feather in the cap

feather in the cap(羽の付いた帽子)

アメリカが2016年内にISIS(イスラム国)を壊滅させる計画があるというニュースを配信した時に見慣れない表現がありました。

文脈としては、イスラム国を壊滅させることは可能だが、追い詰められるとやけくそ気味な過激なテロに走る懸念があると言った流れです。

Although officials say there is no political motive to end ISIS, it would be seen as a feather in the cap of President Obama’s time in office before he steps down.
当局者はISISとの戦いを終わらせることに政治的動機はないというものの、オバマ大統領が退任する前の在任中に、追加の業績を見ることになるかもしれない。

オバマ大統領はこの時点で退任が決まっており、国内の人気取りのためにやる政治的な理由はないけれども、もしイスラム国を壊滅させたら追加の功績になる、といった流れです。

この「追加の功績」にあたるのがfeather in the capになります。

feather in the cap

言葉をそのまま読むと「feather(羽)」のついた帽子のことで、辞書には「誇りとなるもの、自慢の種、手柄、立派な業績、名声[栄誉]の印」と書かれています。

feather in one’s capのようにその帽子の所有者を入れる場合もあります。

スティーブとこの表現について話し合ったのですが、ニュアンスとしては帽子そのものがすでに立派で、そこに羽がつくとさらに見栄えがする、といった意味だそうです。

ニュースにあるようにオバマ大統領は退任が決まっているので、国内向けの人気取りのためにイスラム国を壊滅させる政治的な動機はありません。

しかもオバマ大統領は今までに過去の功績があり、すでに立派な帽子をかぶっています。

そこにイスラム国壊滅の功績がつくと、羽がついてさらに豪華に見えるかもね、といった意味で、おそらくオバマ大統領がイスラム国壊滅をしなくても、文句は出ない(おそらく次の大統領の仕事)だろうという話です。

はじめての功績

したがって「誇りとなるもの、手柄、立派な業績」を指すけれど、はじめてのものにはあまり使わないそうです。

例えば私が宝くじで1億円あてた場合にはfeather in the capとはいわないけれど、その翌日に1000万円をさらに当てたらこちらはfeather in the capと呼ぶかもしれないといった感じです。

何か十分な功績・実績があって、そこに追加で何かあるとより立派なものとして見栄えがするといった感じの表現になります。

日本語でいえば「箔がつく」といった意味が近い言葉でしょうか。

先日、メジャーリーグでイチローが3000本安打を記録しましたが、イチローはすでに記録を多くもっているので、これはfeather in the capといえます。

しかしイチローのメジャー1年目の新人王やその他の記録・業績をfeather in the capと判断するかは人によって見解がわかれるところです。

日本での功績をすでに成功した業績と考えるか? また1年目のシーズン中の活躍を成功と考えてシーズン最後に勲章としてタイトルを獲得したと考えるかで、判断がわかれる部分もあるそうです。

最後に例文を書いておきます。

Jackie Chan’s Academy Award is a feather in his cap for a long career in motion pictures.
(ジェッキーチェンのアカデミー賞は、彼の長い映画の経歴の中で、さらなる業績だ)

ジャッキーチェンにアカデミー賞の名誉賞(功労賞)が贈られることが決まりましたが、これもジャッキーにとってはアカデミー賞がなくても、今までのキャリアを考えると十分な功績です。
そこにアカデミー賞を獲得すれば、さらに立派に見えるねといった意味が成立します。

同じく羽に関連した表現ではknock me over with a featherもあるのであわせてご紹介しておきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. Fuck(fucking)についての考え
  3. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  4. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  5. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

関連記事

  1. ブレーク

    イディオム・熟語・慣用句

    break up / down / off / in の違い

    breakは後ろにoff, up, downなどをともなって様々な意味…

  2. マンツーマン

    イディオム・熟語・慣用句

    face-to-face, head-to-head, man-to-manなどの表現

    ニュースにface-to-faceやhead-to-headのような「…

  3. after

    英単語の使い方と単語比較

    name after, take afterなど様々なアフターの使い方

    afterは「~の後で、~の後ろに、~の後に」といった基本単語ですが、…

  4. マジシャン

    英単語の使い方と単語比較

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当…

  5. トランプ

    和製英語

    和製英語の検証「トランプ(trump)」

    和製英語を検証していくシリーズの第二弾は「トランプ(trump)」です…

  6. habit

    英単語の使い方と単語比較

    custom, culture, tradition, habitの違い

    習慣や傾向を表す言葉には「custom」「tendency」「trad…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

最近の記事

  1. ヌード
  2. オランダ
  3. 三角形
  4. ターン
  5. 予備選挙
  6. upset
  7. 勝敗の英語
  8. 選挙用語
  9. underneath
  10. トラフィッキング
  1. ダース

    英単語の使い方と単語比較

    dozen(ダース)という不思議な単位の使い方
  2. karaoke

    世界とアジア

    中国のカラオケ(KTV)事情
  3. upset

    英単語の使い方と単語比較

    英語で番狂わせを意味するupset
  4. クレーム

    和製英語

    「クレーム(claim)」はどこまで和製英語か?
  5. セブンイレブン

    イギリス英語とアメリカ米語

    911をセブンイレブンといってしまうトランプ氏に見るアメリカ英語の特徴
PAGE TOP