比較

    練習する以外のpracticeの意味

    practice(プラクティス)は動詞で「練習する、訓練する」、名詞で…

  2. introduce

    英単語の使い方と単語比較

    introduce(紹介・導入)の使い方

    introduceは「紹介する」の意味でよく知られていますが、ニュース…

  3. シェイミング

    スラング

    shaming(シェイミング)の文化

    ワイルドスピード(原題:The Fast and the Furiou…

  4. on earth

    スラング

    強調のon earth / the hell

    疑問文で「on earth」や「the hell」などが使われているの…

  5. ジュース

    和製英語

    和製英語の検証「ジュース(juice)」

    カタカナ語で定着してしまって誤解を生みやすい言葉に「ジュース/juic…

  6. mass-chunk

    英単語の使い方と単語比較

    mass, chunk, lump, clumpの違い

    これらの言葉はどれも「塊(かたまり)」みたいな単語で、厳密に定義がある…

おすすめ記事

  1. 支持する
  2. 仕事
  3. present
  4. yera-old
  5. deal with
  6. accident / incident
  7. 倍
  8. ミッションインポッシブル
  9. lay-lie
  10. 保証する

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. fill-in-out
  2. submit
  3. スクランブル
  4. summon
  5. dress(ドレス)
  6. memory
  7. chips
  8. on / along the way
  9. refrain
  10. オートマティック
  1. スペクタクル

    英単語の使い方と単語比較

    脅威のスペクタクル!のspectacleとはどういう意味か?
  2. owl

    スラング

    ふくろう(owl)にまつわる英語表現
  3. 葬式

    英単語の使い方と単語比較

    葬式など死に関連するセレモニーの英語
  4. カットイン

    英単語の使い方と単語比較

    cut inとcut offの違い
  5. シールとステッカー

    和製英語

    シール、ステッカー、ラベルの違い
PAGE TOP