complex

complexとcomplicatedの違い

complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で使われる言葉です。日本語すると同じになってしまいますが、ネイティブの感覚としては明確に違うそうです。

2つの単語を比較しながら取り上げてみます。

特にcomplex(コンプレックス)は日本語では和製英語ぎみに独自の使い方をされるため、英語学習を始めた頃にはとまどう単語でもあります。

カタカナでも「コンプレックス」は使われていますが、英語とは少し意味が違い、complexは様々な意味を持っています。

complex(複雑な)

おそらく最も見かけるのが「複雑な」の意味です。カタカナ語からは想像できない意味なので、英語の勉強を始めたばかりの人は驚かれるかもしれません。

complexは「複雑」ではあるけど、別に悪い意味で使われているとは限らない単語です。

It’s a complex story.
(複雑なストーリーだ)

ネイティブが①のように文脈のない文章を読むと、登場人物が多くてストーリーが交じり合うような重厚で複雑な物語(ロード・オブ・ザ・リングなど)をイメージするそうで、むしろ良い意味で使っていると感じるみたいです。

Tomoyasu played complex guitar solos.
(寅泰は複雑なギター・ソロを弾いた)

Shinjuku station is so complex that almost everyone gets lost in it.
(新宿駅はとても複雑で、ほとんど全員が中で迷子になる)

もちろん良い意味、悪い意味どちらも使えますが、必ずしも悪い意味ではないという点には注意が必要です。

ちなみに例文に使われている「get lost」は迷子になる、道に迷うの他に命令文で「うせろ!消えろ!」の意味もあります。

complicated(複雑な)

似た意味の単語でcomplicatedがありますが、こちらは何かが過剰であって複雑であるといったネガティブな意味を持っています。ややこしい、と考えてもいいかもしれません。

It’s a complicated story.
(複雑なストーリーだ)

明らかに理解しにくい複雑さを持った、ネガティブなニュアンスが物語に対して感じられます。

アヴリル・ラビーンの同名のヒット曲がありますが、歌詞を読むかぎりは、事態がめんどくさくなっていく感じの恋愛を歌っています。

Why’d you have to go and make things so complicated?
(なんでものごとをそんなにややこしくするの?)

complex/complicatedを使い分けできるようなら挑戦してみてください。

complex(大きな建物)

complex=large buildingの意味でもよく使われます。

複数のスクリーンを持つ映画館をシネコン、シネマコンプレックスと表現しますが、英語では略語でcineplexといわれます。

これが映画館のある大きな意味なのかどうか、定義はわかりませんが、総合ビルや複合施設(大きなビルになる)に対しても使われます。

god complex(ゴッド・コンプレックス)

心理的な意味でのコンプレックスの使われ方はありますが、やはり専門用語としての位置づけで、日常会話ではあまり使いません。

英語ではgod complex(ゴッド・コンプレックス)といった言葉が存在しており以下のような用例があります。

Koji has a god complex.
(晃司はゴッド・コンプレックスがある)

god complexは自分に全能感、神のような万能の能力があると感じて、他人を見下してしまうような心理状態を指すそうです。

mother complex(マザー・コンプレックス)

mother complexも言葉として英語に存在していますが、定義を調べると「母親を基準に考えてしまい、他の女性に対しても母親のような振る舞いを求めてしまう心理」だそうです。

カタカナのマザコンはいい大人になっても、母親の言いなりになって自分の意志を持たない、何を決めるのにも母親に意見を求めるような人を指すので、ちょっとニュアンスが異なりますね。

ガンダム好きな人ならわかると思いますがシャア・アズナブルとララァ・スンが英語のmother complexに近い関係かもしれません。

カタカナのコンプレックス

カタカナのコンプレックスは「負い目がある、苦手意識がある」といった感じですが、英語にもinferiority complex(劣等感)という言葉があります。

inferiority complex

ただし、ちょっと専門用語の感じもして、カタカナほど「私、◯◯がコンプレックスなんだよね」とはカジュアルには使われない単語ではあるそうです。

また身長にコンプレックスがある場合でも「height complex」などのように言ってしまうと、あらゆる言葉で作れてしまうので、ぱっと見たときに意味がわからないケースもあるそうです。

He has a complex about his height.

だったら上のようにaboutを使ったほうがまだわかりやすくなります。

しかし、日本語のコンプレックスに近い概念を表現するならばhave issues(いろいろと問題がある、悩んでいる)などで表現できるのではないかといった意見です。

He has issues about his height.
(彼は自分の身長にいろいろややこしい問題を抱えている

She has issues about not getting into Yale.
(彼女はイェール大学に入れなかったことに問題を抱えている)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 〇〇風、~っぽい、~のようなを英語でいうには?
  2. 花粉症・アレルギーを英語でいうには?
  3. 靴(shoes)の単数形と複数形
  4. アメリカと日本の育児方針の違い
  5. 倍(2倍、3倍~)の英語表現

関連記事

  1. back

    英単語の意味と使い方

    動詞での「back」の使い方

    backはカタカナと同じように自動車などを「~を後ろへ動かす、~をバッ…

  2. managed-to

    英単語の意味と使い方

    manage toの意味と使い方

    manage toの形は「なんとか~する、どうにか~する」という意味で…

  3. contain

    英単語の意味と使い方

    例文で見るcontainとincludeの違い

    なかなか違いがわかりにくい言葉ですが共に「~を含んでいる」といった意味…

  4. sake(セイク)

    英単語の意味と使い方

    sakeの意味と使い方

    sakeは読み方が【séik】であり、カタカナにすると発音は「セイク」…

  5. step(ステップ)

    和製英語とカタカナ英語

    step(ステップ)の意味と使い方

    カタカナでも「ステップ」として知られていて、「ステップを踏む」や「次の…

  6. オートマティック

    英単語の意味と使い方

    automaticとautomatedの違い

    automatic(オートマティック)とautomated(オートメイ…




おすすめ記事

  1. ハック
  2. ファックについて
  3. mimic
  4. 眼鏡
  5. 英語の先生
  6. yera-old
  7. 倍
  8. 飲み放題
  9. ジブリ

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. given
  2. コンポーネント
  3. ブリックアンドモルタル
  4. risk
  5. run-ran
  6. 参加する
  7. スクラップ
  8. スクラッチ
  9. choose
  10. タイアップ
  1. near-nearly-almost

    英単語の意味と使い方

    near / nearly / almostの違いと使い方
  2. アドレス

    和製英語とカタカナ英語

    address(アドレス)の動詞での使い方
  3. タッチ

    英単語の意味と使い方

    touch(タッチ)は性的な意味で受け止められる
  4. attack

    英単語の意味と使い方

    「攻撃する」のattack, assail, assaultの違い
  5. タイアップ

    英単語の意味と使い方

    タイアップ(tie up)の意味を考える
PAGE TOP