英単語の意味と使い方

  1. cool(クール)

    cool(クール・かっこいい)の意味と使い方

    coolは「冷たい、涼しい」の形容詞の意味がもともとあります。そこからスラングとして「すごい、かっこいい」といった意味でも使われるようになり、単なるスラングの域…

  2. vary

    varyの意味と使い方、changeとの違い

    varyは言葉としては「various(さまざまな)」と同じ語源です。「変わる、変化する、異なる」の意味ですが、ちょっと使い方に注意が必要で捉えにくい言葉です。…

  3. コーナー

    in / on / at the cornerの違い

    corner(コーナー・角)に対してどの前置詞(in / on / at)を使うかによって指している場所が異なってきます。これは熟語というよりも前置詞が持ってい…

  4. grind

    grind(すりつぶす)の意味と使い方

    grind(グラインド)は何かをすりつぶすような行為を表しています。コーヒー豆を挽くような動作がイメージしやすいかもしれません。ここからupやdownな…

  5. wipe

    wipe + out, down, upの意味と使い方

    カタカナでは「ワイパー(wiper)」としてよく知られており、車のウィンドウの雨滴を拭き取るもの、あるいは自宅の床や窓ガラスなどを掃除する道具のことです。…

  6. practical

    「実用的」を意味するpractical / practicallyの使い方

    practicalとは形容詞で「実際の、実務の、実用になる」の意味で、not a theory(理論・説・理屈ではない)と考えてもいいかもしれません。副…

  7. uphold

    uphold / hold upの意味と使い方

    hold upとupholdは見ての通り親戚のような言葉で、hold upの順番をひっくり返してupholdと1つの言葉になっています。どちらも持ちこた…

  8. プリンシパル

    principleとprincipalの違い

    principle(教義・原理)とprincipal(校長)は非常にスペルもよく似ている、発音も同じため間違いやすい言葉だといえます。カタカナにするとプリンシパ…

  9. profile

    profile(プロフィール)の動詞・名詞での意味について

    カタカナでは「プロフィール」になっていますが、英語での読み方は【próufail】なので「プロウファイル」が近い発音です。日本に入ってきたのはフランス語…

  10. attack

    「攻撃する」のattack, assail, assaultの違い

    「攻撃する」には「attack」「assail」「assault」などがニュースでもよく登場します。カタカナでもおなじみの「attack(アタック)」は万能で、…




おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. ゆるキャラ
  3. 飲み放題
  4. all-you-can-eat
  5. fix / repair / mend

最近の記事

  1. given
  2. コンポーネント
  3. ブリックアンドモルタル
  4. risk
  5. run-ran
  1. マーティン・シャリ

    英語圏のカルチャー

    2015年、ネット上で最も嫌われた人達
  2. 影響を与える

    日本語から英語へ

    「影響する」のeffect, affect, influence, impact…
  3. osaka-tokyo

    文化と体験

    これやから東京モンは!大阪人が嫌いな関東の特徴
  4. among

    英単語の意味と使い方

    amongとamongst、amidとamidstの違い
  5. leave behind

    英単語の意味と使い方

    leave behindの使い方
PAGE TOP