majesty

her majesty, your excellencyなどの尊称について

オランダ国王がお忍びで21年間も旅客機のパイロットをやっていたニュースを取り上げた時に「his majesty」という言葉が登場しました。

地位の高い人への尊称で、陛下や殿下などにあたる言葉と思っても間違いないと思います。

特殊な言葉なので使うことはないと思いますが、映画などでは見かける可能性はあるのでまとめておきます。

majesty

これは私たちが天皇陛下に面と向かってお会いしたときでも「”あなた(you)”はテニスがお上手ですね」や、所在を訪ねるときに「”彼(he)”は京都御所に到着しましたか?」とはいわないのと同じです。

国王への尊称であり、オランダ国王に対して使うならば三人称の「he」にあたるのが「his majesty」です。

もし本人に直接よびかける「you」ならば「your majesty」となります。

Her majesty played tennis.
His majesty played tennis.
陛下はテニスをなさった。

Does your majesty want to play tennis?
陛下はテニスをされたいですか?

いまいちな例文ですが、使い方として厳格なルールがある極めてフォーマルな英語で、スティーブも正確には使ったことがないし、よくわからないと言っています。

イギリスのエリザベス女王ならば「her majesty」となります。majestyには尊厳、威厳などの意味もあります。

日本の天皇陛下は三人称はHis Imperial Majestyと記載されています。

excellency / holiness / honor / highness

他にも地位の高い人に対しての尊称、敬称はいくつかあります。

例えばカトリックのローマ法王は「holiness」なので、もしローマ法王と会って話すならばYouではなくYour holinessとなります。

かつてブッシュ大統領だったと思いますがローマ法王に対して「sir」と呼びかけて失笑を買っていました。

sirは男性への丁寧な呼び掛けになっていますが、もともとは「(勲爵士と準男爵の称号の)卿」にあたります。ローマ法王にいうのはマナーを知らない失礼な行為です。

他にも市長や裁判官などには「honor」、閣下を表す「excellency」や殿下を意味する「highness」などがあります。

イギリスのチャールズ皇太子の尊称は殿下にあたる「His Royal Highness」です。また日本の佳子内親王、佳子様も「Her Imperial Highness」です。

本人が言っていますがデーモン小暮閣下の尊称は閣下にあたる「excellency」なので、デーモン小暮に会って英語で話すときは「you」ではなくて「your excellency」を使うのがマナーです。

excellencyについては君主・国王ではない国家元首(大統領など)に使われています。

元々はイギリス英語なので、イギリス人のダンならもう少し詳しいかと思いますが、それでも普通のネイティブでも正確な運用のルールを知っている人のほうが珍しい特殊な言葉です。

こういったルールは特殊な人々の英語なので別に覚える必要はないと思います。

ma’am【məm / mǽm】

ma’amはmadam(マダム)の変形したもので、ご婦人、お嬢さんといった意味で女性への呼びかけに使われます。特に年配の人への尊敬をもって使われる丁寧な言葉です。

Excuse me ma’am, but I think you dropped your glove.
Excuse me madam, but I think you dropped your glove.
お嬢さん、手袋を落とされたんじゃないですか。

しかし日常会話の範囲内で「madam」といってしまうと、間違いではないものの、かなり華やかで大げさな響きがあります。

男性への呼びかけはsirを使います。

Sir, could you please wait over there?
あちらでお待ちいただけますか。

mom【mɑ́m】

こちらは「お母さん」の意味なので、発音は似てますがまったく違います。

Mom, I think you dropped your glove.
おかあさん、手袋おとしてるよ。

不二家の商品は「country ma’am」なので直訳すると「田舎のお嬢さん、地方のご婦人」みたいな意味になります。

3つの発音がややこしい部分もあるので並べておきます。

ma’am【məm / mǽm】

madam【mǽdəm】

mom【mɑ́m】

ピックアップ記事

  1. 英語の形容詞(adjective)の順番・語順について
  2. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  3. 仕事を意味するjob / work / occupation / career …
  4. years oldとyear-oldの違い
  5. 靴(shoes)の単数形と複数形

関連記事

  1. fill-in-out

    日本語から英語へ

    「記入する」のfill outとfill inの違い

    何かの用紙に情報を記入する際には、fill outもfill inもど…

  2. at-first

    イディオム・熟語・慣用句

    at firstとfirstの使い方を混同している人が多い

    カナダ人のスティーブが「日本人はat firstの使い方を間違って覚え…

  3. ペットの名前

    スラング

    ペットに多い英語の名前

    英語では名前の後ろに「-y / -ie」をつけて、日本語でいう「~ちゃ…

  4. フィールド

    英単語の意味と使い方

    field(フィールド)の意味

    カタカナでもよくフィールドが使われますが、文脈を丁寧に見ると個々には別…

  5. hangout(ハングアウト)

    日本語から英語へ

    「ぶらぶらする」を英語でどう言うか?

    英語で「ぶらぶらする」は一般的には「hang out」で表現可能です。…

  6. 辞書に登録

    スラング

    ICYMI、TMI、hellaなど1400の新語が辞書に登録

    2016年の春にアメリカの辞書会社メリアム・ウェブスターが1400の新…

おすすめ記事

  1. 赤ちゃん
  2. manager
  3. ジブリ
  4. hatena
  5. capital-letter
  6. yera-old
  7. タクシー
  8. 外国人
  9. mimic
  10. adjective(形容詞)

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. プリンシパル
  2. So am I
  3. profile
  4. attack
  5. ハラスメント
  6. お客さん
  7. and-up / or more
  8. チェック柄
  9. company
  10. 基準を満たす
  1. intake

    英文法とライティング

    take in → intakeのような名詞
  2. ショート

    英単語の意味と使い方

    shortage, lack, shortfallの違い
  3. 駅前留学

    日本(Japan)

    Vol.02 『英会話スクールNOVAの時代』
  4. swear

    英単語の意味と使い方

    swearの意味と使い方
  5. back

    英単語の意味と使い方

    動詞での「back」の使い方
PAGE TOP