フィーチャリング

フィーチャリング(featuring)とフィーチャー(feature)の意味と使い方

feature(フィーチャー)はニュースに頻出の単語ではありますが、文脈によって様々に訳すことができるため、いまいち実際の意味がつかみづらいように思います。

音楽で「フィーチャリング(featuring)誰々」なんて風に聞くこともあり、なんとなく馴染みのない言葉ではありませんが「実際のところ、何を意味するの!?」と思うことが度々あるので整理してみようと思います。

発音も’future’(未来)と混同されがちで「フューチャー」と読まれることもありますがカタカナにするならば「フィーチャー」が正しい発音です。

feature(フィーチャー)の意味

動詞でニュース英語に頻繁に登場する言葉です。

辞書には「~を呼び物にする、~を特集する、~の特色となる、~を特徴付ける」などの意味があります。

間違いではないのですが、確認してみると意味合いとしては「含んでいる、扱っている」ぐらいの意味にはなるそうです。

①This iPhone features a fingerprint scanner.
この新しいiPhoneは指紋スキャナーを持っている。

上の例文①の場合は「have(持っている)」程度の意味しかなく、特に指紋スキャナーを目玉にしたり「これが自慢の新機能です!」とも言っていません。数多くあるであろう新機能の中の1つに指紋スキャナーがあるといった程度です。

②The movie features several real robots.
その映画はいくつかの本物のロボットを扱っている。

③This festival features several examples of Japanese cuisine.
このお祭りはいくつかの日本食の例を扱っている。

②も③も、どの程度というのは明確ではなく、①は5分ぐらいしかロボットを扱ってないかもしれないし、②は会場の小さなスペースでしかなくメインはフランス料理の可能性もあります。

扱っている、登場するのは事実です。大きな扱いである可能性もあるけど、そうではない可能性もあるので、どちらともいえません。

②のお祭りも仮に日本食がメイン、テーマならば、以下の表現も可能です。

The festival focuses on Japanese cuisine.
そのお祭りは日本食をフォーカスしている。

映画などにおける主演?

映画などではより明確に使い分けられます。featuringや動詞のfeatureを辞書で調べると「主役を演じる」「主役にする」といった意味も掲載されています。

ネイティブチームに確認をとってみましたが「主演する」という意味ではfeatureは使わずにstar(starring)のほうがより使われるようです。

③The movie stars Tom Cruise.
④The movie features Tom Cruise.

③は明らかにトム・クルーズが主役でありメインの存在です。

④はトム・クルーズが出演しているのは事実です。けど出演時間5分だけかもしれません。主役の可能性もありますが、だったら最初からstarで表現したほうがわかりやすいです。

◎Tom Cruse will star in Mission Impossible 5.
▲Tom Cruse will feature in Mission Impossible 5.

「トム・クルーズはミッションインポッシブル5で主役を演じるだろう」を意味する場合はstarを使った表現が自然だという話です。

featureを使った下段は間違いというわけではないらしいのですが、そもそも、こういう言い方をしないそうです。

文法としては合ってる、辞書から判断できる意味では合ってる、けど全体としてはこういう表現をしないし、すごく変に見えるというネイティブの意見です。

featuring / feat.(フィーチャリング)

日本の音楽でもおなじみの「フィーチャリング」は日本語では「客演する、共演する、ゲスト参加する」ぐらいの意味になります。「コラボする」と考えてもいいと思います。

The new Justin Bieber song features Rhianna.
新しいジャスティン・ビーバーの曲はリアーナが客演している。

I like that Justin Bieber song featuring Rhianna.
ジャスティン・ビーバーがリアーナとフィーチャリングした曲が好きだ。

上の場合は、メインはジャスティン・ビーバーであり、リアーナはコーラス部分の参加などあくまでゲスト、客演しているといった程度に感じられるのはカタカナと同じです。

⑤I like that song where Justin Bieber features with Rhianna.

⑤のように書くと、ジャスティン・ビーバーとリアーナが共に、他の誰かの作品でフィーチャリングしたようなニュアンスになります。

流行っているといえば変ですが、最近のビルボードのチャートを見てもトップ10の半分ぐらいは誰かと誰かのフィーチャリング作品になっています。

featuring with Rhiannaとwithを入れるのは間違いではありませんが、特に必要がないので、必要がないならばわざわざ書く理由がありません。

feat.とする場合は省略記号のピリオドが必要です。またft.のような省略も見られます。しかし、読み方は省略せずに「フィーチャリング」とそのまま読みます。

feat

関係ありませんが、featで「偉業、手柄、功績、妙技、業績」の意味があるので混同されがちですがまったく違う言葉です。

歌手がコラボレーションする場合などに使われるfeaturing(フィーチャリング)の省略形も「feat.」ですが、まったく関係はありません。

He will now perform his most dangerous feat ever.
彼は今までで最も危険な偉業を今、行うだろう。

His latest feat was climbing Mount Everest.
彼の最新の功績はエベレストに登ったことだ。

ニュアンスとしては「challenge」が近いそうで、必ずしも成功していなくてもいいそうです。

どちらかといえば、達成したことに対して使うよりも、これから挑戦するニュアンスのほうが強いと言っていました。まだ未達のことに挑戦するという意味でも「challenge」が近い意味でしょう。

機械などの機能

名詞で機械などの「機能」としても用いられることが多いです。この意味だとわりとそのままなのでわかりやすいかもしれません。

The Ad Blocker feature that Apple introduced in their iOS9 has become a hot topic in the net industry.
AppleがiOS9から導入した「広告ブロック」(Ad Blockers)機能がネット業界で大きな話題になっている。

The first run of cars will have limited features.
最初の生産の自動車には限定の機能があるだろう。

feature article(特集記事)

雑誌などで「特集する」もこの言葉で表現できますがちょっと注意が必要です。

①This magazine has a feature on Taylor Swift.
②This magazine features Taylor Swift.

「この雑誌はテイラー・スウィフトを特集している」を意味しますが少しニュアンスに差がでます。

①は大きな紙面をさいて特集記事を組んでいる感じで、私がイメージする「◯◯特集」に近いです。

①の名詞の使い方は「feature article(特集記事)」の省略なので扱いが大きなものを指します。

②の動詞は先に説明したように、どの程度かは明言されていないけどテイラー・スウィフトの記事がある、扱っているといった感じです。

大きいかもしれませんし、小さいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 仕事を意味するjob / work / occupation / career …
  2. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  3. 「真似する」のmimic / imitate / impersonate / c…
  4. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  5. deal with / deal inの意味と使い方

関連記事

  1. until

    英単語の意味と使い方

    untilの使い方に納得できなかった話

    東京オリンピックの佐野研二郎氏のロゴ問題を取り上げたニュースで「unt…

  2. ジャックスパロウ

    スラング

    ジャック・スパロウの口癖「savvy(サヴィ)」の意味

    パイレーツ・オブ・カリビアンでジョニーデップが演じて人気となった海賊の…

  3. breakthrough

    和製英語とカタカナ英語

    「ブレイクする」はbreak throughで表現できる

    目をつけていたアイドルやバンドなどが「もうすぐブレイクすると思う」のブ…

  4. 担当責任

    イディオム・熟語・慣用句

    in charge of / responsible forの違い

    どちらも似たような言葉ですが、一般的な解釈ではin charge of…

  5. 鹿

    英単語の意味と使い方

    deer(鹿)の複数形は?

    動物の中には複数形の扱いが特殊になるものがいくつかあります。その中でd…

  6. burden

    英単語の意味と使い方

    burdenの意味と使い方

    burdenは「負担、重荷」の意味があり、本当に重量の重い荷物を指すよ…

おすすめ記事

  1. 英語の先生
  2. 赤ちゃん
  3. capital-letter
  4. mimic
  5. ハック
  6. 保証する
  7. タクシー
  8. hatena
  9. カタカナ
  10. 本当は好きじゃなかった

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. stable
  2. long-for
  3. cheer
  4. cheek
  5. fix / repair / mend
  6. maternity
  7. in the course of
  8. ~になる
  9. burden
  10. shithole
  1. capital-letter

    英文法とライティング

    英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. 肥満大国

    アメリカ

    アメリカが肥満大国になる理由
  3. at-first

    イディオム・熟語・慣用句

    at firstとfirstの使い方を混同している人が多い
  4. football

    イギリス

    サッカーのイギリス代表はなぜ存在しないのか?
  5. writing is on the wall

    イディオム・熟語・慣用句

    writing on the wallの意味
PAGE TOP