want

wantとdesireの違いについて

desireとwantはどちらも「~が欲しい」といった意味で使うことができます。しかし、少し響きや伝わり方に違いがあるため場面によってはあまり似つかわしくないケースがあります。

またここではdesireとwantで明確に意味が変わるケースについてもご紹介します。どちらも基本単語レベルですが掘り下げてみると興味深いです。

desireとwantの違い

基本的にはどちらも似た意味で同じように使えることが多いです。以下は同じような意味になります。

This is the most wanted toy for Christmas.
This is the most desired toy for Christmas.
これはクリスマスに最も欲しかったおもちゃだ。

desireは少し派手な言葉なので状況に照らし合わせてみると少し変な感じがする時があります。それぞれの状況を見てみましょう。

ピザが欲しいとき

I want a pizza.
I desire a pizza.
ピザが欲しい。

この場合、desireのほうがピザを欲しがっている感じはありますが、ピザに使うにはちょっと派手すぎる言葉遣いかもしれません。

恋人に対しての言葉

I will give you whatever you want.
I will give you whatever you desire.
あなたが欲しいものならなんでもあげるよ。

恋人・ガールフレンドに言うならば、中森明菜もそう歌ったようにdesireのほうが、多少ロマンティックな響きがあります。

言い方次第ですがwantだと「お前がほしいものはなんでもやるよ」とぶっきらぼうに聞こえる可能性があります。

泥棒に対しての言葉

I will give you whatever you want.
I will give you whatever you desire.
あなたが欲しいものならなんでもあげます。

この場合、泥棒に対してdesireを使うと変で、切羽詰まった状況でそんな華やかな言葉遣いをするのもおかしい感じがします。

明確に意味が変わるケース

desireとwantの違いは上に説明したとおり、ともに「欲しい」の意味になります。しかし人に対して使うと明らかに意味が変わるケースがあります。

He is the most wanted man in America.
彼はアメリカで最大の指名手配者だ。

He is the most desired man in America.
彼はアメリカで最もセクシーな男だ。

この場合のwantedはポスターなどで見かける「指名手配、おたずね者」を意味する言葉です。一方のdesiredは性的な意味で「求められる」を意味するので、「セックスアピールのある人」を指します。

性的なニュアンスであれ、犯罪者と追われる人であれ「求められている」という意味では確かに同じですね。

それとは別にdesired / wanted ともに「望んだ、待ち望んだ」の普通の意味もあるので文脈で判断するしかありません。

「He is the most wanted CEO」などになると普通は「待ち望んだ社長」みたいな意味になります。セクシーなCEO、指名手配のCEOであることは否定しませんが、普通はそうはなりません。

desirableの2つの意味

似たような問題としてdesirableは「望ましい、好ましい」の意味で間違いありませんが、それがやや性的な魅力でも使われることが多いので文脈に影響を与えます。

This is the most desirable outcome.
これは最も望んだ結果だ。

That actor is considered quite desirable in certain markets.
あの俳優はある特定の市場では本当にセクシーだと見られている。

下の例文の魅力もセクシーな感じ、性的な魅力にフォーカスした文章になっています。

その証拠にグーグルのイメージ検索で「desirable」を調べると、服は着ていますがセクシー系のおねえさん画像がいっぱいでてきます。

desirable(Google画像検索)

名詞のwantとdesire

ニュースではdesireが名詞で使われていたケースがあり、意味は「熱望、切望、欲望、願望」です。

wantも同じ「ほしいこと、望んでいるもの」として、ほぼ置き換え可能なケースはあります。

He has childish desires.
=He has childish wants.
彼は子供っぽい欲望がある。

The president promised to satisfy the desires of his people.
=The president promised to satisfy the wants of his people.
大統領は人々の願望を満たすことを約束した。

wantの欠乏・不足

wantには「欠けているもの、欠如、欠乏、不足」の意味があり、こちらは試験関係の問題に登場するため有名かもしれません。

wantは欠乏、不足ではありますが、足りてないことは欲しいことでもあるので、考え方としては表裏一体の部分はあります。

She is in want of an assistant.
彼女はアシスタントを必要としている。
彼女はアシスタントの不足状態にある。

▲She is in desire of an assistant.

上のdesireの例文はアシスタントを性的に欲しがっているようなニュアンスならば、かろうじて解釈可能なレベルです。

したがってwantは基本的なモノで欠けている何かを必要とするケースに、desireは追加でほしいようなものに使われる傾向があります。

The nation is suffering for want of clean water.
その国は綺麗な水の不足に苦しんでいる。

The nation has a desire for a free-trade deal with its neighbors.
その国は隣国との自由貿易に対する熱望がある。

しかし、ネイティブスピーカーの意見ではwantを名詞で使うのは日常英会話では滅多になく、どちらかといえば詩や文学に登場する言葉遣いだという話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 世界のツイッターフォロワー数ランキング!
  2. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧
  5. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳

関連記事

  1. 英語と米語

    イギリス英語とアメリカ米語

    イギリス英語とアメリカ米語を混ぜるのはOK?

    アメリカ人のジェシカさんが書いたニュース記事で、一般的にイギリス英語で…

  2. hip

    スラング

    ヒップ(hip)とお尻の英語

    誤解されている人もいるかもしれませんが「hip(ヒップ)」はお尻のこと…

  3. ジャックスパロウ

    スラング

    ジャック・スパロウの口癖「savvy(サヴィ)」の意味

    パイレーツ・オブ・カリビアンでジョニーデップが演じて人気となった海賊の…

  4. ジブリ

    日本文化

    ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ

    スタジオ・ジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』の公開を記念し…

  5. 葬式

    英単語の使い方と単語比較

    葬式など死に関連するセレモニーの英語

    英語圏の国といってもさまざまあり、地域・宗教・宗派によって多くの種類の…

  6. 英単語の使い方と単語比較

    moralとmorale、motivationの違い

    moral(モラル)とmorale(モラール)は発音もスペルも似ている…

おすすめ記事

  1. 影響を与える
  2. カタカナ
  3. bread
  4. フリーティー
  5. hatena
  6. センテンススプリング
  7. 本当は好きじゃなかった
  8. ツイッター
  9. asas
  10. カタカナ都市名

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. ifと仮定法
  2. 影響を与える
  3. gritty
  4. wonder
  5. オープン
  6. ニューオープン
  7. サクセス
  8. admit
  9. 許可
  10. ラマダン
  1. gritty

    英単語の使い方と単語比較

    gritty / grittierの意味
  2. bread

    微妙な日本語の翻訳

    英語圏で「パン」といった場合に何を意味するのか?
  3. ロマンス

    和製英語

    英語のロマンティックとは何か?
  4. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム
  5. suffer

    英単語の使い方と単語比較

    sufferとsuffer fromの使い方
PAGE TOP