ローカルとルーラル

local / rural / regionalの違い

どれも似た言葉なので違いを整理してみます。ローカルなどはカタカナでもよく聞かれますが、少し意味が違うケースもあります。

特にローカルは日本語・カタカナの独特な感じで使われているので、意味を取り違えやすい要素になっています。

Local

基本的には「近くの場所」を意味しており、日本語では「その土地の、地元の、局所の」といった言葉で訳されています。

カタカナでは「すごいローカルな場所だな~!店がまったくない」といった「田舎」の意味で使われることがありますが、英語のLocalは特に「田舎」の意味はなく、「地元の」を意味するならば銀座や新宿のど真ん中にあってもローカルと表現することは可能です。

He went to the local McDonald’s.
(彼は近くの/その土地のマクドナルドに行った)

My wife is a local celebrity.
(私の妻はその土地の有名人だ)

ニュースでは決まり文句のように以下の単語が出てきます。

local government(地方政府)
local election(地方選挙)
local police(地方警察・地元の警察)
local economy(地方経済)

多くはその土地の、地元の選挙や警察のことであって、別に田舎を指しているわけではありません。

大阪や名古屋はそれなりに都会で、田舎とはいい難い地方ですがlocalです。その一方で本当にド田舎の地方もあるのは事実ですね。

各駅電車はlocal train?

各駅停車をlocal trainと表記しますが、これはカナダ人のスティーブにいわせるとちょっと不思議な表現には感じるみたいです。

理屈としては急行や新幹線が都市間を結ぶのに対して、その土地その土地を1つ1つ止まっていくからだとは思います。

検索にかけても「その土地の電車、地方の電車」という意味でのlocal trainは多くひっかかりますが、各駅停車の意味でのlocal trainは英語圏ではほぼ見かけない単語の組み合わせでした。

日本が電車社会である点も考慮すべきだと思いますが、海外でそのままlocal trainが通用するとは思えないフシもあるので使う際にはご注意ください。

locals

localsで「地元の人々」としても用いられます。

Kimura Taxi in Fukuoka has been nicknamed Kimutaku by the locals.
(福岡にある『木村タクシー』は地元の人から「キムタク」の愛称で呼ばれている)

オーストラリアで巨大なカンガルーが道を歩いていた瞬間の動画がユーチューブに投稿されたニュースでは以下のように使われていました。

Nicknamed ‘Dave’ by locals, he has made international headlines after a local woman posted a video of him online when she encountered him on a footpath.
(ニックネームは「デイブ」と地域住民に名付けられ、地元の女性が歩道で出くわした時に撮影した動画をユーチューブに投稿し世界的なニュースになっている)

buy local / buy locally

よく似ている表現ですが意味はまったく異なります。

buy locallyは「地元で買う」、buy local は「地元で生産されたものを買う」です。

For produce I always buy locally because I don’t have a car.
(農作物については、私はいつも地元で購入する。なぜなら車がないからだ)

For produce I always buy local to support my community.
(農作物については、自分のコミュニティをサポートするため、いつも地元で生産されたものを買う)

海外で生産されたものなどを地元で買うのは「buy locally」です。近所で買うの意味です。

地元で生産されたものを地元で買うのが「buy local」です。

日本語でも「地産地消」といった言葉もあり、地元で生産された物の安全性への関心や、生産者と消費者が近い距離で結びつくことなどが注目されています。

Regional

「地方の、地域の」でLocalと同じような意味ですが、よりフォーマルな言葉、かしこまった言葉になります。

He is a regional manager at Toyota.
(彼はトヨタの地域マネージャーだ)

We organized a regional baseball league.
(私たちは野球の地方リーグを組織していた)

言葉の相性の問題になりますが、特別な文脈がなければ「regional McDonald’s」とは普通はいわないそうです。

マクドナルドに対してregionalが堅い言葉でちょっとバランスが悪いからです。

特別な文脈、例えば地方の経済を論じた堅いニュースなどであれば、マクドナルドなどにも使われる可能性はあるかもしれません。

Rural

urban(都会の、都市部の)の反対の意味を持つ言葉で「田舎の、地方の」を意味します。

I want to live in a rural area when I retire.
(引退したら田舎に住みたい)

I enjoy rural crafts like basket making and spinning yarn.
(バスケット作りや紡績など、田舎の工芸を楽しんでいる)

日本語でも同じ感覚ですが、使い方や文脈によってはちょっとバカにしたようなニュアンスが出ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  2. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  3. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  4. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  5. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け

関連記事

  1. 三角形

    英単語の使い方と単語比較

    球体、三角形など形に関する単語

    ニュースに球体、長方形、三角形などの形に関連する用語が登場したのでまと…

  2. フェイク

    英単語の使い方と単語比較

    偽物を表すfake / counterfeit / forgery / knock-offの違い

    偽物を意味する英単語はけっこう多いですが、微妙に使い方や意味するところ…

  3. チラシ

    和製英語

    キャッチコピー(Catchcopy)は和製英語か?

    日本語のキャッチコピーはちょっと和製英語ぎみの使い方になるそうです。業…

  4. 宝くじ・クジ引き

    英単語の使い方と単語比較

    lottery, raffle, drawなど「くじ引き」の英語

    ローソンで「X JAPANのバスローブが当たるくじ引きが発売」という記…

  5. 文法用語まとめ

    英文法とライティング

    英語の文法用語まとめ(音声付き)

    ネイティブと文法について話すときは、文法用語そのものを英語で伝えるケー…

  6. ビジランス

    英単語の使い方と単語比較

    vigilanceの関連語まとめ

    vigilanceとは名詞で「警戒」のことですが、けっこう派生語や形が…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. known to
  2. odds
  3. bet
  4. 梟(owl)
  5. ライン
  6. LINE
  7. relationship
  8. 保険用語の英語
  9. 料理
  10. フリー
  1. 犯罪用語一覧

    英単語の使い方と単語比較

    ニュースに頻出の犯罪用語まとめ
  2. マニア

    和製英語

    和製英語の「マニア(mania)」の意味を考える
  3. cover

    英単語の使い方と単語比較

    cover(カバー)のさまざまな意味
  4. コメディアン

    文化と体験

    海外のコメディ(お笑い)のスタイル
  5. 幼稚園

    アメリカ

    kindergarten, preschool, elementary scho…
PAGE TOP