ガジェット

device(デバイス)とgadget(ガジェット)の違い

どちらもここ数年カタカナでよく使われています。デバイス、ガジェットはともに小さな機器、器具などを意味します。

ほぼ小さな機器として使う場合は、置き換え可能なケースも多いです。それでも少し使い方に違う点も見られるのでご紹介していきます。

基本的には同じ意味

基本的には同じ意味でまったく違いなく、そのまま相互に置き換え可能なケースもあります。

The smartphone is currently the most revolutionary device in the world.
=The smartphone is currently the most revolutionary gadget in the world.
現在スマホは世界で最も革新的なガジェット/デバイスだ。

She likes to collect devices like calculators and scales.
=She likes to collect gadgets like calculators and scales.
彼女は計算機や定規のようなガジェット/デバイスを集めるのが好きだ。

deviceは機器以外にも使う

注意点としてはdevice(手段、仕掛け、工夫、計画、策略)などの意味で機械的なマシン以外にも使えます。

◯ The new law is a device for police to track down criminals more quickly.
新しい法律は警察が犯罪者をより速く追跡するための手段だ。

✕ The new law is a gadget for police to track down criminals more quickly.

このようなケースではガジェットで置き換えることができません。もう一例を出します。

◯ A metaphor is a linguistic device often used in poetry.
メタファー(比喩)は詩でしばしば使われる言語的な工夫だ。

✕ A metaphor is a linguistic gadget often used in poetry.

gadget(ガジェット)の注意点

英語ではかなり意味の広い言葉で、特にここ数年で登場したわけでもなく、昔から使われているような言葉です。

意味は「珍しいモノ、小物」といった感じです。アップル・ウォッチやiPadのような物体から、モノ、小道具などの全般を指せるのと、名称がよくわからない物体に対しても使われます。

My grandfather has lots of old gadgets.
私の祖父は多くの古いガジェットを持っている。

古い缶切りや時計やよくわからないモノをおじいちゃんが持っているという意味です。

Doraemon has many gadgets from the future.
ドラえもんは多くの未来の道具を持っている。

最も影響力のあるガジェット

アメリカのTIME誌が発表した50位までのランキングで、All timeと書いていますがここ100年ぐらいで影響を与えた製品をランキング形式で取り上げています。

TIME誌ならびにTIMEの記者が選んだという根拠しかありませんが、見て楽しめる記事です。

The 50 Most Influential Gadgets of All Time(TIME)

リストのようでランキングにもなっており、テクノロジーの度合いではなく、消費者に未来を感じさせてくれたものの度合いのランキングになっているそうです。

オリジナルの記事には写真と短い解説が掲載されています。SONYをはじめ、任天堂など日本製品も多いですね。10位までは以下のようなランキングです。

10. Magic Wand
9. Apple iPod
8. Kodak Brownie Camera
7. Regency TR-1 Transistor Radio
6. Victrola Record Player
5. IBM Model 5150
4. Sony Walkman
3. Apple Macintosh
2. Sony Trinitron
1. Apple iPhone

アップル、Mac関係は多いですがwindowsがまったく触れられていないのはガジェットとしての存在が薄いからでしょうか。

2位のトリニトロン管はSONYが1968年に発売したブラウン管で、全世界で2億8000万台を売り上げています。

Hitachi Magic Wand

このランキングの中で気になってしまったのは10位のマジックワンドです。

日本の日立が1960年代に発売したハンドマッサージ機で、今でもスライブなど同様の製品があります。

ヒット商品かもしれませんが、名だたる商品を差し置いて10位にハンドマッサージのマシンというのも少し意外です。

この件に触れたらダメなような気もしたんですが、気になって調べてしまったので少し踏み込んで書きます。

このマシンはマッサージ用ですが、すでに公然の秘密として大人のガジェットとしても広く知られており、タイムの記事も少しその件について触れています。

日本のアダルトビデオなどでもよく登場していますし、英会話ではないdmm.comの会員ならおなじみかもしれません。

気になって調べてみると海外のMagic Wandの記事に「Sexual uses」という項目があり、かなりの分量を割いて学術的にも研究されているようです。

Hitachi Magic Wand(Wikipedia)

タイムの記事にもSex therapyという言葉が登場しており、なんらかの事情で性的な問題を抱える人々にマッサージ以外の目的でも使用されているようです。

それでも未来を感じさせてくれる器具の10位なのかといわれると「どんな未来だよ?」と言いたくなる非常に不思議なランキングにも思えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英会話スクールの講師になる方法
  2. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  3. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  4. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  5. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ

関連記事

  1. ネコ

    英単語の使い方と単語比較

    いつ使うかわからないfeline(猫)とcanine(犬)

    猫エイズの話題をとりあげた時にfeline(猫の)という言葉が出てきま…

  2. アクター

    文化と体験

    映画のリブート(reboot)ってなに?

    映画関係のニュースでよく使われる言葉で「リブート(reboot)」があ…

  3. 同僚・仕事仲間

    英単語の使い方と単語比較

    colleagueとco-workerの違い

    同僚、職場仲間、仕事仲間などを表す2つの言葉の違いについては、日本語で…

  4. offとaway

    英単語の使い方と単語比較

    awayとoffの違いについて

    副詞のawayとoffはともに離れていくような感覚をともないますが、例…

  5. comeback

    英単語の使い方と単語比較

    make a comebackとcome backの違い

    ニュースで「make a comeback」の表現が登場したときに、通…

  6. fee

    英単語の使い方と単語比較

    fare / fee / charge / admissionなど料金の違い

    料金もその性質や形態によって表現・単語が異なるので注意が必要です。ニュ…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. known

    イディオム・熟語・慣用句

    be known toの意味と使い方
  2. ライトアップ

    英単語の使い方と単語比較

    英語のlightとライトアップの意味を考える
  3. 日本人と無神論

    オーストラリア

    日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  4. ムードメーカー

    和製英語

    和製英語の検証「ムードメーカー(mood maker)」
  5. gun control

    アメリカ

    アメリカの主婦は買い物に行くのにも銃を持つのか?
PAGE TOP