queen

her majesty, your excellencyなどの尊称について

オランダ国王がお忍びで21年間も旅客機のパイロットをやっていたニュースを取り上げた時に「his majesty」という言葉が登場しました。

地位の高い人への尊称で、陛下や殿下などにあたる言葉と思っても間違いないと思います。

特殊な言葉なので使うことはないと思いますが、映画などでは見かける可能性はあるのでまとめておきます。

majesty

これは私たちが天皇陛下に面と向かってお会いしたときでも「”あなた(you)”はテニスがお上手ですね」や、所在を訪ねるときに「”彼(he)”は京都御所に到着しましたか?」とはいわないのと同じです。

国王への尊称であり、オランダ国王に対して使うならば三人称の「he」にあたるのが「his majesty」です。

もし本人に直接よびかける「you」ならば「your majesty」となります。

Her majesty played tennis.
His majesty played tennis.
陛下はテニスをなさった。

Does your majesty want to play tennis?
陛下はテニスをされたいですか?

いまいちな例文ですが、使い方として厳格なルールがある極めてフォーマルな英語で、スティーブも正確には使ったことがないし、よくわからないと言っています。

イギリスのエリザベス女王ならば「her majesty」となります。majestyには尊厳、威厳などの意味もあります。

日本の天皇陛下は三人称はHis Imperial Majestyと記載されています。

excellency / holiness / honor / highness

他にも地位の高い人に対しての尊称、敬称はいくつかあります。

例えばカトリックのローマ法王は「holiness」なので、もしローマ法王と会って話すならばYouではなくYour holinessとなります。

かつてブッシュ大統領だったと思いますがローマ法王に対して「sir」と呼びかけて失笑を買っていました。

sirは男性への丁寧な呼び掛けになっていますが、もともとは「(勲爵士と準男爵の称号の)卿」にあたります。ローマ法王にいうのはマナーを知らない失礼な行為です。

他にも市長や裁判官などには「honor」、閣下を表す「excellency」や殿下を意味する「highness」などがあります。

イギリスのチャールズ皇太子の尊称は殿下にあたる「His Royal Highness」です。また日本の佳子内親王、佳子様も「Her Imperial Highness」です。

本人が言っていますがデーモン小暮閣下の尊称は閣下にあたる「excellency」なので、デーモン小暮に会って英語で話すときは「you」ではなくて「your excellency」を使うのがマナーです。

excellencyについては君主・国王ではない国家元首(大統領など)に使われています。

元々はイギリス英語なので、イギリス人のダンならもう少し詳しいかと思いますが、それでも普通のネイティブでも正確な運用のルールを知っている人のほうが珍しい特殊な言葉です。

こういったルールは特殊な人々の英語なので別に覚える必要はないと思います。

ma’am【məm / mǽm】

ma’amはmadam(マダム)の変形したもので、ご婦人、お嬢さんといった意味で女性への呼びかけに使われます。特に年配の人への尊敬をもって使われる丁寧な言葉です。

Excuse me ma’am, but I think you dropped your glove.
Excuse me madam, but I think you dropped your glove.
お嬢さん、手袋を落とされたんじゃないですか。

しかし日常会話の範囲内で「madam」といってしまうと、間違いではないものの、かなり華やかで大げさな響きがあります。

男性への呼びかけはsirを使います。

Sir, could you please wait over there?
あちらでお待ちいただけますか。

mom【mɑ́m】

こちらは「お母さん」の意味なので、発音は似てますがまったく違います。

Mom, I think you dropped your glove.
おかあさん、手袋おとしてるよ。

不二家の商品は「country ma’am」なので直訳すると「田舎のお嬢さん、地方のご婦人」みたいな意味になります。

3つの発音がややこしい部分もあるので並べておきます。

ma’am【məm / mǽm】

madam【mǽdəm】

mom【mɑ́m】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. アメリカと日本の育児方針の違い
  2. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  3. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  4. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  5. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

関連記事

  1. デスノート

    和製英語

    Death Note(デスノート)は和製英語か?

    デスノートのハリウッド版が公開されるニュースを何度か配信したことがあり…

  2. far

    英文法とライティング

    farの比較級(farther / further)について

    farの比較級、最上級は2種類あり、ややこしいので整理しておきます。…

  3. speak

    イディオム・熟語・慣用句

    speak up / out / oneselfなどspeakを使った表現

    speak+前置詞など(up,out,of,oneself)で細かなニ…

  4. turn-on

    イディオム・熟語・慣用句

    turn onとturn off の意味(例文付き)

    turn off / turn onとはスイッチ・電源などの「入れる、…

  5. hatena

    日本(Japan)

    2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ

    定番のブックマークサイト「はてなブックマーク(通称:はてブ)」では多く…

  6. cover

    英単語の使い方と単語比較

    cover(カバー)のさまざまな意味

    調べたり聴いたりしてわかりましたが、英単語のcoverは本当に幅広い意…

おすすめ記事

  1. 影響を与える
  2. カタカナ
  3. bread
  4. フリーティー
  5. hatena
  6. センテンススプリング
  7. 本当は好きじゃなかった
  8. ツイッター
  9. asas
  10. カタカナ都市名

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. gritty
  4. wonder
  5. オープン
  6. ニューオープン
  7. サクセス
  8. admit
  9. 許可
  10. ラマダン
  1. ロンドンの地下鉄

    イギリス

    あんたはイスラム教徒なんかじゃない、兄弟よ
  2. フィーチャリング

    英単語の使い方と単語比較

    featuring(フィーチャリング)の意味を考える
  3. 炎上

    スラング

    ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  4. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある
  5. queen

    英単語の使い方と単語比較

    her majesty, your excellencyなどの尊称について
PAGE TOP