性別不明

性別不明の場合の三人称は何を選ぶ?

ニュースに限りませんが、相手の性別がわからない状態で、三人称で表現する必要がある場合は「he」「she」のどちらを使えばいいのか迷う時があります。

最終的には書き手の好みの問題であって、どれが正しいのかは議論がありますが、いくつかの候補をご紹介することはできるので取り上げてみます。

theyを使う

上に書いたように最終的には書き手がどう判断するかの問題です。

実例を取り上げてみるとコンサート会場での麻疹の流行を扱ったニュースである患者「the patient」が登場しました。

the patientと書いているので、コンサート会場にしたはしかにかかっていた患者が1人であることを意味しています。

ところが次の文章ではthey had a full-body rash(全身に発疹があった)と書かれていました。

書いた本人であるスティーブに確認してみると、これは該当の患者が男性か女性かわからないためです。

性別がわかっていればheまたはsheと書きますが、わからないため1人であってもtheyに置き換えられています。

特に医療系でプライバシーに関わる問題などでは、名前も性別も出ないケースがあるのでこのようなケースがあります。

その他のスタイル

性別がわからない1人を指す場合に、どの表現を用いるのかは明確なルールはないそうです。

考えられるのは以下のような表現です。例文は部屋の中に誰かいるのはわかるけど、誰かはわからない状況で、すべて部屋の中にいる誰かは1人です。

①Someone is in the room, but I can’t see who they are.

②Someone is in the room, but I can’t see who he or she is.

③Someone is in the room, but I can’t see who he/she.

④Someone is in the room, but I can’t see who he is.

⑤Someone is in the room, but I can’t see who she is.

⑥Someone is in the room, but I can’t see who it is.

この⑥だけかなり異形な感じがして、用いる人は少ないだろうという話です。文法的な正確さも怪しいです(たぶん間違っている)

ニュースなどでは②③あたりが広く一般的に使われています。

スティーブの見解

書き手のスタイルの好みであって、記事を書いたスティーブが①のtheyを使う方式を好んでいる、といった理由です。

彼は「he or she」を使うと文章が長くなってしまうので、簡潔に書きたいからだといっていました。

また少しですがhe or sheやhe/sheと書くと、なぜ男性のheが常に先なんだ!?といった、論争もあるようです。このあたりはポリティカル・コレクトネスのような話にもつながっていきます。

そういった理由から、彼のスタイルとしてtheyが使われています。

メールや手紙の場合

メールや手紙の場合で、相手の名前がわからない、性別がわからない場合もたまにあるかもしれません。

Smith(名字)やChris(名前)がわかっているならば、そのまま書けばいいと思います。

Dear Chris
Dear Chris Smith

名字のみ判明しており、名前も性別もよくわからない、といった状況がどれほどの頻度であるのかわかりませんが、いちおう書き方はあります。

Dear Mr./Ms. Smith

この後、手紙では二人称(you)になることが多いと思うので、ここから先は問題ないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. years oldとyear-oldの違い
  3. 「should you choose to accept it」とifの省略
  4. 「影響する」のeffect, affect, influence, impact…
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

関連記事

  1. fill-in-out

    日本語から英語へ

    「記入する」のfill outとfill inの違い

    何かの用紙に情報を記入する際には、fill outもfill inもど…

  2. スクランブル

    英単語の意味と使い方

    scramble(スクランブル)の意味を考える

    scrambleはスクランブル交差点、スクランブルエッグなどカタカナで…

  3. certified

    英単語の意味と使い方

    certificate / certification / certifyの違い

    まず前提としてこれらの単語は公的な団体などから発行、認められる資格やラ…

  4. toe-to-toe

    イディオム・熟語・慣用句

    head-to-head, back-to-back, toe-to-toeなどの表現

    「身体の部分 to 身体の部分」で表現できるものがいくつか登場したので…

  5. path

    英単語の意味と使い方

    pathの意味と使い方、passとの違い

    pathはもともとは小さな道、小道、散歩道みたいなものを指します。そこ…

  6. known

    イディオム・熟語・慣用句

    be known toの意味と使い方

    「be known to + 動作」の使い方がネットで検索しても日本語…

おすすめ記事

  1. センテンススプリング
  2. present
  3. bread
  4. yera-old
  5. 炎上
  6. 赤ちゃん
  7. ハンバーグ
  8. hatena
  9. 英語の先生
  10. lay-lie

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. address
  2. portray
  3. alter, modify, chnage
  4. insist
  5. let-off
  6. edible / inedible
  7. in-the-name-of
  8. emblazon
  9. stable
  10. long-for
  1. iphone

    英文法とライティング

    iPhoneやgoogleを小文字にするか? 大文字にするか?
  2. yera-old

    英単語の意味と使い方

    years oldとyear-oldの違い
  3. コメント

    英単語の意味と使い方

    comment / remark / commentaryの違い
  4. free

    英単語の意味と使い方

    freeとfreelyの違い
  5. habit

    英単語の意味と使い方

    custom, culture, tradition, habitの違い
PAGE TOP