ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ

アプリ『ざっくり英語ニュース!StudyNow』ではニュースに重要な単語や表現が登場すると、スティーブに例文を書いてもらうことが多いです。

この時にわかりやすい例文を書くのですが、なぜかドナルド・トランプの例文の登場頻度が高いです。

はっきりしたキャラクターで、多くの人が知っているため、例文として伝わりやすいのだと思います。

特に悪気もなく、政治的に支持しているわけではありませんが、お世話になっています。

数えたわけではありませんが、おそらく関係ない例文のネタにされた回数ではマクドナルド(McDonald’s)といい勝負かもしれません。

以下はそんな例文を重要表現と一緒にまとめてみました。実際に起こった事実ではない点にはご注意ください。

scoop(動詞)

scoop(スクープ)は動詞で「スクープを手にする、知らせる」の意味です。

CNN scooped us on the Donald Trump story.
(CNNはドナルド・トランプのスクープを報じた)

raise eyebrows

raise eyebrowsは「人々の眉毛をあげさせる」の意味から良くも悪くもぎょっとさせるの意味になります。

Donald Trump raised eyebrows several times during the debate.
(ドナルド・トランプは討論の間、何度か人々をびっくりさせた)

この表現については詳しく取り上げてまとめているのでご覧ください。

Bull’s-eye

Bull’s-eyeは直訳すると「牛の目」ですが、言葉としてはダーツをやる人にはおなじみのブルのことです。ダーツの中心部分の円は50点のスコアがもらえます。日本ではブルと呼びますが、正式には「Bull’s-eye」と呼びます。

そこから転じて、ネガティブなことの標的、特に殺しにくるような標的、的のことを指します。「殺す」の意味は少し広くとれて、社会的に抹殺する、政治的に殺す、などの比喩的な使い方が可能です。

したがってパーティーなどで「あの女の子を狙っているんだ」といった楽しいケースには使われません。

また表現としてブルズアイが置かれる身体の部位は命中すれば一撃で死ぬような場所であって、当たっても生き延びそうな膝や肩ではありません。

Donald Trump has a big bull’s eye on his forehead now.
(今、ドナルド・トランプは額に大きなブルズアイを抱えている)

pros and cons

pros(賛成)とcons(反対)の意味で、あわせて「賛否両論」のような意味になっています。

Donald Trump has a lot of pros and cons.
(ドナルド・トランプは多くの賛否両論の部分を持っている)

latter

latterはあるグループの中での最後のものを指します。特に「2つペアの、2番目」を指すことが多いそうです。

Jeb Bush, Hilary Clinton, and Donald Trump all announced they were running for president last year, but only the latter two are still in the race.
(昨年、ジェブ・ブッシュ、ヒラリー・クリントン、ドナルド・トランプは全員、大統領に立候補すると宣言した。しかし、後者の二人だけがまだ競争にいる)
*ヒラリーとトランプを指します。

このlatterとlaterの違いは以下の記事にまとめています。

elements

「成分、要素、元素」などを意味する言葉ですが、かなり広い意味で使われます。

その中の用法の1つに「ある特定の人々」を指すことができます。

Donald Trump appeals to the angry elements of America.
(ドナルド・トランプは怒っているアメリカ人達に魅力がある)

denounce

「非難する、責める、非を鳴らす、糾弾する」などで、何かについて否定的に話すことです。

ただし日常英会話の範疇を超えた単語なので普段ではあまり使うこともないそうです。ちょっと堅めのニュースなどに登場します。

Many people denounce Donald Trump.
(多くの人々がドナルド・トランプを非難している)

propel

「前に進める、推し進める、駆り立てる」といった意味です。

心情的な意味で「推し進める」が用いられますが、将棋の歩の駒のように本当に物理的に前に進めるのにも使えないことはないそうです。

People’s anger with the US government propelled Donald Trump to become a presidential candidate.
(人々の政府への怒りが、ドナルド・トランプを大統領候補へと推し進めた)

stick

「くっつく、貼る、突き刺す、~をくっつける、~を貼る」などの意味があります。棒状のスティックの意味もあります。

英語ではputやattachなどが類義語になります。

Donald Trump’s fans are sticking with him.
(ドナルド・トランプのファンは彼につきっきりだ)

トランプ氏が登場したニュース

上にあげた表現は関係ないニュースに登場した単語の例文ですが、トランプ氏そのものをニュースとして配信した回数もそれなりにあります。

タイトルだけですがピックアップしてみました。

Controversial candidate Donald Trump continues to dominate US Republican polls
(おさわがせ候補者ドナルド・トランプ氏がアメリカ共和党の事前調査での支配的な状況が続く)

Trump calls World Trade Center attacks “7-Eleven”
(トランプ氏、ワールドトレードセンターへの攻撃を「セブンイレブン」と呼ぶ)

London Mayor Khan and Donald Trump in war of words
(ロンドン市長カーンとドナルド・トランプが舌戦)

Hilary Clinton declared winner of first US presidential debate
(ヒラリー・クリントン、最初の大統領討論会で勝利宣言)

このセブンイレブンの話に関してはアメリカの口語表現として記事にまとめています。

目立った大統領候補で話題性も高いのでニュースとしてとりあげられる回数も多いのでしょう。他にもこのブログでもいくつかトランプ氏がらみの話題をとりあげています。

和製英語の「トランプ」など話題にも触れているのでご覧ください。

Top image : Gage Skidmore

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  2. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  3. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  4. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  5. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ

関連記事

  1. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム

    アプリの中で配信したニュースに、washをつかった別々の表現がたまたま…

  2. 花粉症

    アメリカ

    花粉症とアレルギーに関連する英語表現

    日本に来て花粉症になる外国人が増えているそうです。シンガポール…

  3. drag

    イディオム・熟語・慣用句

    dragの意味と使い方のまとめ

    2017年4月にユナイテッド航空でオーバーブッキングしたため、乗客がラ…

  4. VOTE

    アメリカ

    アメリカの予備選挙(primary election)について

    アメリカは1人の大統領を決めるために非常に複雑なシステムを採用していま…

  5. only to find

    イディオム・熟語・慣用句

    only to findの意味と例文

    ニュース文にもたびたび「only to 動詞」の形で、よく「(only…

  6. オッズ

    イディオム・熟語・慣用句

    オッズ(odds)の英語表現

    海外ではスポーツの試合から選挙結果まで、さまざまな結果に対して賭けるこ…

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. 支持する
  3. 仕事
  4. present
  5. yera-old
  6. deal with
  7. accident / incident
  8. 倍
  9. ミッションインポッシブル
  10. lay-lie

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. regard
  2. manager
  3. spot(スポット)
  4. インストール
  5. rich / wealthy
  6. plant / factory
  7. New Year's resolution
  8. fill-in-out
  9. submit
  10. スクランブル
  1. ピエロ

    世界とアジア

    ピエロ(pierrot)はフランス語。英語ではなんて言う?
  2. gratefulとthankful

    英単語の意味と使い方

    gratefulとthankfulの違い
  3. 大文字小文字

    英文法とライティング

    英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  4. pollution

    英単語の意味と使い方

    contaminationとpollutionの違い
  5. face-to-face

    イディオム・熟語・慣用句

    「面と向かって / 直接会って / 対面で」を表すface-to-face
PAGE TOP