英単語の意味と使い方

  1. up-to

    up to(最大・次第)の使い方

    up toは会話表現でもよく登場する言葉で「~次第だ」と「最大で〇〇だ」といった意味で使われることが多いです。また挨拶などにも登場する表現や、何かよから…

  2. room

    room(部屋・余地)の使い方

    TOEICや受験などでもよく出題されますがroom(ルーム)には一般的な部屋と、余地・機会などの意味があります。この違いは有名すぎる感じもしますが、いち…

  3. accident / incident

    accident / incident / happening / troubleの違い

    どれも事件、事故などを表す単語ですがアクシデント、ハプニング、トラブルなどはすでにカタカナで使われていることもあり、英語との違いがけっこうあります。以下…

  4. 倍

    倍(2倍、3倍~)の英語表現

    英語で「倍」を表現する方法にはいくつかのパターンがあります。ここでは表現方法を一通りまとめてみます。「収入を倍にした」と「彼は私の2倍、速く走る」では少…

  5. fortune

    fortune(フォーチューン)の意味

    名詞のfortune(フォーチューン)は大きくわけると「運勢」といった意味と「資産」といった意味にわかれます。特に難しい言葉ではありませんが、使い方の例…

  6. fortunately

    fortunately / unfortunatelyの使い方

    fortunateが形容詞で「幸運な、運が良い」を表し、その反対の意味のunfortunateが「不運な、不幸な、運の悪い」の意味になります。それぞれ副…

  7. オクロック

    o’clock(オクロック)の省略について

    o'clock(オクロック)のようにアポストロフィで省略して「O」が用いられている場合には、おそらくそれは「of」を意味するケースが大半です。他にもいく…

  8. bound

    bound for / 〇〇-boundの使い方

    boundという言葉が少しややこしいのは、いくつかの異なる言葉がたまたま同じ形になってしまっているような点です。bindの過去形・過去分詞がboundで…

  9. adopt

    adoptとadaptの違い

    基本的に言葉そのものが違うので2つの単語は別々です。確かに1字違いで似ているのでややこしい単語だと言えます。意味も微妙に似ている感じもします。当然、発音…

  10. destined

    destined to / forの意味と使い方

    destinedは「運命にある、運命づけられた」といった意味で用いられる形容詞で、一般的にはbe destinedの形で多く見かける言葉です。発音は【d…

おすすめ記事

  1. manager
  2. rich / wealthy
  3. 支持する
  4. 仕事
  5. present

最近の記事

  1. across(アクロス)
  2. tend to
  3. enact
  4. managed-to
  5. regard
  1. あたりまえ

    微妙な日本語の翻訳

    「当たり前」をどう英語で表現するか?
  2. cast

    英単語の意味と使い方

    cast(キャスト)の様々な意味
  3. canada

    カナダ

    カナダの州ごとの人の性格の違い
  4. ifと仮定法

    英文法とライティング

    ドリフで考えるifと仮定法(もしも威勢のいい銭湯があったら)
  5. studynow

    日本(Japan)

    アプリ紹介:ざっくり英語ニュース!StudyNow
PAGE TOP