マーチャンダイズ

グッズ(goods)とマーチャンダイズ(merchandise)

カタカナで定着している「グッズ(goods)」はどうやら英語ではあまり使われない言葉だと教えてもらいました。

「くまモンのグッズを集めてるよ~」「グッズの販売コーナーはあちらです」の時に使われるグッズです。

別に変な言葉ではなく英語でも普通に「商品」「品物」の意味はあるのですが、日本ほど使われていない言葉です。

「グッズ」は発音しやすく日本人にもわかりやすい言葉だったのでカタカナで定着したのだと推測できますが、日本と英語圏でギャップのある言葉になってしまっています。

ではどういうのかといえば以下の「merchandise」がよく使われています。あわせてstuffも取り上げてみます。

merchandise(マーチャンダイズ)

その代わりに日本で聞くとビジネス用語に感じてしまう「マーチャンダイズ(merchandise)」が日常でも使われています。略して「merch」とも呼ばれます。

これも「品物、商品」の意味ですが、くまモン関連商品のようにキャラクターとタイアップしたものなど少し商業的なニュアンスが出ますが、あまりに気にせずに英語では「グッズ」の感覚で使ってみてください。

She collects Kumamon merchandise.
(彼女はくまモンのグッズを集めている)

特にアプリ内のニュースではさまざまなイベントや関連する商品を紹介しているので、登場回数の多い単語です。ニュースの雰囲気とも合うので、少しビジネス用語的な雰囲気を持つこの単語が使われます。

日常英会話でも普通に使えますがニュアンスとして親戚の子どもに「さあ、おっちゃんがディズニーのマーチャンダイズあげるよぉ~」とは言わないし、子ども達もまた「アナと雪の女王のマーチャンダイズほしいぃ」とも普通はいいません。

日本ではビジネス用語として「マーチャンダイジング(merchandising)」もありますが、けっこうカタカナ使いの言葉になっています。

一般的に「マーチャンダイジングをする」といった場合には、それが意味するのは「商品の仕入れ、販売、管理などの一連の活動、マーケティング」を指しています。

stuffでもOK

日常会話におけるカジュアルな感じならば「stuff」が使われます。そうなるとやはりgoodsが使われない傾向があります。

以下の例文はどれも同じ意味です。

They have lots of Disney merchandise.
They have lots of Disney stuff.
They have lots of Disney goods.
(彼らはディズニーグッズをいっぱい持っている)

どれもほぼ同じ意味ですがgoodsだけ、英語ではあまり使われないみたいです。不可算名詞である点も注意が必要です。

productとitem

他にもいくつか候補がありproductとitem、thingあたりも文章としては成立します。

They have lots of Disney products.
They have lots of Disney items.
They have lots of Disney things.

これらはどれも不自然ではない文章になりますが、やはり言葉のニュアンスの差が出るみたいです。

スティーブに確認してみましたがproductを使うとディズニーそのものが製造している感じを受けるみたいです。

TOYOTAのproductならば製造業であるトヨタ自動車の車を指して問題ありませんが、ディズニーのぬいぐるみなどはディズニー自体が作っているわけではありません。必ずしもそうなるわけではありませんが、言葉の持つ雰囲気からすると「グッズを集めている」に対して使うのはちょっと違和感が出ます。

thingsについてはあまり個人的には使わないけども使う人がいても不思議ではないレベル。itemも個人的には使わないし、絶対にstuffが適切な感じがするけどもアイテムという人がいてもおかしくはない感じみたいです。

翻訳の難しさ

英文でmerchandiseが登場したときは、日本語訳に「グッズ」を入れると一番ぴったりしますが、いつも葛藤があります。

They also set a record for most merchandise sold at Wembley.
(またウェンブリーにおいて最も商品が売れた記録も打ち立てている)

これはBaby Metalのイギリスのウェンブリー・アリーナでの公演をニュースで伝えた内容の一部です。

日本人としては初のウェンブリー・アリーナでのメイン公演だったわけですが同時にグッズの記録も樹立しています。

「グッズ」と訳したらわかりやすいんですが、merchandiseをグッズと訳すのは、goodsという単語が存在している以上はちょっと抵抗があるんですよね。

カタカナとはいえ、英単語を別の英単語に置き換えてしまうケースは、翻訳業界ではどうなっているのか気になるところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 保証するのassure, ensure, insure, guaranteeの違…
  2. 英語で「パン(pan)」といった場合に何を意味するのか?
  3. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  4. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  5. 「修理する」のfix / repair / mendの違い

関連記事

  1. prank-call

    イギリス

    イタズラ電話(prank call)をする

    イギリスのユーチューバーが人気歌手アデルの『Hello』を使って、ドミ…

  2. emblazon

    英単語の意味と使い方

    emblazon(emblazoned)の意味と使い方

    emblazonは「~を飾る」の意味で辞書に掲載があります。何らかの印…

  3. cheer

    英単語の意味と使い方

    cheer(for / up / on)の意味と使い方

    チアリーディングなどの言葉で知られるcheerは「声援を送る」などの意…

  4. expect

    英単語の意味と使い方

    anticipate / expect / predictの違い

    どの単語も「予期する、見込む、期待する、見込んで、見越して」など将来に…

  5. ifと仮定法

    英文法とライティング

    ドリフで考えるifと仮定法(もしも威勢のいい銭湯があったら)

    if単体では「もしも」の意味ですが、仮定法の話題に突入すると急に話がや…

  6. teacher

    英単語の意味と使い方

    teacher / instructor / tutorの違い

    「教える人、先生」を意味するteacherとinstructorの違い…

おすすめ記事

  1. deal with
  2. rich / wealthy
  3. 眼鏡
  4. ミッションインポッシブル
  5. 影響を与える
  6. asas
  7. capital-letter
  8. カタカナ都市名
  9. お客さん
  10. ツイッター

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. portray
  2. alter, modify, chnage
  3. insist
  4. let-off
  5. edible / inedible
  6. in-the-name-of
  7. emblazon
  8. stable
  9. long-for
  10. cheer
  1. under

    英単語の意味と使い方

    underとunderneathの違い
  2. ライトアップ

    英単語の意味と使い方

    英語のlightとライトアップの意味を考える
  3. chill

    英単語の意味と使い方

    chill / chill out / chillyの意味と使い方
  4. nude

    英単語の意味と使い方

    nude(ヌード)とnaked(ネイキッド)の違い
  5. デコピン

    スラング

    海外のデコピン事情とパンチバギー
PAGE TOP