cover

cover(カバー)のさまざまな意味

調べたり聞いたりしてわかりましたが、英単語のcoverは本当に幅広い意味で使われます。使い方を順番に見ていきましょう。

カタカナでも確かにバックアップを意味したり、助けてもらったりといった派生した意味がありますが、英語だともう少し広く意味がとれます。

基本的な意味では布のようなものでかぶせて覆う「カバー」で間違いありません。

覆い隠す・保護する

まず基本的には何かを覆い隠す意味で、たいていは「保護」する目的で行われます。

I cover my sports car and keep it in the garage during winter.
(冬の間、スポーツカーにカバーをしてガレージにしまっておく)

She covered her cut with a Band-Aid.
(彼女はバンドエイドで傷口をカバーした)

援護する

特にcoverの持つ「保護する」というニュアンスが広がってさまざまな意味で使われています。

Cover me!
(援護を頼む)

アクション映画などで主人公が強行突破する際に相棒に援護射撃を頼む場合などに見られる表現です。かっこいいですね。

他にもカタカナと同じように「あいつの分はみんなでカバーしよう!」といった意味で使えます。この場合は「埋め合わせる」といった意味になります。

We all covered for Shirley while she was on maternity leave.
(私たちは全員でシャーリーが産休の間は彼女の分をカバーする)

また何をカバーするかによって微妙に意味が変わります。

①Can you cover for me while I go to the restroom?
(トイレに行く間、ちょっと私の分を見ておいてくれるかな?)

②Can you cover the phones for me while I go to the restroom?
(トイレに行く間、私の電話を見ておいてくれるかな?)

①は私の仕事の全体を見てほしいのに対して、②は電話だけ見てほしいお願いなので、少し頼んでいることが違います。

嘘をつく・かばう

以下のような表現の場合は、少し文脈や話し手の状況で意味が異なります。

I’m going to be late for work, can you cover for me?
(仕事に遅刻すると思うんだけど、私のことをカバーしてくれるかな?)

この文章は二通りの解釈があり、1つは純粋に遅刻してできない私の仕事を代わりにやってほしいというお願いです。

もう1つは上司などに嘘をついて、うまく私を「かばってほしい」という意味でのカバーになります。

支払いを持つ

金銭的な意味で支払いを肩代わりしたりといった意味にもなります。

If you want that jacket, I’ll cover it for you.
(もしあのジャケットがほしいならば、私が支払いをカバーするよ)

上の表現を見ていて不思議だったので、これは「一時的に立て替えて後で返すのか?」それとも「おごってくれるよ」の意味なのか確認しましたが、どちらとも判断つかないようです。

ジャケットのように基本的に1人で独占する品物なのか、2人で共有する要素がある品物なのか、あるいは両親が言っているのか?など、状況によって返す返さないはなんともいえないようです。

お金の話

他にもお金に関連した話では「足りる」や「範囲が及ぶ」といった意味合いでも使われることがあります。

Will $20 cover a meal here?
(20ドルでここの食事は足りるかな?)

He doesn’t earn enough to cover the costs of raising a child.
(彼は子どもを育てるのに十分な稼ぎを得ていない)

The money I make from my doujin covers my internet bill.
同人で得るお金はインターネットの支払いをカバーする。

これらの金銭的な意味でのカバーは保険業界などによく見られる表現でもあります。

His insurance policy covers damage from fire and earthquakes.
(彼の保険の規約は火事と地震の被害をカバーしている)

My health insurance will only cover 70% of the hospital bill.
(私の健康保険は治療費の7割だけをカバーするだろう)

Luckily, my insurance covered tornado damage.
(幸運にも、私の保険は竜巻被害を含んでいた)

含む

シンプルに「含む」みたいな意味でも使われます。

This book covers the years immediately after World War II.
この本は第二次世界大戦直後の数年を含んでいる。

His lecture didn’t cover how Marilyn Monroe died.
彼の講義はマリリン・モンローがどうやって死んだのかを含まなかった。

(音楽を)カバーする

ほかの歌手が過去に発表した曲を演奏・歌唱して発表することです。

He mainly covers Bruno Mars songs with an acoustic guitar.
彼は主にアコースティックギターでブルーノ・マーズの曲をカバーする。

undercover(覆面捜査)

あまり関係ありませんがundercoverで覆面捜査のような正体を偽って捜査する刑事ないしは専門機関の捜査員を指します。

He was a spy who worked undercover as a diplomat.
(彼は外交官として働く覆面捜査のスパイだった)

An undercover cop made it to a high ranking position in the mafia.
(覆面捜査の警察がマフィアの高い地位についた)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  2. 仕事を意味するjob / work / occupation / career …
  3. 「支持する」を英語でどう表現するか?
  4. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  5. 英語の形容詞(adjective)の順番・語順について

関連記事

  1. adjective(形容詞)

    英文法とライティング

    英語の形容詞(adjective)の順番・語順について

    1つの文章で「赤い/大きな/紙の/風船」のように英語で形容詞が並ぶとき…

  2. stab

    日本語から英語へ

    「刺す」のstab / sting / bite の違い

    stab / sting / biteはすべて「刺す」を意味しますが、…

  3. ガラスの天井

    イディオム・熟語・慣用句

    glass ceiling(ガラスの天井)とglass cliff(ガラスの崖)

    ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの選挙結果の報道の中で「gla…

  4. drag

    イディオム・熟語・慣用句

    dragの意味と使い方のまとめ

    2017年4月にユナイテッド航空でオーバーブッキングしたため、乗客がラ…

  5. ガジェット

    英単語の意味と使い方

    device(デバイス)とgadget(ガジェット)の違い

    どちらもここ数年カタカナでよく使われています。デバイス、ガジェットはと…

  6. 英単語の意味と使い方

    double / dual / twinの違い

    ダブル、デュアル、ツインはそれぞれカタカナでもよく聞かれるなじみのある…

おすすめ記事

  1. adjective(形容詞)
  2. シューズ
  3. asas
  4. タクシー
  5. ファックについて
  6. カタカナ
  7. ifと仮定法
  8. yera-old
  9. manager
  10. capital-letter

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cool(クール)
  2. vary
  3. as if / as though
  4. コーナー
  5. grind
  6. wipe
  7. practical
  8. uphold
  9. プリンシパル
  10. So am I
  1. デート

    和製英語とカタカナ英語

    「デートする(date)」「付き合う(dating)」を英語でどう考えるか?
  2. ネコ

    英単語の意味と使い方

    いつ使うかわからないfeline(猫)とcanine(犬)
  3. adjective(形容詞)

    英文法とライティング

    英語の形容詞(adjective)の順番・語順について
  4. ハラスメント

    和製英語とカタカナ英語

    harassment(ハラスメント)の意味(例文付き)
  5. prove

    英単語の意味と使い方

    proveの意味と使い方
PAGE TOP