性別不明

性別不明の場合の三人称は何を選ぶ?

ニュースに限りませんが、相手の性別がわからない状態で、三人称で表現する必要がある場合は「he」「she」のどちらを使えばいいのか迷う時があります。

最終的には書き手の好みの問題であって、どれが正しいのかは議論がありますが、いくつかの候補をご紹介することはできるので取り上げてみます。

theyを使う

上に書いたように最終的には書き手がどう判断するかの問題です。

実例を取り上げてみるとコンサート会場での麻疹の流行を扱ったニュースである患者「the patient」が登場しました。

the patientと書いているので、コンサート会場にしたはしかにかかっていた患者が1人であることを意味しています。

ところが次の文章ではthey had a full-body rash(全身に発疹があった)と書かれていました。

書いた本人であるスティーブに確認してみると、これは該当の患者が男性か女性かわからないためです。

性別がわかっていればheまたはsheと書きますが、わからないため1人であってもtheyに置き換えられています。

特に医療系でプライバシーに関わる問題などでは、名前も性別も出ないケースがあるのでこのようなケースがあります。

その他のスタイル

性別がわからない1人を指す場合に、どの表現を用いるのかは明確なルールはないそうです。

考えられるのは以下のような表現です。例文は部屋の中に誰かいるのはわかるけど、誰かはわからない状況で、すべて部屋の中にいる誰かは1人です。

①Someone is in the room, but I can’t see who they are.

②Someone is in the room, but I can’t see who he or she is.

③Someone is in the room, but I can’t see who he/she.

④Someone is in the room, but I can’t see who he is.

⑤Someone is in the room, but I can’t see who she is.

⑥Someone is in the room, but I can’t see who it is.

この⑥だけかなり異形な感じがして、用いる人は少ないだろうという話です。文法的な正確さも怪しいです(たぶん間違っている)

ニュースなどでは②③あたりが広く一般的に使われています。

スティーブの見解

書き手のスタイルの好みであって、記事を書いたスティーブが①のtheyを使う方式を好んでいる、といった理由です。

彼は「he or she」を使うと文章が長くなってしまうので、簡潔に書きたいからだといっていました。

また少しですがhe or sheやhe/sheと書くと、なぜ男性のheが常に先なんだ!?といった、論争もあるようです。このあたりはポリティカル・コレクトネスのような話にもつながっていきます。

そういった理由から、彼のスタイルとしてtheyが使われています。

メールや手紙の場合

メールや手紙の場合で、相手の名前がわからない、性別がわからない場合もたまにあるかもしれません。

Smith(名字)やChris(名前)がわかっているならば、そのまま書けばいいと思います。

Dear Chris
Dear Chris Smith

名字のみ判明しており、名前も性別もよくわからない、といった状況がどれほどの頻度であるのかわかりませんが、いちおう書き方はあります。

Dear Mr./Ms. Smith

この後、手紙では二人称(you)になることが多いと思うので、ここから先は問題ないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  2. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  3. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  4. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  5. アメリカと日本の育児方針の違い

関連記事

  1. put on / wear

    イディオム・熟語・慣用句

    put on / wear / take offと服装の関係

    服を着る表現で混同しやすいのはput onとwear、dressなどの…

  2. ロゼッタストーン

    英単語の使い方と単語比較

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い

    どちらも同じ意味ですが基本的にはtranslateは「翻訳」であり、主…

  3. writing is on the wall

    イディオム・熟語・慣用句

    writing on the wallの意味

    ニュースでもたまに用いられる「writing on the wall」…

  4. トランプ

    和製英語

    和製英語の検証「トランプ(trump)」

    和製英語を検証していくシリーズの第二弾は「トランプ(trump)」です…

  5. take time

    イディオム・熟語・慣用句

    take time(時間がかかる)の意味を掘り下げる

    かかる時間を表すtakeに関してネイティブの意見を交えながら掘り下げて…

  6. police

    英単語の使い方と単語比較

    policeは警察か警察官か?

    「Police」は試験問題などでは頻出の重要単語で、文法上の扱いは常に…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

最近の記事

  1. upset
  2. 勝敗の英語
  3. 選挙用語
  4. underneath
  5. トラフィッキング
  6. ターンオン・ターンオフ
  7. shaming
  8. デブ・太っている
  9. featuring
  10. pay / cost
  1. ライトアップ

    英単語の使い方と単語比較

    英語のlightとライトアップの意味を考える
  2. badly and poorly

    英単語の使い方と単語比較

    badlyとpoorlyの使い方
  3. ペットの名前

    スラング

    ペットに多い英語の名前
  4. writing is on the wall

    イディオム・熟語・慣用句

    writing on the wallの意味
  5. オバマ大統領

    日本(Japan)

    オバマ広島演説と翻訳について
PAGE TOP