spec

ハイスペック(high spec)の英語の意味とは?

カタカナでもよく聞かれるようになった「ハイスペック」は「性能が良い」といった意味で使われています。

特にコンピューター関係で基本性能にあたるような部分での数値の良さを表して使われているように感じますが、場合によっては高学歴、高収入といった人間的な評価にも用いられるケースがあります。

しかし、そのまま英語にすると少し和製英語になってしまうので、今回はこの表現をとりあげてみます。

spec(specification)の使い方

「性能が良い」というときのカタカナの「ハイ・スペック」は少し和製英語です。

specはspecificationを省略した形で、意味は「仕様、仕様書、設計図」です。それを元にhigh-specを正しく訳すと「高い仕様書」という意味になってしまい少し変です。

一般的には仕様・性能といった意味でそのまま使う分には問題がありません。

My computer’s specs are not good enough for this game.
私のコンピュータの仕様書はこのゲームのためには十分ではない。

Can you give me the specs on the latest engineering project?
最新のエンジニアリングプロジェクトの仕様書をくれない?

最新のエンジニアリングプロジェクトの詳しい情報がほしい、という意味です。

Can you tell me your computer’s specs?
私にあなたのコンピュータの性能を教えてくれない?

上の例文のように、名詞として「性能、仕様」の意味では使えます。

しかし、ハイスペック、ロースペックといった使い方は、意味はわかるものの一般的ではありません。

△The Playstation 4 is a high-spec console.
プレイステーション4はハイスペックのコンソールです。

上の例文の使い方はおそらく一般的ではありません。表現するなら以下の例文の形です。

The Playstation 4 is a high-tech console.
プレイステーション4はハイテクのコンソールです。

The Playstation 4 is a state-of-the-art console.
プレイステーション4は最新式のコンソールです。

high-performance

パソコンや車であれば、high-performanceが一般的です。他よりも強い、速いなど他の何かよりも有能、高性能なことです。

The Ferrari is a high-performance automobile.
フェラーリは高性能の自動車です。

I bought some high performance running shoes to take part in the marathon.
私はマラソンに参加するために高性能なランニングシューズを買った。

This university has several high performance computers to process genetic information.
この大学には遺伝学の情報を処理するための高性能なコンピュータが数台ある。

こういうケースの場合に「ハイスペック」という言葉を使う人もいますが、意味はわからないではないものの、やや和製英語な使い方になってしまいます。

tale of the tape

熟語で直訳すると「テープでの話」となります。もともとはボクシングに由来する表現ですが、これも考え方としてはカタカナの「スペック」に近いものです。

対戦するボクサー同士を比較した場合に、身長や手の長さといった試合前の基本情報は大きな勝敗の要因です。しかし、ボクシングのようなスポーツは何が起こるかわかりません。

ここから「基本情報で比較すると」「数字の上での判断」「データ」といった意味で使われることがあります。

If we look at the tale of the tape, the Porche is a better car.
基本的な部分をとってみると、ポルシェのほうがいい車だね。

Judging by the tale of the tape, Mayweather has the advantage.
テープの話(データ)で判断すると、メイウェザーが有利だね。

家電などもそうですがパンフレットのスペックや数字では有利であっても、実際に使ってみないとよくわからない部分も大きいです。

それをわかったうえで「数字の上での話、基本情報の話」として取り上げるときに使う、面白い表現です。

カタカナでもスペックの話をする場合には、数値の性能は良いけれど裏を返すと「実際に動かしてみないと体感としてはわからない」といった意味が含まれているケースがあります。

高収入、高学歴みたいなハイスペックの話も同様で、年収などを考えると世間一般では良い結婚相手とされるけど、実際に結婚して幸せかどうかはやってみないとわからない部分もあります。

こういった要素も「tale of the tape」だといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. 倍(2倍、3倍~)の英語表現
  3. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  4. 英語の形容詞(adjective)の順番・語順について
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

関連記事

  1. オクロック

    英単語の意味と使い方

    o’clock(オクロック)の省略について

    o'clock(オクロック)のようにアポストロフィで省略して「O」が用…

  2. ツイッター用語

    英単語の意味と使い方

    tweet, followerなどツイッター用語の本来の意味

    InstagramやSnapchatに押され気味で、会社の身売り話が破…

  3. middle finger

    スラング

    中指を立てる動作(ミドルフィンガー)の意味

    映画やアニメなどでおなじみの中指を突き立てるポーズは「the midd…

  4. 英単語の意味と使い方

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い

    どちらも同じ意味ですが基本的にはtranslateは「翻訳」であり、主…

  5. conduct

    英単語の意味と使い方

    conduct(コンダクト)の意味と使い方

    カタカナでも「ツアーコンダクター」のように添乗員を指す言葉として広く使…

  6. drive

    イディオム・熟語・慣用句

    practice driving/go driving/driveの違い

    以下の3つは明確にニュアンスが違うので取り上げてみます。①prac…

おすすめ記事

  1. deal with
  2. adjective(形容詞)
  3. センテンススプリング
  4. middle finger
  5. カタカナ
  6. ファックについて
  7. 保証する
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. hatena
  10. rich / wealthy

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. out-of
  2. 日焼け
  3. made-of-made-from
  4. cool(クール)
  5. vary
  6. as if / as though
  7. コーナー
  8. grind
  9. wipe
  10. practical
  1. uk

    イギリス

    イギリスとイングランド、ブリテンとUKの違い
  2. face-to-face

    イディオム・熟語・慣用句

    「面と向かって / 直接会って / 対面で」を表すface-to-face
  3. handle

    和製英語とカタカナ英語

    和製英語の検証「ハンドル(handle)」
  4. ラインとシリーズ

    英単語の意味と使い方

    lineとseriesの違いについて
  5. 飲酒運転

    イギリス英語とアメリカ米語

    飲酒運転を英語でいうと?
PAGE TOP