far

farの比較級(farther / further)について

farの比較級、最上級は2種類あり、ややこしいので整理しておきます。

これは以前にも紹介した「laterとlatterの違い」と似たような感じです。

一般的にfartherは距離に対して使い、furtherは進捗など何かの進み具合について用いられます。

fartherとfurtherの発音の違い

まず発音が少し違います。お父さん「father」とも発音が似ていますがRが入っているため微妙に違います。

farther【fɑ́ːrðər】
further【fə́ːrðər】
father【fɑ́ːðər】

far – farther – farthest

こちらはたいてい距離の問題について用いられます。

My family moved farther away from my school.
私の家族は学校からさらに遠くへ引っ越した。

Neptune is the farthest planet from the Sun.
海王星は太陽から最も遠い惑星だ。

far – further – furthest

こちらは進捗など物事の進み具合に対して用いられます。

Out of everyone in my class I read the furthest in the book.
クラスのみんなのうち、私は最も本を読み進めている。

I’d like to meet you face-to-face and discuss the contract further.
契約についてより話し合いたいので、面と向かってお会いしたいです。

Before I talk about that further, I would like to explain the reason we started this project.
(プレゼンにて)この先の話をする前に、私達がこの計画を始めた理由についてご説明したいと思います。

実際にアプリ内で配信されたニュースでは以下のような文章が登場しています。築地市場の移転問題についてのニュースです。

The findings are expected to increase pressure on Tokyo governor Yuriko Koike to further postpone the relocation.
その発見で、移転をさらに延期することへの東京都知事小池百合子の重圧が増加することが予想される。

どちらでもいいパターン

しかし、ネイティブに聞いてみると「距離」については同じように使うことができます。

The USA is farther than Korea.
The USA is further than Korea.
アメリカは韓国よりさらに遠い。

We moved farther away from the smoke.
We moved further away from the smoke.
私達は煙からさらに離れた。

furtherは距離だけでなく、進捗や状況などについても使うことができる点が違いです。

①We made it further than them on the project.
我々は計画を彼らよりさらに進めた。

②Further negotiations are needed to close the deal.
さらなる交渉が取引を終わらせるために必要だ。

ただ①をfartherといってしまうネイティブもたまにいるそうです。

②になるとfartherはさすがにいないかな、という見解です。

by far

「圧倒的に、はるかに、断然、群を抜いて」などで特に最上級を強める意味でよく使われます。

He is the richest man in the world by far.
彼は群を抜いて世界で一番の金持ちだ。

She is faster than me by far.
彼女は圧倒的に私より速い。

so far

「今までのところ」などの意味で範囲が限定されていることを指しています。

I ate two pieces of chicken so far.
私は今までのところチキンを二切れ食べた。

So far I haven’t seen any of the Harry Potter movies.
今までのところ、ハリー・ポッターの映画を観ていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. as tall asとas short asは同じ意味なのか?
  2. 英語圏で「パン」といった場合に何を意味するのか?
  3. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  4. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  5. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い

関連記事

  1. パイオニア

    英語の使い方

    パイオニア編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカのニュースマガジンTIMEが『最も影響力がある100人』として…

  2. ブラックジョーク

    和製英語

    和製英語の検証「ブラックジョークとソウルフード」

    ニュースでタイタニック号の沈没をテーマにした子ども向けのすべり台があり…

  3. ライトアップ

    英単語の使い方と単語比較

    英語のlightとライトアップの意味を考える

    みなさんご存知のように英語のlightには「光、明かり、ライト、光源」…

  4. pay / cost

    英単語の使い方と単語比較

    cost / pay / sell for / worthの違い

    支払う費用や料金などに関連する言葉ですが、似たような意味になってしまう…

  5. ホワイトウォッシュ

    スラング

    whitewash(ホワイトウォッシュ)の意味と使い方

    ニュースにwhitewash(ホワイトウォッシュ)という単語が登場した…

  6. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる

    raise eyebrowsを直訳すると「眉毛をあげさせる」ですが、誰…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. 肥満大国

    アメリカ

    アメリカが肥満大国になる理由
  2. 31円

    日本(Japan)

    Vol.03『所持金は31円』
  3. local

    英単語の使い方と単語比較

    local / rural / regionalの違い
  4. ムードメーカー

    和製英語

    和製英語の検証「ムードメーカー(mood maker)」
  5. フィーチャリング

    英単語の使い方と単語比較

    featuring(フィーチャリング)の意味を考える
PAGE TOP