uk

イギリスとイングランド、ブリテンとUKの違い

いわゆる「イギリス」と呼ばれるものが何を指しているのかを確認していきます。

UK、イングランド、イギリス、英国、ブリテン、スコットランドなどなど、知らないと混乱する要素も多いです。

特にスコットランドの人に「イギリス出身なんだ」という感覚で「イングランド出身なんだ」といってしまうと危ういですね。

4つの国からなる

我々がイギリス(英国)と呼ぶ国の正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。

外務省のサイトでも「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」と記載されているので、直訳したものが正式名称です。

以下の4つの国が集まって1つの連合王国がつくられています。

イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド

イギリスの地図

アメリカは各州がそれぞれ強い権限を持ち法律も違う連邦制ですが、イギリスは元々が違う国が集まって1つの連合国家を作っています。

法律も文化も違うし、個々の国に首都があります。みんなそれぞれの国ごとにアイデンティティがあります。

イングランド
England/English
(首都:ロンドン/London)

スコットランド
Scotland/Scottish
(首都:エディンバラ/Edinburgh)

ウェールズ
Wales/Welsh
(首都:カーディフ/Cardiff)

北アイルランド
Northern Ireland/Northern Irish
(首都:ベルファスト/Belfast)

初代ガンダムに「ベルファスト基地」が登場しますが、ベルファストには船舶の修理を行う世界最大のドライドッグがあったり、船や航空機の製造が伝統的に盛んです。

名称を整理してみる

地理的な意味から名前を考えるか、国家のような政治的な意味で考えるのか、このあたり難しいところです。

【グレートブリテン島】
右側の島を「グレートブリテン島」と呼びます。地理的な意味での名称です。
ややこしいのは地理的にはこの島を指してGreat Britainと呼ぶことです。

【ブリテン諸島】
左側のアイルランド島と右のグレートブリテン島、その他の島々を含めてブリテン諸島といいます。

【Britain/British】
「ブリテン/ブリティッシュ」といえば、イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4つの国家を指す総称と思ってほぼ間違いではないと思います。元をたどれば「ブリテン諸島」といった地理的な名称からの呼び名です。

地理的な意味での右側の島「グレートブリテン島」には「北アイルランド」は含まれません。

しかし国を指す日常会話レベルの場合の「ブリテン、ブリティッシュ、グレートブリテン」には「北アイルランド」が含まれると考えていいと思います。

ただし、人によっては「ブリティッシュ」と一緒にされるのを嫌ったり、この表現を政治的に正しくないとする意見もあるようです。

United Kingdom(UK)

これも「イングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランド」の4つからなる連合国家を指す名称です。

地理的な名称に由来する「ブリテン」と似た意味で使われますがUKは国名を省略したものです。

United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandを略してUKです。

長いですが正式な場所では省略不可能で、特に北アイルランド部分を省略するのは失礼にあたります。

これは日本人がこの英語をどこで区切るかといった問題になります。

United Kingdom of Great Britain / and Northern Ireland
(グレートブリテンのユナイテッドキングダム(連合王国)と北アイルランド)

上のように区切ってしまうと「ユナイテッドキングダムと北アイルランド」みたいな区切りで、北アイルランドがユナイテッドキングダムのおまけみたいに感じられます。

そうではなくて英語としての区切り方としては以下のほうが近いです。

United Kingdom / of Great Britain and Northern Ireland
グレートブリテンと北アイルランドによるユナイテッドキングダム(連合王国)

UKまたはUnited Kingdomと省略するのはある程度はOK、しかしGreat Britainまで言ったなら最後の北アイルランドまでいう必要が基本的にはあります。

これは区切り方の感覚の違いでもあります。

イギリス(英国)という名称

日本では「イギリス(英国)」が4つの国を指していますが、イギリスの語源は「イングランド」なので、ちょっとバランスが悪いですよね…。

たまにUK=イングランドと勘違いしている人もいて、ものすごい失礼なことを言いかねないのでご注意ください。

スコットランド人は「UKの人」であるといえ、「ブリティッシュ」であるとはいえますが、イングランドの人ではありません。

とはいえ大きなくくりで「British」と呼ばれるより、自国であるScottishであることを好む人も多いそうです。

イングランドの人(例えばStudyNowのダン)はUK出身で、ブリティッシュですが、ウェールズの人ではありません。

無理やり日本に例える

日本に無理やり例えてみると、以下の様な意識感覚かもしれません。

UK-ブリテン(関西王国)
・イングランド(大阪)
・スコットランド(京都)
・ウェールズ(奈良)
・北アイルランド(和歌山)

感覚的にはこんな感じでしょうか。

京都の人に「関西人」といっても怒らないですが、京都の人に「大阪人なんだ」といえば、それは間違いですし、たぶん一緒にされたくないと怒る人が多いでしょう。

和歌山人が大阪人ではないように、スコットランド人はイングランド人ではありません。

関連する話題でスポーツの代表チームについて話し合ったことがあります。

例文に登場する主な単語と熟語
England イングランド
Scotland スコットランド
Wales ウェールズ
Welsh ウェールズ人・語
Edinburgh エジンバラ
Cardiff カーディフ
Belfast ベルファスト
Northern Ireland 北アイルランド
Northern Irish 北アイルランド人・語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  2. アメリカと日本の育児方針の違い
  3. rich / wealthy / well off / abundant / a…
  4. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  5. 靴(shoes)の単数形と複数形

関連記事

  1. KTV

    世界とアジア

    中国のカラオケ(KTV)事情

    日本とちょっと違った海外のカラオケについてご紹介します。中国大…

  2. 自動車

    アメリカ

    アメリカの自動車事情

    アメリカに住んでいる私から見ると、日本のようにあらゆる交通機関が構築さ…

  3. 幼稚園

    アメリカ

    kindergarten, preschool, elementary schoolの違い

    「preschool(プレスクール)」と「kindergarten(キ…

  4. タイタン(巨人)

    文化と体験

    タイタン編:2015年Timeが選ぶ最も影響力がある100人

    アメリカの雑誌Timeが選ぶ「最も影響力のある100人(The 100…

  5. staff

    イギリス英語とアメリカ米語

    staff(スタッフ・従業員)の使い方と複数形の話

    staffは扱いが難しい単語で全体としての「職員、スタッフ、部員、社員…

  6. Poutine

    カナダ

    カナダを代表する料理「プティン(Poutine)」とは?

    BUZZFEEDが世界の「ポテトフライ」の食べ方を紹介する動画を作成し…

おすすめ記事

  1. ファックについて
  2. 支持する
  3. 炎上
  4. manager
  5. 眼鏡
  6. ツイッター
  7. 外国人
  8. ハック
  9. カタカナ
  10. accident / incident

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. stable
  2. long-for
  3. cheer
  4. cheek
  5. fix / repair / mend
  6. maternity
  7. in the course of
  8. ~になる
  9. burden
  10. shithole
  1. oral hygiene

    文化と体験

    日本人の口臭と歯並びの問題
  2. 日本人と無神論

    オーストラリア

    日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  3. refrain

    英単語の意味と使い方

    refrain (from)の使い方
  4. cool(クール)

    スラング

    cool(クール・かっこいい)の意味と使い方
  5. usa-food

    アメリカ

    アメリカにも美味しい食材はいっぱいあるよ
PAGE TOP