飛行機

飛行機に関連する英語表現

英語を勉強している方は海外に行かれる人も多いと思います。このページではアプリ『ざっくり英語ニュース!StudyNow』に登場した飛行機関連の英語表現をまとめてみました。

チケットを買うことから、flyやflightなどの英単語の表現をまとめてみました。基本的な項目が多いですがご参考にしてください。

flight(フライト)

flightはおなじみの「飛行機の旅行/移動」を指します。飛行機なので「便」と訳してもいいかもしれません。

My flight to California leaves at 10:00 am.
私のカリフォルニア行きの便は午前10時に立つ。

They will serve breakfast and lunch during the flight.
彼らはフライト中に朝食と昼食を提供するだろう。

Enjoy your flight!
よいフライトを!

in-flight

インフライトサービス

機内で提供されるものはin-flightで表現することができます。機内食や機内で鑑賞できる映画などを表現できます。

There is an in-flight movie.
飛行中用の映画があるよ。

There are New York, Paris, and Rome flights each with unique in-flight meals.
ニューヨーク、パリ、ローマ便がありそれぞれ固有の機内食がある。

チケット・便の種類

チケット種類

「片道・往復」みたいな答えは航空機だけでなく、旅先で観光地を目指す列車やモノレールのチケットを買う時にも頻出なので、覚えておくと便利ですよね。

one-way(片道)

I bought a one-way ticket to China.
中国行きの片道キップを買った。

round-trip(往復)

I bought a round-trip ticket to London.
ロンドンへの往復チケットを買った。

return-trip(往復または帰路)

文脈によって少し解釈が変わり、「往復」または「帰り」の両方の意味が成立します。特に「ticket」などが来ると、行く帰るの「往復」を意味します。

I bought a return-trip ticket to New York.
ニューヨーク行きの往復チケットを買った。

しかし、以下のように特定の文脈で使われると「帰路・帰り道」の意味にもなりえます。

I saved some money for the return trip.
帰りの旅費のためにお金を貯めた。

direct/non-stop(直行便)

This is a direct flight from Osaka to Vancouver.
これは大阪からバンクーバーへの直行便です。

connected(経由便)

I booked a connected flight from Osaka to Helsinki via Bangkok.
バンコク経由の大阪からヘルシンキへのフライトを予約した。

bookは「予約する」の意味でよく使われます。

stop-over

経由地での滞在時間が24時間以上の場合を指し、外に出るので入国審査はあります。

複数の国や都市を観光したい場合には便利ですが、チケットによってはストップオーバーを認めていない場合もあります。

日本からロンドンにオランダ航空で行きましたが、アムステルダムの経由便だったのでアムステルダムで2日ほど滞在して観光をしたことがあります。

transit / transferの違い

基本的な用語の意味として「transfer」は乗り換えのことです。直行便がない都市へ行く場合、経由地で違う飛行機に乗り換えることです。別の航空会社の飛行機に乗ることも考えられます。

接続便をうまく設定しないと、空港で長時間待たされることになったりで大変で、逆に接続時間が短すぎても手続きに時間がかかり乗り継ぎ便に乗れないという問題が発生します。

transitは燃料や食糧を補給する為に一度着陸することが目的で、再び目的地に向けて飛び立ちます。「通過する」といったニュアンスが強いです。

したがって、いったん降りてトランジットルームで待機してから同じ飛行機に乗りなおすことを指します。

ただし最近はJALで羽田に到着して、同じJALの別便に乗ることも「transit」と呼んだりするようなので、あまり厳密に区別されていないような感じがします。

fly

飛ぶの意味で知られる基本単語のflyですが、想像はつくけど意外な意味があったりするので確認してみました。

fly(飛行機で飛ぶ)

過去形はflew、過去分詞はflownと不規則変化をします。

飛ぶですが鳥などのように「(自分の力で)飛ぶ」と、飛行機での移動などで「(乗り物で)飛ぶ」の両方に使えます。

以下は飛行機での「飛ぶ」です。

I flew to Hawaii on my vacation.
休暇でハワイに[飛行機で]行った。

I will fly to Chicago for the convention.
私は会議のためにシカゴへ(飛行機で)飛ぶだろう。

I will fly to Tokyo for business.
仕事で東京まで飛行機で行くだろう。

I hate flying over the ocean.
海を越える飛行機のフライトが嫌いだ。

I’ve never flown before.
今まで飛行機に乗ったことがない。

I’m afraid of flying.
飛行機が怖い。

flyだけで「飛行機」を含んでいる点がちょっと混乱する要素でしょうか。

fly(自力で飛ぶ)

flyは自力で「飛ぶ」の意味としても使えます。当たり前ですが人間ではない何かに使います。

Ducks can fly but penguins can’t.
アヒルは飛べるけど、ペンギンは飛べない。

Superman should beat Batman easily because Superman can fly.
スーパーマンはバットマンを簡単に倒すはずだ。なぜならスーパーマンは飛べるからだ。

「飛行機で飛ぶ」「自力で飛ぶ」のどちらにも取れるので古いジョークになっていたりします。

I just flew here from L.A. and my arms are so tired.
ロサンゼルスから飛んできたので、腕がとても疲れたよ。

ただしスカイダイビングなどはflyでは表現しないそうです。

fly(飛行機を操縦する)

飛行機を「操縦する」といった意味にもなります。

When the pilot got sick, I had to fly the plane by myself.
パイロットが病気になったとき、私は一人で飛行機を操縦しなければならなかった。

A pilot flies an airplane.
パイロットは飛行機を操縦する。

fly(旗・タコなどを掲げる)

他にも目立たない使い方があり、なんとなく前後の文脈で想像つきますが「旗などを掲げる」の意味があります。

On holidays many people fly the national flag.
祝日には多くの人々が国旗を掲げる。

On Children’s Day some families fly a Koi No Bori.
こどもの日には、いくつかの家族が鯉のぼりをあげる。

他にも「タコ(kite)をあげる」などもあります。

I flew a kite with my daughter last week.
先週、娘とタコをあげた。

on the fly

「その場の判断で、事前の準備なしに、臨機応変に」といった意味で使われています。

The interviewer lost her notes so she had to think on the fly.
インタビュワーはメモを失くしたので、彼女はその場で考えなければならなかった。

There was no time for training so all the new employees had to learn on the fly.
訓練の時間がなかったので、新しい従業員全員が臨機応変に学ばなければならなかった。

The president is very professional and fixed all of the mistakes in the speech on the fly.
大統領はとてもプロフェッショナルで、スピーチ中のミス全部をその場その場で修正した。

on the flyの補足

on the flyを辞書で調べると「とても忙しく、急いで」なども掲載されていますが、スティーブにいわせると全部いっしょだという話です。

要するに頭で考える間もなく、その場で臨機応変に対応することを指してon the flyになります。

このon the flyは「飛んでいる」という意味はなく、on the flyが登場すると必ず「その場で対応する、臨機応変に」の意味になります。

もし本当に飛んでいるものに対しては以下のような例文が成り立ちます。

I killed the mosquito mid-flight.
飛んでいる蚊を殺した。

fly by the seat of one’s pants

以前にも書きましたが、これで「自分の経験と勘を頼りにする」「自分の経験と勘で判断・決断・処理する」の意味になります。

There was no time to study for the exam, so I flew by the seat of my pants.
試験の勉強をする時間がなかったので、自分の勘だけで対処した。

戦争中の計器類が発達していなかった時代に、おしりに伝わってくる振動だけを頼りに飛行機の状態を把握して運転したことに由来するそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  2. 靴(shoes)の単数形と複数形
  3. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  4. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  5. lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い

関連記事

  1. majesty

    英単語の意味と使い方

    her majesty, your excellencyなどの尊称について

    オランダ国王がお忍びで21年間も旅客機のパイロットをやっていたニュース…

  2. 飲酒運転

    イギリス英語とアメリカ米語

    飲酒運転を英語でいうと?

    飲酒運転に関係したニュースもアプリの中で多くとりあげてきました。…

  3. profile

    和製英語とカタカナ英語

    profile(プロフィール)の動詞・名詞での意味について

    カタカナでは「プロフィール」になっていますが、英語での読み方は【pró…

  4. オートマティック

    英単語の意味と使い方

    automaticとautomatedの違い

    automatic(オートマティック)とautomated(オートメイ…

  5. expect

    英単語の意味と使い方

    anticipate / expect / predictの違い

    どの単語も「予期する、見込む、期待する、見込んで、見越して」など将来に…

  6. mimic

    日本語から英語へ

    「真似する」のmimic / imitate / impersonate / copyの違い

    英語で「真似する」を表現する場合にはmimic / imitate /…

おすすめ記事

  1. bread
  2. 仕事
  3. タクシー
  4. mimic
  5. 本当は好きじゃなかった
  6. capital-letter
  7. ifと仮定法
  8. 倍
  9. lay-lie
  10. シューズ

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. out-of
  2. 日焼け
  3. made-of-made-from
  4. cool(クール)
  5. vary
  6. as if / as though
  7. コーナー
  8. grind
  9. wipe
  10. practical
  1. トランプ

    和製英語とカタカナ英語

    和製英語の検証「トランプ(trump)」
  2. ロサンゼルス

    アメリカ

    ロスでは日常茶飯事だぜ!日本人が驚くアメリカだけの常識
  3. as if / as though

    イディオム・熟語・慣用句

    as ifとas thoughの違い
  4. goledn

    英単語の意味と使い方

    gold(ゴールド)とgolden(ゴールデン)の違い
  5. ユニーク

    和製英語とカタカナ英語

    unique(ユニーク)とuniquelyの意味
PAGE TOP