pay / cost

cost / pay / sell for / worthの違い

支払う費用や料金などに関連する言葉ですが、似たような意味になってしまうので細かく違いを見ていきます。

この説明は日本語で書いていますが、元はネイティブが英語で書いてくれたものをベースに日本語に翻訳して調整しています。

そこまで難しい内容ではなく普段から普通に使う表現や単語が多いですがあらためて整理してみました。

以前に料金の性質による表現の違いをまとめた記事「fare / fee / charge / admissionなど料金の違い」もあるのであわせてご覧ください。

cost

「費用」と考えても問題ないと思います。手に入れるために必要なお金の量を指します。また動詞で「(お金・費用などが)かかる」として使われることが多いです。

This table cost $200.
このテーブルは200ドルした。

動詞では活用が過去形・過去分詞ともに変化しないのは注意が必要です。

この場合は「200ドル払えば手に入れることができる」といった意味です。

pay

誰かが払ったお金の量を指します。財布から出て行った金額だと思っても間違いないと思います。

This table cost $200, so my wife and I paid $100 each.
このテーブルは200ドルする。だから妻と私は100ドルずつ支払った。

sell for

お店が販売設定する値段、販売価格のことです。「~で売っている」と思って考えてもいいと思います。

①This table sells for $200, but I only paid $150.
このテーブルは200ドルの値段で売られているが、私は150ドルだけ支払った。

①の状態は文脈に左右されますが「お店では200ドルで設定されて売られている」という事実がまずあります。

けど支払ったのは150ドルだったのはクーポン使ったり、誕生日割引だったり、親が負担してくれたりと、なんらかの方法があって「私は150ドルだけ支払った(おそらく手に入れた)」と普通は考えます。

②This table sells for $200, but it cost me $150.
このテーブルは200ドルの値段で売られているが、私は150ドルで手に入れた。

②も同じくお店の割引などのケースもあります。しかし、ホームセンターで材料を買って自分で作ったり、ヤフオクで落としたりと、なんらかの方法で150ドルで手に入れたとも読めます。

worth

「~の価値がある」といった意味で何かの商品に対しての妥当な値段、価値を指します。

This table is worth $500 dollars, but it cost me only $200.
このテーブルは500ドルの価値がある。しかし私は200ドルで手に入れた。

This table is worth $500 dollars, but I only paid $200.
このテーブルは500ドルの価値がある。しかし私は200ドルだけ支払った。

This table is worth $500 dollars, but they are selling it for $200.
このテーブルは500ドルの価値がある。しかし彼らは200ドルで販売している。

start

値段とスタートの組み合わせは、「最低料金」を意味する言葉で、よく広告やお店側が使います。

Dresses at this store start at $100.
このお店のドレスは100ドルから売られている。

Rooms at this hotel start at $50 per night.
このホテルの1晩の値段は50ドルからだ。

お店側が使う表現であって、あまり買う側が使う表現ではないそうです。

How much do rooms start at here?
(*こういう言い方をしない)

部屋の値段を聞きたいならばシンプルに以下のような表現があります。

How much are rooms here?
How much is the cheapest room here?

discount

「割引」を意味するdiscountがややこしいのはhaveとgetで意味合いが異なる点でしょうか。

I got a discount on this suit.
(*割引でスーツを買った側の表現)

I had a discount on this suit.
(*割引でスーツを売った側の表現)

一般的には売る側は以下のような表現になります。

The store has a discount on suits.
そのお店はスーツを割引している。

The store is offering a discount on suits.
そのお店はスーツを割引している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプが登場してしまった例文まとめ
  2. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  3. アメリカと日本の育児方針の違い
  4. Fuck(fucking)についての考え
  5. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?

関連記事

  1. ヘビー

    スラング

    爆買いを「heavy」で表現可能か?

    中国人観光客による大量の買い物が日本経済に貢献しています。ほかにも爆誕…

  2. turn-into

    イディオム・熟語・慣用句

    「~になる」の become / turn into / getの違い

    get / become / turn intoはどれも日本語にしてし…

  3. Death Stranding

    日本文化

    小島秀夫のDeath Strandingの意味

    コナミ在籍時代に『メタルギアソリッド』シリーズの監督として知られた小島…

  4. ホーディング

    英単語の使い方と単語比較

    hoarding(ホーディング)とholding(ホールディング)

    ニュースに「hoarder」と「holder」の単語が登場して混乱しま…

  5. ネコ

    英単語の使い方と単語比較

    いつ使うかわからないfeline(猫)とcanine(犬)

    猫エイズの話題をとりあげた時にfeline(猫の)という言葉が出てきま…

  6. T4TWO

    スラング

    2=to、U=youなどの置き換えと省略

    toを2、YouをUと書いて、"2 U(to you)"と表記するケー…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. だいたいあってる

    微妙な日本語の翻訳

    「だいたいあってる」を英語で表現する
  2. スポーツの勝ち負け

    英単語の使い方と単語比較

    スポーツの勝ち負けに関する英語表現
  3. マーティン・シャリ

    英語圏のカルチャー

    2015年、ネット上で最も嫌われた人達
  4. プラクティス

    英単語の使い方と単語比較

    練習する以外のpracticeの意味
  5. 選挙

    英語の使い方

    選挙用語の英語まとめ
PAGE TOP