イニシアチブ

initiative(イニシアチブ)の意味と使い方

イニシアチブは「主導権」などの意味で、ビジネス界隈のカタカナ英語でも聞かれる言葉ですが、英単語のinitiativeとは少し意味合いがずれているように感じました。

そこでネイティブスピーカーの意見を聞きながら、英単語としてのinitiativeの意味を整理してみましたのでご覧ください。

発音も少し言いにくいので音声でご確認ください。

initiative【iníʃətiv】

構想、戦略

英語では問題を解決するための構想、戦略といった意味でよく使われます。「plan(計画、新たな取り組み、構想)」に近い言葉です。

The government announced an initiative to rebuild Kumamoto.
政府は熊本再建の計画を発表した。

The government is considering a new initiative to combat pollution.
政府は汚染と戦う新しい構想を検討している。

The government is beginning a new initiative to reduce alcoholism.
政府はアルコール依存を減らす新しい戦略を開始している。

The ads are part of an initiative to raise awareness about breast cancer.
この広告は乳がんの認知を向上させるための構想の一部だ。

やる気、自発性

また英語では「motivation(やる気、自発性)」に近い意味でも使われることがあります。

Young people don’t have initiative.
若い人々はやる気/自発性がない。

take initiative

take initiativeの形で登場することも多く、意味は「率先してやる」「すすんで行動を起こす」です。何かを言われる前にやることです。

She always takes initiative at her company.
彼女はいつも会社でイニシアチブをとる。

この例文が意味するのは、彼女は会社でいつも率先して物事に取り組んでいる、問題解決などにあたっているといった良い意味で使われています。

もう少し例文を書いてもらいました。

My boss said his computer was broken so I took the initiative and called a repair person.
ボスがコンピューターが壊れたといったので、私は率先して、修理屋を呼んだ。

On her first day of work, Sally took the initiative and introduced herself to everyone.
仕事の初日、サリーは率先して、みんなに自己紹介をした。

英語表現としては「take the initiative and ~」のように文章を切って、andで何をやったかつなげるケースが多いです。

辞書には「指導力を発揮する」での掲載もありますが、文脈によって意味する内容が異なります。根本的には「率先して行動する」です。

主導権?

全体的に「initiative」に対していえるのは何かを良くするための「積極的な活動、計画、試み、態度」のことを指しています。先に紹介した意味も、積極性が感じられます。

日本語の「主導権」と考えてしまうと権力的な傲慢さも感じますが、そうではないんですよね。上に書いた例文を「主導権を取る」と考えると合わないケースもあります。

日本語の「主導権がある」は、「こっちが立場が上だ」「こちらが手動で物事を決めていく」といった意味で、少し力関係に触れるようなニュアンスに寄っている感じがします。

率先してやるという意味ではinitiativeと主導権は同じですが、言葉に染み付いたイメージがちょっと違います。

「うちの家庭は嫁さんが主導権を握っているよ」みたいな文章ではinitiativeは使わないそうです。普通に以下のように言います。

My wife always decides where to go.
妻はいつもどこに行くのかを決めるんだ。

これも主導権があるといえますが、嫁さんがちょっと強引で自分の行きたいところに行くと決めているだけであり、良くしようと思っている感じでもないので、こういうのをinitiativeとは言わないという話です。

イニシアチブも含めてカタカナのビジネス用語としてよく使われるけど、実際のところ意味がわからない言葉を英単語として使えるのかといった視点でまとめた記事があります。

バジェット、アライアンス、ダイバーシティぐらいならまだわかりますが、サステナビリティやフィジビリティになるとよく意味がわかりません。

英語としてどう使うのかをまとめた記事なので、カタカナビジネス用語に出くわす方はご一読ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 靴(shoes)の単数形と複数形
  2. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  3. 英会話スクールの講師になる方法
  4. メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形
  5. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?

関連記事

  1. シールとステッカー

    和製英語

    シール、ステッカー、ラベルの違い

    シールとステッカーの違いを説明しろと言われてもカタカナだと難しいかもし…

  2. ロッテ・クランキー

    スラング

    ロッテのCrunky(クランキー)はどういう意味なのか?

    1974年から発売され、40年以上の人気があるロッテのお菓子に「クラン…

  3. hot

    スラング

    hotはスラングで様々な意味がある

    hotは熱い、暑いを意味するみなさんもよく知る基本単語だとは思いますが…

  4. heads-up

    英単語の使い方と単語比較

    heads-upの意味と使い方

    heads-upとは文字通り「頭を上げる」ことで、ここから「注意喚起、…

  5. 寛容性

    イディオム・熟語・慣用句

    tolerateとintolerantの使い方

    ニュースにtolerate(大目にみる)といった単語が登場したので、関…

  6. ガラスの天井

    イディオム・熟語・慣用句

    glass ceiling(ガラスの天井)とglass cliff(ガラスの崖)

    ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの選挙結果の報道の中で「gla…

おすすめ記事

  1. 支持する
  2. 仕事
  3. present
  4. yera-old
  5. deal with
  6. accident / incident
  7. 倍
  8. ミッションインポッシブル
  9. lay-lie
  10. 保証する

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. fill-in-out
  2. submit
  3. スクランブル
  4. summon
  5. dress(ドレス)
  6. memory
  7. chips
  8. on / along the way
  9. refrain
  10. オートマティック
  1. 倍

    英単語の使い方と単語比較

    倍(2倍、3倍~)の英語表現
  2. ハーフ

    文化と体験

    外国人のhalf(ハーフ)について
  3. Nike:just do it

    文化と体験

    ナイキのスローガンJust do itは死刑囚の言葉から
  4. シェイミング

    スラング

    shaming(シェイミング)の文化
  5. 歯医者

    英単語の使い方と単語比較

    reservationとappointmentの違い
PAGE TOP