コールド

cold(冷たい・寒い)とa cold(風邪)の違い

同じ言葉でも使い方が違うとまったく意味が変わってしまうものがありますが、coldもそんな単語の1つです。

すでにカタカナで「コールド」といえば冷たい飲み物、気温などが寒いことなどに使われていますが、よく名詞で「風邪」の意味で用いられることも多いです。

あらためてcoldの使い方を整理しながら掘り下げてみました。

cold(加算名詞)

複数形になるような1つ、2つと数えた場合には病気としての「風邪」の意味になります。

I don’t like colds.
風邪は好きじゃない。

Everyone in my family has a cold.
家族は全員、風邪になっている。

He has a cold.
彼は風邪だ。

風邪にかかることについては「get」や「catch」がよく用いられます。

He got a cold.
He caught a cold.
風邪になった。

英語のcoldと日本語の風邪が同じものであるかどうかは、Lukeさんが面白い考察記事を書いています。

「風邪」と英語の「cold」の意味は本当に同じでしょうか?(英語 with Luke)

野球などで大差がついた試合などは「コールドゲーム」と呼ばれますが、おそらくそれはcalled gameなので字が違います。

cold(不加算名詞)

数えられない名詞でcoldを使った場合には「低い温度」のことで、要するに寒い場所などを指します。

I don’t like the cold.
寒い温度は好きじゃない。

Don’t go out into the cold without a jacket.
ジャケットなしで寒いところに行くな。

cold(形容詞)

「冷たい・寒い」の意味ですが日本語と同じで「(体温が)低い」と「(優しく親切ではなく)冷たい」の両方の解釈が可能です。

He is eating cold soup.
彼は冷たいスープを飲んでいる。

He is cold.
彼は体温が冷たい or 彼は冷たい人だ。

実際にどちらの意味なのかややこしいパターンも多いです。以下のケースなど明らかに意味が変わります。

This jacket is effective against the cold.
このジャケットは冷たい温度に効果的だ。

This medicine is effective against colds.
この薬は風邪に効果的だ。

cold foodはあまり使わない表現

基本的には料理を描写するときに「cold」という単語を使うことをあまりしません。通常は温かい状態が多い料理に対しては特にです。

これは古くなったり新鮮でないような印象を与えてしまうからです。

This coffee is cold, I’m going to get a new one.
このコーヒーは冷えている。新しいのをもらおう。

Eat your dinner before it gets cold.
冷める前に夕食を食べなさい。

冷たい料理はどういうか?

もしそれが意図的に冷たくされたものならば「chilled(冷却された、冷蔵の)」「iced(アイスの)」のように表現します。

Starbucks has a good iced latte.
スタバはいい冷たいラテがあるよ。

I ordered a bowl of chilled soup for lunch.
ランチに冷たいスープを注文した。

また、ビールなどのようにそもそも冷たい前提のもの対してはcoldやfrostyが使えます。

〇He gave her a cold beer to go with dinner.
〇He gave her a frosty beer to go with dinner.
彼は夕食で彼女にビールをおごった。

〇There is nothing better than a cold bowl of ice cream on a hot day.
〇There is nothing better than a frosty bowl of ice cream on a hot day.
暑い日に冷たいアイスクリーム以上のものなんてないね。

〇There is nothing better than an iced coffee on a hot day.
▲There is nothing better than a cold coffee on a hot day.
(下は古いコーヒーのような印象を与える)

〇There is nothing better than a frosty iced coffee on a hot day.
▲There is nothing better than a frosty coffee on a hot day.
(コーヒーは温かい前提なのでfrostyは変)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 倍(2倍、3倍~)の英語表現
  2. 外国人をforeignerと呼ぶのは本当に失礼なのか?
  3. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  4. years oldとyear-oldの違い
  5. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?

関連記事

  1. qualify

    英単語の意味と使い方

    qualifyとcertifyの違いと使い方について

    qualifyという単語についてスティーブとけっこう長い間、根本的にど…

  2. turn-into

    イディオム・熟語・慣用句

    「~になる」の become / turn into / getの違い

    get / become / turn intoはどれも日本語にしてし…

  3. spot(スポット)

    英単語の意味と使い方

    spot(スポット)の意味と使い方

    スポットライトやツーリストスポットのようにカタカナでも聞かれるspot…

  4. back

    英単語の意味と使い方

    動詞での「back」の使い方

    backはカタカナと同じように自動車などを「~を後ろへ動かす、~をバッ…

  5. shed

    英単語の意味と使い方

    shed light on / tearsの使い方

    shedは辞書で調べてみると動詞で「(木から葉が自然と)落ちる」や「昆…

  6. memory

    英単語の意味と使い方

    memory(メモリー)は「思い出」なのか「記憶力」か?

    memory(メモリー)は何かの出来事の「思い出・記憶」の意味と、物事…

おすすめ記事

  1. rich / wealthy
  2. 支持する
  3. 仕事
  4. present
  5. yera-old
  6. deal with
  7. accident / incident
  8. 倍
  9. ミッションインポッシブル
  10. lay-lie

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. manager
  2. spot(スポット)
  3. インストール
  4. rich / wealthy
  5. plant / factory
  6. New Year's resolution
  7. fill-in-out
  8. submit
  9. スクランブル
  10. summon
  1. 花粉症

    アメリカ

    花粉症とアレルギーに関連する英語表現
  2. オーストラリア

    オーストラリアのジョーク
  3. hangout(ハングアウト)

    微妙な日本語の翻訳

    「ぶらぶらする」を英語でどう言うか?
  4. qualify

    英単語の意味と使い方

    qualifyとcertifyの違いと使い方について
  5. エレメント

    英単語の意味と使い方

    英語のelement(エレメント)が意味するものは?
PAGE TOP