hangout(ハングアウト)

「ぶらぶらする」を英語でどう言うか?

英語で「ぶらぶらする」は一般的には「hang out」で表現可能です。特に何をするわけではありませんが「遊ぶ」といった意味です。

類似の表現で「hang around」もあるので、ネイティブスピーカーの意見を交えながら違いをご紹介します。

使い方は例文を参考にしてください。

hang out(ぶらつく・遊ぶ)

遊ぶ、ぶらぶらする、たむろするといった感じで、要するに「特にこれといった目的もなく時間を過ごすこと」です。特に何か具体的な動作に言及しているわけではありません。

I play with my friends on weekends.
週末に友達と遊ぶ。

上の例文のようなplayを使った表現は子どもにのみ使うもので、公園で遊んだりなど子どもの遊びを指します。

I hang out with my friends on weekends.
週末に友達とぶらぶらする / 遊ぶ。

hang outは大人に対する表現です。飲んだり食べたりビリヤードしたり、具体的に何かを指すわけではありませんが日常的な遊びを指しています。

Last weekend I hung out with my friends.
先週末、友達と遊んだ。

I like to hang out in Namba.
難波でぶらつくのが好きだ。

上の例文のように地名や場所(in a bar / at the mall)などを入れると、そこで特に何もせずにブラブラしているといった意味になるので、使い勝手がいいと思います。

もし具体的に何かやることが決まっているならば、それはもう遊園地に行くなり、カラオケに行くなり、カフェにいたなり、そういえばいいだけの問題です。

hangの基本的な使い方については以下の記事に詳しくまとめています。意味が2種類あり、活用も異なります。

hang outとhang aroundの違い

意味としては近いのですが、2つの表現は完全に一致するわけではありません。本当に細かい違いなので気にせずに使ってください。

hang outは「特別なことは何もしない」であり、そこから遊ぶ、ぶらつくといった感じの表現になっています。

hang aroundはどこか一か所に留まることを前提にしているような表現です。

I’m going to hang around the festival until the fireworks show begins.
花火が始まるまで、お祭りをぶらつくつもりだ。

She hung around the coffee shop all day because she didn’t want to go home.
彼女は家に帰りたくなかったので、1日中コーヒーショップでぐだぐだしていた。

特別なことを何もしないという意味では同じですが、その場でとどまっている意味が強くなります。

この違いについては別の記事で詳しく掘り下げています。多くの場合、相互に置き換えが可能ですが会話などでニュアンスの違いが出るため、完全に同じ意味ではありません。

walk / take a walk

本当に「ブラブラと歩く」という歩く行為を指すならば、単純にwalkを使って表現も可能です。

I walk home.

上のように書くと、家まで歩くという行為、手段によった表現です。シンプルな表現です。

I take a walk after work.

上のようにtake a walkになると、単に仕事の後に歩くことだけではなく、周囲を眺めてみたり歩く以上の行為をやっているニュアンスがでます。広い意味では「ぶらついている」と解釈できます。

Let’s walk to Umeda.
梅田まで歩こう。

Let’s take a walk to Umeda.
梅田まで歩こう。

walk単体で使うと電車やバスではなく「歩く」を選択しています(もしくは梅田が目的地であることを強調しているようにも読めます)

take a walkのように書くと、単なる歩く動作以上の、全体としての活動としての歩くこと、歩きながら楽しむことを意味しています(同様に目的地が梅田であることも意味します)

これらはlook at / take a look atなどにも当てはまり、take a look atは見るという単なる動作以上の、全体的なアクティビティやプロセスを重視した表現です。

その見る行為そのものを楽しもうみたいなニュアンスが入ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  2. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  5. fuck(fucking)の意味と使い方

関連記事

  1. bound

    英単語の意味と使い方

    bound for / 〇〇-boundの使い方

    boundという言葉が少しややこしいのは、いくつかの異なる言葉がたまた…

  2. used-to

    イディオム・熟語・慣用句

    「used to」と「be used to」の意味の違いと使い方

    used toはさまざまな場面で同じ形を見かけますが、前後の文脈や品詞…

  3. gray

    イギリス英語とアメリカ米語

    灰色・グレーの「grey」と「gray」の違い

    grey / grayは結論から先に書けば綴り・スペルが違いますが、ど…

  4. writing

    アメリカ

    筆記体(cursive)は必要なのか?

    筆記体は英語では「cursive」または「cursive handwr…

  5. チャレンジ

    和製英語とカタカナ英語

    「challenge(チャレンジ・挑戦する)」の意味と使い方

    和製英語とまではいいませんがチャレンジ(Challenge)もカタカナ…

  6. imagery

    英単語の意味と使い方

    imageryとimageの違い

    ニュースに「imagery」という単語が登場したことがあります。辞書で…




おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. middle finger
  3. bread
  4. お客さん
  5. asas
  6. 保証する
  7. capital-letter
  8. 本当は好きじゃなかった
  9. カタカナ都市名

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. given
  2. コンポーネント
  3. ブリックアンドモルタル
  4. risk
  5. run-ran
  6. 参加する
  7. スクラップ
  8. スクラッチ
  9. choose
  10. タイアップ
  1. juice

    和製英語とカタカナ英語

    和製英語の検証「ジュース(juice)」
  2. マンション・アパート

    和製英語とカタカナ英語

    英語のmansion(マンション)とapartment(アパート)の意味を考える…
  3. refrain

    英単語の意味と使い方

    refrain (from)の使い方
  4. post

    和製英語とカタカナ英語

    英語の「post(ポスト)」はどういう意味なのか?
  5. in-the-name-of

    イディオム・熟語・慣用句

    in the name of / go by the name ofの意味と使い…
PAGE TOP